カテゴリー
【成果報酬型】Amazon運用代行8社を徹底比較 詳細を見る

Amazonスポンサーブランド広告とは?運用のメリットや設定方法を解説

Amazonスポンサーブランド広告とは?運用のメリットや設定方法を解説

Amazonスポンサーブランド広告は、自社のブランドや商品を強調表示できるAmazonの広告サービスです。検索結果ページや商品詳細ページで自社ブランド広告を表示し、ブランド認知度の向上と売上増加が狙えます。

ただし、スポンサープロダクト広告と比べて、ブランド登録やストア作成などの手順が必要なため、運用開始のハードルが高いと感じる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、Amazonスポンサーブランド広告の基本的な知識から運用メリット、具体的な設定方法まで詳しく解説します。

これからスポンサーブランド広告の利用を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Amazonの売上アップや広告運用、転売対策などに悩んでいる方には、運用代行やコンサルティングの活用がおすすめです。ノウハウやリソースが不足していても、ECのプロによる代行やコンサルで、売上拡大を目指しやすくなります。

以下の記事では、Amazonに精通した運用代行会社やコンサルティング会社を徹底比較していますので、依頼先の検討にぜひお役立てください!

【成果報酬型】Amazon運用代行のおすすめ8選!費用と失敗しない選び方
【徹底比較】Amazonコンサルティングおすすめ25選!失敗しない選び方も

Amazon認定パートナーとして、広告運用を最適化!

・Amazonに広告運用サービスを認められたAmazon Ads認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業
商品ごとに適切なキャンペーンをカスタマイズ!
自社分析システムでパフォーマンスを分析・改善

しるし株式会社は、Amazon Ads認定パートナー・Amazon DSPの公式取扱企業として、Amazonに認定された信頼ある広告運用サービスを提供。

商品ごとにキーワードや商品ページなどに合ったキャンペーンをカスタマイズし、自社分析システムでパフォーマンスを分析いたします。

数値やモール施策に合わせた広告運用の実施により、広告の見え方やキャンペーンを改善し、最大限の成果を引き出せるのが強みです。

広告運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、ぜひしるし株式会社にご相談いただき、運用をお任せください!

目次

Amazonスポンサーブランド広告とは

Amazonスポンサーブランド広告は、Amazonのスポンサー広告の一つで、検索結果ページや商品詳細ページに表示される検索連動型の広告です。

メインで利用される「商品コレクション」のフォーマットでは、「ブランドのロゴ」と「ブランド・商品のイメージ画像」、「最大3つの商品」を表示し、ユーザーの検索に対して関連性の高い商品を強調して紹介します。掲載箇所がユーザーの目に留まりやすく、ブランドや商品の認知度を向上させるのに効果的です。

ユーザーがクリックすると、商品詳細ページやブランドストアページに誘導できます。

課金形式はクリック課金で、運用費用はカテゴリや市場によって変わりますが、最低2円から設定可能です。

広告が掲載される場所

Amazonスポンサープロダクト広告は、以下のような場所に掲載されます。

  • 検索結果ページの上部・下部
  • 商品詳細ページ

▼検索結果ページ上部の例

Amazon スポンサーブランド 広告

▼商品詳細ページの例

Amazon スポンサーブランド 広告

特に検索結果画面のトップは、デスクトップ、モバイルともに目立つので、ユーザー消費者の目に留まりやすいです。

クリックされた箇所によってリンク先が異なる

スポンサーブランド広告は、広告のクリックされた箇所によってリンク先が異なります。

Amazon スポンサーブランド 広告
①見出し・ブランドのロゴ・カスタムイメージAmazonストア、または専用ランディングページ
②個別商品商品詳細ページ

スポンサープロダクト広告とは異なり、スポンサーブランド広告は商品詳細ページだけではなく、ストアページやランディングページへ直接遷移できます

ユーザーの検索意図に合わせて、ブランドコンセプトを伝えたり、ブランド内の時期限定キャンペーンやプロモーションを強調したりすることも可能です。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonスポンサーブランド広告の3種類の広告フォーマット

Amazonスポンサーブランド広告は、下記3つの表示形式を提供しており、目的に応じてフォーマットの選択が可能です。

Amazon スポンサーブランド 広告

出典元:Amazon ads

  • 商品コレクション
  • ストアスポットライト広告
  • 動画

商品コレクション

商品コレクションは、ブランドロゴやキャッチコピー、カスタム画像に加え、、最大3つの商品を選択し表示するフォーマットです。

ブランドイメージの訴求に加え、特定商品の宣伝が可能です。

ストアスポットライト広告

ストアスポットライト広告は、直接ブランドのストアページへ遷移する広告形式です。ストア内の3つのサブページをリンク先に設定でき、広告をクリックすると該当のストアページに遷移します

ストアページを作り込んでいる場合や、特定のページへ遷移させストアページ上でコミュニケーションを図りたい場合に活用可能です。

動画

動画広告は商品の特徴や使い方を動画で示すことで、視覚的な情報を提供できる広告フォーマットです。

ユーザーの理解を深め、購買意欲を刺激することが可能で、ユーザーが広告をクリックすると商品詳細ページやブランドのストアページに遷移します。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonスポンサーブランド広告を運用する3つのメリット

続いて、Amazonスポンサーブランド広告を運用するメリット3つを解説します。

  • ブランド認知度を向上できる
  • ストアページに誘導できる
  • 動画広告を掲載できる

ブランド認知度を向上できる

Amazonスポンサーブランド広告は、ユーザーの検索結果に関連する商品に対して表示されるため、ユーザーは自社のブランドや商品を見つけやすくなります。

さらに、ブランドロゴやカスタムイメージ、または動画を使用することで、ユーザーに対してブランドの存在を強く印象付けることが可能です。

例えば、特定のブランドが新製品をリリースした際、スポンサーブランド広告を活用し、新製品の存在を広く周知できます。

ストアページに誘導できる

Amazonスポンサーブランド広告は、広告のリンク先にブランドのストアページを設定することが可能です。

ストアページは商品ページと比較し、自社ブランドのイメージをより明確に訴求しやすく、また、他社商品への離脱を防ぎつつ、クロスセルやアップセルにつなげることも可能です。

誘導の例として、ブランド全体でセールやキャンペーンを実施している場合、セール訴求用の特定のストアページに誘導することで、効果的にセールやキャンペーンを周知することができます。

動画広告を掲載できる

動画広告を掲載できる点もAmazonスポンサーブランド広告の強みです。静止画に比べて情報量が多く、視覚的に商品の魅力を伝えやすい特性があります。

商品の使い方を紹介した動画で使い心地や効果をイメージしやすくしたり、視覚的にインパクトのある動画で興味喚起を促すことも可能です。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonスポンサーブランド広告に必要な準備

Amazonスポンサーブランド広告を利用するためには、下記の準備を済ませておく必要があります。

  • 大口出品プランであること
  • Amazonブランド登録
  • ストアページの作成(必須ではなく推奨)

大口出品プランであること

Amazonのセラーアカウントには「小口出品」と「大口出品」が存在し、Amazonで広告を利用するには「大口出品」の利用が必要です。

大口出品は、商品の出品や販売の有無に関わらず月額料金4,900円(税別)が発生し、小口出品は、商品が購入されるごとに一律で100円(税抜)の基本成約料が発生します。

スポンサーブランド広告を利用する場合は「大口出品」で登録しましょう。

「大口出品」「小口出品」の違いや出品用アカウントの登録方法については、こちらの記事で詳しくまとめています。併せて参考にしてください。

Amazonブランド登録

Amazonスポンサーブランド広告を利用するには、Amazonブランド登録が必要となります。

Amazonブランド登録とは、Amazon上で独自ブランドの商品を販売する際に、事前にブランド情報などを登録できるサービスです。

ブランド登録によって自社ブランドの商品を一元管理でき、偽造品からブランドを守れます。

Amazonブランド登録は、下記のページで詳細を確認し、申請が可能です。

Amazon スポンサーブランド 広告 ブランド登録

Amazonブランド登録を申請するには「商標登録」が必要ですので、事前に準備を進めておきましょう。

商標登録が必要

Amazonブランド登録を行うためには、先に「商標登録」が必要となります。

商標登録は特許庁への申請が必須で、申請から正式な登録までには通常、半年から1年程度の時間が必要です。

Amazonブランド登録を計画している場合は、早めに商標登録の手続きを始めましょう。

ストアページの作成

ブランドストアページの作成は必須ではなく、自動生成されるランディングページも利用可能です。しかし、ブランドストアページを利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • ブランドイメージやコンセプトを伝え、ブランドや商品への理解を深めることができる
  • クリエイティブ利用した、クロスセルやアップセルを促すことができる
  • セール特設ページなどを設定、誘導できる
  • 商品の追加や削除ができる

カスタマイズ性が高く、自由度の高い誘導や訴求が可能ですので、ストアページの作成をおすすめします。

ストアページの作成方法については、こちらの記事で詳しくまとめています。あわせて参考にしてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonスポンサーブランド広告運用のやり方

広告の準備が整いましたら、Amazonスポンサーブランド広告の設定を行っていきましょう。

Amazonセラーセントラルの「広告」を選択し、広告キャンペーンマネージャーへアクセス。「広告キャンペーンを作成」をクリックし、「スポンサーブランド広告」を選択し、設定を進めます。

設定の手順は、以下の通りです。

  • キャンペーンの基本項目を入力・選択する
  • 広告グループを設定する
  • ターゲティングを設定する
  • 広告(クリエイティブ)を設定する

具体的な設定方法については、こちらの記事で詳しくまとめています。あわせて参考にしてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonスポンサーブランド広告運用の注意点

最後に、スポンサーブランド広告を運用する際に把握しておくべき注意点を解説します。

  • 他のスポンサー広告と比較し、配信面が少ないことから入札額が高くなる傾向にある
  • リンク先変更やランディングページの商品の変更を行う場合、キャンペーンの作成が必要になる

他のスポンサー広告と比較し、配信面が少ないことから入札額が高くなる傾向にある

スポンサーブランド広告は、スポンサープロダクト・ディスプレイ広告に比べて配信面が限られています。その上、広告が目立つ位置に表示されることから、競争が激しくなり、入札額が高くなる傾向にあります。

そのため、広告運用時には予算管理が重要になります。広告の配信タイミングや他の広告との組み合わせを考慮し、コスト効率の良い運用を心掛けましょう

リンク先変更やランディングページの商品の変更を行う場合、キャンペーンの作成が必要になる

スポンサーブランド広告では、リンク先の変更、または自動生成されたランディングページ内の商品を追加・削除する場合、新たにキャンペーンを作成する必要があります。

既存のキャンペーンから編集できないため、必要に応じて新たなキャンペーンを作成しましょう

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonの広告運用に強い運用代行会社・コンサルティングはこちら!

Amazonの広告運用は売上アップに効果的ですが、ここまで解説してきたように、準備やキャンペーンの作成などに知識やスキルを求められる部分があります。

広告運用に関するノウハウが不足している場合は、運用代行・コンサルティングを活用するのがおすすめです。Amazon運用のプロによる広告運用で成果を期待でき、自社のリソースも節約できます。

以下の記事では、広告運用に強い運用代行・コンサルティングを紹介しているので、ぜひ運用代行の検討に役立ててみててください

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonの運用代行なら『しるし株式会社』へ!

Amazon 運用代行 コンサルティング
しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ月額売上に応じた完全成果報酬
※ほかの料金体系も相談可能
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Qoo10
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①インターネット広告・ブランド価値経営の専門家などのスペシャリストがバックアップ/
インターネット広告・ブランド価値経営の専門家をはじめとしたスペシャリストがバックアップ
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②元Amazon社員や薬機法管理者などが在籍し、少数精鋭チームで売上・粗利アップをサポート/
・広告運用やクリエイティブ作成、転売対策など、各領域のプロフェッショナルがチーム体制で支援
・美容商材のリーダーブランドをはじめとした、幅広いジャンル・カテゴリーの実績・ノウハウが豊富

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

しるし株式会社は、ブランド戦略に基づいたEC運用・データ分析を強みとする運用代行会社です。

コンテンツをAmazonに最適化し、「ユーザーに十分な情報を提供すること」「売れる商品ページを作成すること」に重点を置くことで、顧客にブランドの付加価値を適切に届ける施策を得意としています。

Amazon運用における各業務を専任のスペシャリストが担当。特許取得の独自開発ツールを活用した運用効率や質の高いサービスを提供することで、ワンストップ型運用支援による飛躍的な売上・粗利UPを実現。加えて転売対策によるブランド体験の改善も強みです。

実績も、運用するアカウントの平均売上は業界トップクラスで、クライアントの要望に沿ったサポートによって売上成長を実現しています。

プラットフォームのパフォーマンスを最大限に引き出すことで、顧客、ブランドとの持続的で良好な関係性を築くことが可能です。

しるしの強み① 広告運用やブランド価値に精通するスペシャリストが強力バックアップ

インターネット広告のプロやブランド価値の専門家をはじめとした、各分野のスペシャリストが顧問・アドバイザーとして、しるしの成長を強力にバックアップ!

スペシャリストがもつインターネット広告、ブランド構築などのノウハウをしるしに還元し、お客さまのブランドのポテンシャルを高めたり、集客や広告などの課題を解決したりすることで、売上アップを実現します。

また、しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

しるしを支えるスペシャリストとAmazonとのパートナーシップをお客さまの課題解決に最大限に活用し、専門性の高いサポートで商品・ブランドがもつポテンシャルを引き出し、ショップの成長を実現いたします。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

EC・ネットショップの運営代行やコンサルティングでは、ひとりの担当者が運用する体制が多いですが、しるしでは、元Amazon社員や大手広告代理店、メーカー出身者などが在籍し、各領域のプロで結成されたグロースチームによるチーム体制で支援させていただきます。

Amazon 運用代行 コンサルティング チーム

広告運用、クリエイティブ作成、SEO対策、ページ改善、レビュー管理、転売対策など、Amazon運用に精通したプロが在籍し、お客さまの課題にあわせて精度の高い施策をチームで実施できるのが強みです。

チームサポートのもうひとつの特徴は、少数精鋭であること。各分野のプロフェッショナルがスキルを最大限に発揮し集中的にサポートするため、最短で売上・粗利アップを実現いたします。

Amazon 運用代行 コンサルティング

これまでご支援させていただいた中で、ご支援開始から1年で売上2~50倍以上を実現しています。

美容商材をはじめとした幅広いジャンル・カテゴリーの実績がありますので、事例に興味がある際は気軽にお問い合わせください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon 運用代行 コンサルティング 転売検知システム
Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

Amazon 運用代行 コンサルティング 正規価格

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

Amazon 運用代行 コンサルティング レポート

しるし株式会社では、Amazon運用を丸投げいただける「フル運用代行」以外にも、広告運用や転売対策など抱えている課題に特化したプランもご提案可能です。

無料で改善余地や売上のポテンシャルを診断する「無料診断」も実施しているため、集客や転売対策など、AmazonをはじめとしたEC運用でお悩みの方は、まずは気軽にご相談ください。

広告運用の基礎知識から戦略までまるわかり!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント

Amazonでは、Amazon内・Amazon外に配信できる広告サービスを提供しており、自社商品の露出を高めるためには活用が欠かせません。

ただ、広告メニューは複数あり、ターゲティング設定や予算設定などに知識が求められるため、うまく活用できていない方も多いのではないでしょうか。

広告運用に悩んでいる出品者の方、『Amazon広告完全ガイド』を読めば大丈夫!

しるし株式会社では、Amazon広告メニュー別の運用ポイントや広告費の使い方、戦略などが詰まった『Amazon広告完全ガイドをプレゼントしております。

この資料を読むだけで、Amazon広告運用の基礎から戦略立案まで、すべて網羅できる内容となっております。

『Amazon広告完全ガイド』に興味がある方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

まとめ:Amazonスポンサーブランド広告でブランドや商品の認知度を高めよう

Amazonスポンサーブランド広告は、ユーザーの検索結果に関連性の高いブランド、商品を強調して紹介する広告です。ロゴやキャッチコピー、ブランドイメージを訴求するカスタム画像などのクリエイティブを表示することで、ブランドや商品の認知度の向上につながります。

広告はクリック課金制を採用しており、ユーザーが広告をクリックすると商品詳細ページやブランドストアページに直接誘導が可能です。

Amazonスポンサーブランド広告には、以下3つのメリットがあります。

  • ブランド認知度を向上できる
  • ストアページに誘導できる
  • 動画広告を掲載できる

広告を利用するには、下記の準備を済ませておきましょう。

  • 大口出品プランであること
  • ブランド登録
  • ストアページの作成(必須ではなく推奨)

とくに、Amazonブランド登録には商標登録を済ませておく必要があるため、広告運用の計画がある場合は、早めに準備を進めていきましょう。

Amazonスポンサーブランド広告は適切に運用することで、ブランドの認知度向上や売上増加を実現することが可能です。

ぜひこの記事を参考に、Amazonスポンサーブランド広告の運用を始めてみてください。

Amazon認定パートナーとして、広告運用を最適化!

・Amazonに広告運用サービスを認められたAmazon Ads認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業
商品ごとに適切なキャンペーンをカスタマイズ!
自社分析システムでパフォーマンスを分析・改善

しるし株式会社は、Amazon Ads認定パートナー・Amazon DSPの公式取扱企業として、Amazonに認定された信頼ある広告運用サービスを提供。

商品ごとにキーワードや商品ページなどに合ったキャンペーンをカスタマイズし、自社分析システムでパフォーマンスを分析いたします。

数値やモール施策に合わせた広告運用の実施により、広告の見え方やキャンペーンを改善し、最大限の成果を引き出せるのが強みです。

広告運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、ぜひしるし株式会社にご相談いただき、運用をお任せください!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

下田 陽志郎のアバター 下田 陽志郎 しるし代表取締役

在学時代、地域の学習格差を解決するためにワンコイン英会話教室と塾を創業し事業譲渡。その後、通販のメッカである福岡にてECモール事業の立ち上げを経験。大学卒業後、独立しECモール事業歴6年。Amazonにおける各メーカーの競争激化から、消費者が手に取りたいブランドが埋もれてしまっている現状を解 決すべく、起業。

目次