カテゴリー
【成果報酬型】Amazon運用代行10社を徹底比較 詳細を見る

Amazonでブランド毀損が生じる原因を解説|販売者ができる対策とは

Amazonでブランド毀損が生じる原因を解説|販売者ができる対策とは

Amazonで商品を販売する際に注意したいのが、「ブランド毀損」による被害です。ブランドの評判が損なわれると、売上や顧客獲得に大きな影響を与えてしまいます。

特に、Amazonでのブランド毀損は自社出品ではなく、自社商品を他の販売者が出品している場合に起こります。

ブランド毀損のリスクを最小限に抑えるためにも、原因と対策を理解し、先手を打っていきましょう。

この記事では、Amazonでブランド毀損が生じる原因について解説し、販売者側が講じられる具体的な対策もご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

Amazonの売上アップや広告運用、転売対策などに悩んでいる方には、運用代行やコンサルティングの活用がおすすめです。ノウハウやリソースが不足していても、ECのプロによる代行やコンサルで、売上拡大を目指しやすくなります。

以下の記事では、Amazonに精通した運用代行会社やコンサルティング会社を徹底比較していますので、依頼先の検討にぜひお役立てください!

【成果報酬型】Amazon運用代行のおすすめ8選!費用と失敗しない選び方
【徹底比較】Amazonコンサルティングおすすめ25選!失敗しない選び方も

特許取得「転売検知システム」で転売対策!

▼特徴

  • 自社開発の「転売検知システム」は特許取得
  • 毎日30分ごとにすべてのASIN(商品)の転売を検知
  • 即時対応できるように、シフト体制で24時間モニタリング

しるし株式会社では、「転売検知システム」を独自開発し、特許を取得!

クライアント様の全商品(ASIN)の転売を30分ごとに自動でパトロールし、転売を逃さず検知します。

検知するだけではなく、即時対応できるように24時間体制のシフトを整え、即時対応しているのが強みです。

独自の転売対策によりブランドのポテンシャルを最大限に引き出しますので、転売による値崩れや低評価などの課題が生じている出品者の方は、ぜひ以下のフォームから気軽にご相談ください!

目次

Amazonで生じるブランド毀損とは

Amazonで生じるブランド毀損とは、出品商品のブランドの評判やイメージが悪化し、ユーザーからの信頼が失われる現象のことです。

特に、Amazonでは公式以外の出品者が販売している場合でも「公式が販売している」ように認識される

ことがあります。

この時に問題となるのは、「公式以外の出品者が管理不十分な商品を届けてしまった場合」です。Amazonで購入したユーザーがメーカーに対して不快な気持ちを抱くことで、ブランド毀損に繋がることがあります。

したがって、Amazonで商品を販売する際には、販売者側が正確な商品情報の提供や品質管理を徹底するだけでなく、不適切な販売者からの出品を防ぐための対策も必要となります。

ブランド毀損の影響

ブランド毀損が発生すると、次のような悪影響が生じることがあります。

  • 悪い評判が広まることで、新規顧客の獲得が難しくなる
  • 既存顧客の信頼を失い、リピート購入が減少する
  • ブランドの評価が低下し、顧客からのクレームや返品が増える
  • 運営コストが増大し、利益率が低下する
  • ブランド、または企業の成長が阻害される
  • 競合他社に対する優位性が失われる
  • 企業の評判や信用が損なわれる
  • ブランドの市場シェア低下
  • 取引先やパートナー企業との関係が悪化するリスク

小さな問題に見えても、放置しておくといつの間にか評判の悪化や顧客離れが生じ、大きな損失に繋がるケースがあるのが、ブランド毀損の怖いところです。

上記のような悪影響を回避するためにも、ブランド毀損の兆候に気づいたら早急に対策を講じることが重要です。

ブランド毀損の多くは転売によって起こる

ブランド毀損は、転売によって引き起こされることが多いです。

転売業者の多くは正規の取引ルートを経由せずに商品を入手し、AmazonなどのECサイトで販売します。そのため、品質管理が十分に行われていない商品が市場に出回り、消費者に悪い印象を与えることがあるのです。

また、価格競争を勝ち抜くために、転売業者が商品の値下げをする場合があります。これが市場全体の価格競争の激化を招き、他の業者も値下げを追求するスパイラルが生じてしまいます。

さらに、価格競争が進むと、結果として「品質の劣る偽造品や不良品を取り扱う業者」が現れるケースもあります。

このような状況は、ブランドの評価を損なわせ、最終的にブランド毀損に繋がる恐れがあるのです。

Amazonでの転売対策の方法と、そのリスクについてはこちらの記事にまとめています。

Amazonのブランド毀損の事例

実際に、Amazonでは以下のようなブランド毀損の事例が起きています。

これらの事例に共通しているのは、「公式以外の出品者によって不良品と呼ばれるような状態で商品が届けられてしまった」ということです。

前述したように、Amazonにおいては公式以外の出品者が販売している場合でも、公式が販売していると認識してしまう場合があります。

その状態で管理不十分な商品が届いてしまうと、出品者ではなくブランドに不信感を抱き、ブランド毀損に繋がってしまうのです。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

ブランド毀損が生じる3つの要因

Amazonで生じるブランド毀損は、以下の3つの項目にて生じるケースが多いです。

  • レビュー
  • カート
  • クリエイティブ

レビュー

レビューの中でも、ブランド毀損の要因となるのは「低評価のレビュー」です。

「故意に低評価を付けるレビュー」「事実と異なる内容のレビュー」「競合他社からの悪意あるレビュー」などが投稿されることで、ユーザーの信頼が失われる場合があります。

自然な形で購入者からの不満がある場合は商品の改善や訴求の見直しを行えますが、不適切なレビューに対しては、Amazonに報告し対処を求めることも可能です。

カート

Amazonでは複数の出品者が同じ商品ページで販売できるため、非公認の出品者も存在します。

非公式の出品者が商品を適切に管理していない、または偽造品を出品した場合、ユーザーが問題のある商品を購入してしまい、商品のブランドに対する評価は下がります。

さらに、非公認の出品者が不適切な価格で提供している場合は価格競争が激化し、メーカー公認の出品者も価格を下げざるを得なくなる場合もあります。

こういった事態がブランドの価値を低下させ、ブランド毀損に繋がるのです。

クリエイティブ

商品ページの画像や説明文といったクリエイティブな要素も、ブランド毀損の要因となることがあります。

例えば、粗画質な写真が使われていると商品イメージが伝わりにくくなり、購入意欲を低下させます。また、誤った情報が掲載されていると、ユーザーからの信頼を失ってしまうこともあるでしょう。

こういった事態を避けるためにも、商品ページのクリエイティブには十分な注意を払い、高品質な画像や適切な説明文を提供することが必要です。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonでブランドの評判を守るための対策

Amazonでブランド毀損を生じさせず、ブランドの評判を守るためには、以下の3つの対策が重要です。

  • 転売対策を行う
  • メーカーが直接出品し、商品ページや商品配送の管理に取り組む
  • 在庫切れが起きないよう注意する
  • 販路管理をする

転売対策を行う

転売対策は、ブランド毀損を防止するための有効的な対策の1つです。Amazonでできる転売対策としては、以下の3つが挙げられます。

  • Amazonブランド申請をする
  • 転売者に直接連絡をする
  • Amazonに規約違反として申告する

Amazonで可能な転売対策のやり方については、こちらの記事で詳しくまとめています。併せて参考にしてください。

メーカーが直接出品し、商品ページや商品配送の管理に取り組む

メーカー自身が直接出品し、商品ページや商品配送の管理に取り組むことは、ブランドの信頼性を高めることに繋がります。

メーカーが直接出品することで得られるメリットは、以下の通りです。

  • 適切に管理された商品が消費者に届く
  • 商品ページのクリエイティブや説明文をブランドイメージに合わせた表現にできる
  • ユーザーからの問い合わせに迅速かつ直接対応できる

メーカー自身によるAmazon出品は、ブランド毀損を防止するだけでなくユーザーの信頼を得ることにも繋がりますので、積極的に取り組みたい項目です。

在庫切れが起きないよう注意

Amazonで商品を販売する際は、できるだけ在庫切れが起きないよう注意しましょう。

Amazonはユーザーの利便性を重視しているため、「在庫保有率」を重視します。在庫切れが発生すると商品が検索結果に表示されず、売上の低下やAmazonのアルゴリズムによる評価が得られないといった悪影響を招くため、注意が必要です。

さらに、残り数個という状態で注文が重なると、全員分の注文を捌けないことから発送できず、ユーザーが注文をキャンセルするといった事態も起こりえます。場合によってはAmazonからペナルティを受けるリスクもあるため、在庫保有率には余裕を持ち、在庫切れを起こさないように販売を継続することが重要です。

販路管理をする

卸先との契約によっては、Amazonでの出品を許可しているケースもあります。

その場合、卸先にも商品管理方法や使用画像の指示を徹底して行うことで、ブランド既存を防ぐことができますが、二次卸がおこなわれていると、品質管理がより一層難しくなってきます。

そのため、販路の管理体制を整え、Amazonでのブランド既存リスクを防げるようにしていきましょう

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonのブランド毀損・転売対策に強い運用代行会社・コンサルティングはこちら!

Amazonのブランド毀損・転売対策を実施するために、運用代行やコンサルティングの依頼を考えているものの、どこに依頼すればよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。

  • 「転売対策の代行が気になるけど、どの会社を選ぶべきかわからない」
  • 「転売対策の代行を依頼するなら、確かな運用代行会社に依頼して成果を出したい」

上記のように、運用代行の検討段階で悩んでいる方は、以下の記事がおすすめです。ブランド毀損・転売対策をはじめとした運用代行サービス・コンサルティングを提供している会社やその選び方を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

転売および模倣品対策には「しるし」の転売検知システムがおすすめ

運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ月額売上に応じた完全成果報酬
※ほかの料金体系も相談可能
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Qoo10
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①インターネット広告・ブランド価値経営の専門家などのスペシャリストがバックアップ
インターネット広告・ブランド価値経営の専門家をはじめとしたスペシャリストがバックアップ
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②元Amazon社員や薬機法管理者などが在籍し、少数精鋭チームで売上・粗利アップをサポート
・広告運用やクリエイティブ作成、転売対策など、各領域のプロフェッショナルがチーム体制で支援
・美容商材のリーダーブランドをはじめとした、幅広いジャンル・カテゴリーの実績・ノウハウが豊富

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

転売や模倣品対策として、ぜひ「しるし株式会社」が開発した転売検知システムをご検討ください。

しるし株式会社は、ブランドのオンライン販売を最適化し、店舗販売の強みを生かして顧客体験の向上と利益の改善をサポートする「グロースパートナー」です。

急成長するECモール市場において「大型ECモールでの転売検知システム」の特許を取得しており、この独自システムを利用することで、ブランドオーナーは品質管理を徹底し、商品ページを健全な状態に保つことができます。

具体的には、自社開発ツールで24時間リアルタイムに転売業者の出品状況を確認・分析し、早期対策が可能です。

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できます

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや悪質な低評価などを防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。

実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

このように、転売検知システムを活用することで、ブランド価値を保ちながらEC市場への参入が可能となります。

しるしの強み① 広告運用やブランド価値に精通するスペシャリストが強力バックアップ

インターネット広告のプロやブランド価値の専門家をはじめとした、各分野のスペシャリストが顧問・アドバイザーとして、しるしの成長を強力にバックアップ!

スペシャリストがもつインターネット広告、ブランド構築などのノウハウをしるしに還元し、お客さまのブランドのポテンシャルを高めたり、集客や広告などの課題を解決したりすることで、売上アップを実現します。

また、しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

しるしを支えるスペシャリストとAmazonとのパートナーシップをお客さまの課題解決に最大限に活用し、専門性の高いサポートで商品・ブランドがもつポテンシャルを引き出し、ショップの成長を実現いたします。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

EC・ネットショップの運営代行やコンサルティングでは、ひとりの担当者が運用する体制が多いですが、しるしでは、元Amazon社員や大手広告代理店、メーカー出身者などが在籍し、各領域のプロで結成されたグロースチームによるチーム体制で支援させていただきます。

Amazon 運用代行 コンサルティング チーム

広告運用、クリエイティブ作成、SEO対策、ページ改善、レビュー管理、転売対策など、Amazon運用に精通したプロが在籍し、お客さまの課題にあわせて精度の高い施策をチームで実施できるのが強みです。

チームサポートのもうひとつの特徴は、少数精鋭であること。各分野のプロフェッショナルがスキルを最大限に発揮し集中的にサポートするため、最短で売上・粗利アップを実現いたします。

Amazon 運用代行 コンサルティング

これまでご支援させていただいた中で、ご支援開始から1年で売上2~50倍以上を実現しています。

美容商材をはじめとした幅広いジャンル・カテゴリーの実績がありますので、事例に興味がある際は気軽にお問い合わせください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon 運用代行 コンサルティング 転売検知システム
Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

Amazon 運用代行 コンサルティング 正規価格

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

Amazon 運用代行 コンサルティング レポート

しるし株式会社では、Amazon運用を丸投げいただける「フル運用代行」以外にも、広告運用や転売対策など抱えている課題に特化したプランもご提案可能です。

無料で改善余地や売上のポテンシャルを診断する「無料診断」も実施しているため、集客や転売対策など、AmazonをはじめとしたEC運用でお悩みの方は、まずは気軽にご相談ください。

広告運用の基礎知識から戦略までまるわかり!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント

Amazonでは、Amazon内・Amazon外に配信できる広告サービスを提供しており、自社商品の露出を高めるためには活用が欠かせません。

ただ、広告メニューは複数あり、ターゲティング設定や予算設定などに知識が求められるため、うまく活用できていない方も多いのではないでしょうか。

広告運用に悩んでいる出品者の方、『Amazon広告完全ガイド』を読めば大丈夫!

しるし株式会社では、Amazon広告メニュー別の運用ポイントや広告費の使い方、戦略などが詰まった『Amazon広告完全ガイドをプレゼントしております。

この資料を読むだけで、Amazon広告運用の基礎から戦略立案まで、すべて網羅できる内容となっております。

『Amazon広告完全ガイド』に興味がある方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonにおけるブランド毀損対策についての注意点

最後に、Amazonでブランド毀損対策をする際の注意点を解説します。

  • 転売業者への対策をする
  • ユーザーからの問い合わせには迅速に対応する
  • 信頼性の高い出品者を選定する
  • レビュー管理への注意と対応を怠らない

転売業者への対策をする

すべての転売業者がそうだというわけではありませんが、中には商品を不適切な価格で販売する業者や、偽物や不良品を出品する業者が存在するのも事実です。

これらの行為は全てブランド毀損に繋がる可能性があるため対策が必要ですが、その際は以下のような点に注意してください。

  • 転売業者と卸先の区別に注意する
  • 転売業者は深夜や週末に出品することがある
  • 別のページで販売している可能性も

転売業者と卸先の区別に注意する

公式以外の全ての他の出品者が転売業者とは限らず、卸先がAmazonで出品することもあります。誤って卸先を知的財産権の報告で対処すると契約に問題が生じることがあるため、注意が必要です。

転売業者は深夜や週末に出品することがある

転売業者が商品ページに出品していないと思っていても、深夜や週末に現れてカートを取得する場合もあります。そのような状況を素早く察知し、対策を講じることが重要です。

別のページで販売している可能性も

転売業者は元の商品ページではなく、新たに作成した別のページで販売を行うことがあります。新規作成された商品ページは見つけるのが困難ですが、早期に対処しなければブランド毀損に繋がる重要なポイントです。

ユーザーからの問い合わせには迅速に対応する

ユーザーの問い合わせには、迅速に対応するようにしましょう。

迅速に対応することで顧客満足度が向上し、良いレビューや口コミが増える可能性があります。ブランドの信頼性や評価が高まることは、ブランド毀損を防止することにも繋がるでしょう。

信頼性の高い出品者を選定する

自社商品の販売を他社に任せる際は、信頼性の高い出品業者を選びましょう。

具体的には、その業者の出品歴や商品の品質管理、価格設定、過去の取引評価などのポイントを総合的に判断し、より信頼性の高い出品業者を選ぶのがポイントです。

結果的に顧客満足度の向上につながり、ブランドイメージも守られます。

レビュー管理への注意と対応を怠らない

レビューは、ユーザーが商品の価値を判断する際の重要な指標です。そのため、良いレビューが多いほどブランドの信頼性や評価が向上し、購買意欲の増加や新規顧客の獲得に繋がります。

一方で、悪いレビューや不適切なコメントが放置されると、ブランドイメージが損なわれ、購入者を遠ざける原因となります。

定期的にレビューをチェックし、必要に応じて適切な対応を行いましょう。

また、レビューはユーザーからのフィードバックとしての役割も果たします。受けたフィードバックを真摯に受け止め、商品やサービスの改善に努めることも、重要なポイントです。

適切なレビュー管理は将来的に良いレビューが増えることにも繋がるため、積極的に取り組んでいきましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

まとめ

Amazonで生じるブランド毀損とは、出品商品のブランドの評判やイメージが悪化し、ユーザーからの信頼が失われる現象のことです。

Amazonにおいては公式以外の出品者が販売している場合でも、ユーザー側は公式が販売していると認識してしまう場合があります。この認識の違いにより、様々な悪影響をもたらし、ブランド毀損に繋がる恐れがあるのです。

Amazonでブランドの評判を守るための対策としては、以下の3つが有効です。

  • 転売対策
  • メーカーが直接出品し、商品ページや商品配送の管理に取り組む
  • 配送方法の整備

ブランド毀損を防ぐためには、早期に発見し、対処することが重要です。ぜひ、適切な対策を行い、ブランドイメージの保護に努めてください。

しるし株式会社は、転売検知システムをはじめ、Amazon運用に関する様々なサポートを行っています。ブランド毀損にお困りの方、ECサイトにおけるブランド向上を戦略的に行いたい方は、ぜひご相談ください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

下田 陽志郎のアバター 下田 陽志郎 しるし代表取締役

在学時代、地域の学習格差を解決するためにワンコイン英会話教室と塾を創業し事業譲渡。その後、通販のメッカである福岡にてECモール事業の立ち上げを経験。大学卒業後、独立しECモール事業歴6年。Amazonにおける各メーカーの競争激化から、消費者が手に取りたいブランドが埋もれてしまっている現状を解 決すべく、起業。

目次