カテゴリー
【8/6(火)】2024年版 「モールEC」売上アップ徹底攻略セミナー開催! 詳細を見る

Amazonでの消費財の売り方を解説|出品から販売のメリット、注意点も

Amazonでの消費財の売り方を解説|出品から販売のメリット、注意点も

オンラインショッピングが盛んな現代では、多くの方がAmazonで食品や飲料、お酒、ペット用品など毎日の生活に欠かせない消費財を購入しています。

Amazonであれば最短翌日には届けてくれるため、その便利さからも需要が高いです。

それだけ利用者が多い消費財ですので、消費財をAmazonで出品すれば、売上向上や顧客獲得、そしてビジネス拡大につながる可能性があります。

この記事では、Amazonでの消費財の売り方を解説し、販売から出品までの手順やメリット・デメリットについても言及します。

これからAmazonで消費財の販売を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Amazonの売上アップや広告運用、転売対策などに悩んでいる方には、運用代行やコンサルティングの活用がおすすめです。ノウハウやリソースが不足していても、ECのプロによる代行やコンサルで、売上拡大を目指しやすくなります。

以下の記事では、Amazonに精通した運用代行会社やコンサルティング会社を徹底比較していますので、依頼先の検討にぜひお役立てください!

【成果報酬型】Amazon運用代行のおすすめ8選!費用と失敗しない選び方
【徹底比較】Amazonコンサルティングおすすめ25選!失敗しない選び方も

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

目次

Amazonで消費財を販売するために必要なもの

Amazonで消費財を販売するためには、「出品アカウント」が必要です。まだ出品アカウントを作成していない方は、先にアカウントを準備しておきましょう。

Amazonには以下2種類の出品アカウントがありますので、ビジネスの規模や目的によっていずれかを選択してください。

小口出品1商品あたり100円+販売手数料
大口出品月額4,900円(税別)+販売手数料

大口と小口では、毎月の費用に加えて出品可能な商品数などが異なります。出品する商品と予定している販売量に応じて、適切な出品プランを選択することが重要です。

出品アカウントを作成する際は、以下の準備をしておきましょう。

  • 身分証明書(顔写真付き)
  • 180日以内に発行された銀行取引先明細書
  • クレジットカード
  • 銀行口座
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 登記簿標本(法人のみ)
  • 特定商取引法に基づく住所・電話番号(大口のみ)

「小口出品」「大口出品」の特徴、出品アカウントの作成に必要なものの詳細については、こちらの記事で詳しくまとめています。併せて参考にしてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonでの消費財の売り方|出品から発送まで

ここからは、Amazonでの消費財の売り方を解説します。出品から発送までの手順は、以下の通りです。

  1. Amazon出品用のアカウントを作成する
  2. 出品者プロフィールを設定する
  3. 出品する消費財を登録する
  4. 注文の入った商品を発送する

1.Amazon出品用のアカウントを作成する

まずは、Amazon「出品用アカウント」を作成します。通常のAmazonアカウントとは異なりますので、下記の出品アカウント専用ページから進めてください。

アカウント作成の段階では、以下の5点が必要となります。

  • 身分証明書(顔写真付き)
  • 180日以内に発行された銀行取引先明細書
  • 銀行口座
  • 電話番号
  • メールアドレス

手続きが完了したら、3営業日ほどで審査が完了します。厳しい審査ではないため、気楽な気持ちで結果を待ちましょう。

2.出品者プロフィールを設定する

Amazon出品用アカウントが作成できましたら、次に出品者プロフィールを設定します。

以下の設定を行っていきましょう。

  • 特定商取引法に基づく表示の設定
  • 支払情報の設定
  • 配送・返品に関する設定
  • 許認可情報の設定

出品者プロフィールの設定に関しては、Amazonプログラムポリシーも参考にしてください。

特定商取引法に基づく表示の設定

通常のインターネット販売と同様に、Amazonに出品する場合も特定商取引法に基づく表示を公開する必要があります。

特定商取引法とは、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律のことです。

以下の項目を出品者の情報ページに表示する必要がありますので、手順に従って入力してください。

販売業者名法人は会社名、個人は氏名、または屋号
住所現に事業活動をしている住所(私書箱等は不可)
運営責任者出品に関する業務責任者の戸籍上の氏名(法人の場合、法人を代表する権限を有する者でなくても可)
店舗名Amazonで公開する店舗名(Amazon店などは不可)
電話番号問い合わせの際に対応する電話番号

支払情報の設定

Amazonからの売上が振り込まれる口座情報と、クレジットカード情報などを入力します。

銀行口座売上が振り込まれる銀行口座
クレジットカード情報月額費用、広告費などを支払うために必要
支払い方法の設定コンビニ払いや代金引換も追加可能

「支払い方法の設定」では、自己発送する場合に消費者側が支払い方法を選択できるようにするかを設定します。

ただし、小口出品の場合は「支払い方法の設定」の設定ができません。大口出品においても、新規出品時は代金引換の選択はできなくなっています。

配送・返品に関する設定

配送・返品に関する設定も行っておきましょう。

返送先住所返品リクエストがあった場合の返送先住所。連携している倉庫やオフィスの住所で問題ありません。
配送設定自己発送の場合は、配送料を地域別で設定可能(FBA利用の場合は不要)
お届け日時の設定商品別でお届け日時の設定が可能

FBAとは、「フルフィルメント By Amazon」の略です。商品をAmazonの倉庫に保管し、梱包から発送、返品などの業務を代行するサービスのことを意味します。

許認可情報の設定

酒や中古品などは法令上表示が義務付けられているため、以下の項目を入力しておく必要があります。

  • 古物商許可証番号営業許可
  • 医薬品販売業許可証番号
  • 通信販売酒類小売業許可証番号
  • 酒類小売業許可証番号
  • 高度管理医療機器販売業許可証番号

3.出品する消費財を登録する

続いて、Amazonに出品する消費財を登録していきます。Amazonに出品して販売する場合、その商品が「すでに出品されているか」「出品されていないか」によって、登録方法が異なります。

既存の商品の場合

すでにAmazon内で販売されている商品を出品する場合、既存の商品ページに「相乗り」する形となります。

相乗りの場合は、新しい商品ページを作成する必要がないため、簡単に出品が可能です。

登録は以下の手順で行います。

  1. Amazonに出品したい商品を検索する(商品名・JANコード・型番などを入力)
  2. 「マーケットプレイスに出品する」をクリックする
  3. 出品情報を入力する

オリジナル商品の場合

Amazonで販売されていないオリジナル商品を販売する場合、以下の手順で商品カタログを新規作成し、出品を行います。

  1. セラーセントラルを開き、左上の「≡」をクリックする
  2. 「カタログ」から「商品登録」をクリックする
  3. 「Amazonで販売されていない商品を追加します」をクリックする
  4. 商品情報を入力し、出品を完了させる

Amazonにおける商品の登録方法については、こちらの記事でも詳しくまとめています。併せて参考にしてください。

4.注文の入った商品を発送する

Amazonでは、以下2種類の発送方法を選択できます。

  • FBA(Amazonの配送業務代行サービス)
  • 自己発送

FBAを利用すると、注文が入ってもこちらで処理や作業をする必要はありません。

一方、自己発送の場合は発送手配が必要となります。

FBA(Amazonの配送業務代行サービス)

FBA(フルフィルメント by Amazon)は、Amazonが出品者に代わって商品の在庫管理、梱包、出荷、カスタマーサービス、返品処理などの配送業務を担当するサービスです。

FBAは24時間年中無休で稼働し、注文が入るとAmazonが発送業務を行います。そのため、出品者は配送業務を一切行う必要がなく、在庫保管スペースやコストなどを削減可能です。

さらに、FBAを利用するとAmazonプライム会員向けの無料・速達配送が提供されるため、購入者にとっても魅力的なサービスとなります。日用品などの消費財を少しでも早くユーザーの元へ届けるなら、FBAは欠かせないサービスです。

FBAについては、こちらのAmazon公式HPでも確認できます。

自己発送

自己発送の場合、出品した商品に注文が入るとAmazonから「注文確定―商品を出荷してください」というメールが送られてきます。セラーセントラルにログインし、「注文」から発送手配を行いましょう。

以下の手順で行います。

  1. Amazonから注文確定メールを受信する
  2. 納品書を印刷する
  3. 商品を梱包・発送する
  4. 「出荷通知」ボタンを押す

一連の作業は管理画面上で処理を行います。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonで消費財を販売するメリット

Amazonで消費財を販売することにはいくつかのメリットが存在しますが、中でも押さえておきたいのは、以下の3つです。

  • 膨大なユーザー数とリピーターの数が存在する
  • FBA(フルフィルメント by Amazon)が利用できる
  • アルゴリズムを活用して商品を表示できる

膨大なユーザー数とリピーターの数が存在する

Amazonは世界中の人々が利用するマーケットプレイスです。ユーザー数が多く、リピーターも多く存在します。このような場で商品を販売することは、売上やブランド認知度の向上に繋がる可能性があります。

ECサイトの中でもAmazonのユーザー数は圧倒的で、2020年7月に発表された調査データによると、Amazonの月間利用者数は5,000万人に達したと報じられました。

最新の数字は公表されていませんが、これだけのユーザー数を有するECサイトで商品を販売することは、企業としての成長や消費財の販売においても大きなメリットとなるでしょう。

参照:ニールセン、デジタルコンテンツ視聴率のMonthly Totalレポートによるオンラインショッピングのサービス利用状況を発表

FBA(フルフィルメント by Amazon)が利用できる

前述したように、FBA(フルフィルメント by Amazon)は、Amazonが出品者に代わって商品の在庫管理、梱包、出荷、カスタマーサービス、返品処理などの配送業務を担当するサービスです。

FBAを利用することで、出品者は配送業務を一切行う必要がなく、在庫保管スペースやコストなどを削減できます。また、購入者にとっても、Amazonプライム会員向けの無料・速達配送といった魅力があります。

利便性が高いだけでなく売上にも直結するサービスとなっていますので、ぜひ検討してみてください。

アルゴリズムを活用して商品を表示できる

Amazonは独自のアルゴリズムが採用されており、適切なSEO対策を行うことでより多くのユーザーに商品を表示できるチャンスを得られます。

多くのユーザーはAmazonで商品を探す際に検索機能を利用しますが、適切なキーワードや商品説明を設定することで、検索結果で上位表示される可能性が高まるのです。

また、商品推薦システムを活用すれば、ユーザーの関心に応じた化粧品が自動的に表示され、多くの方にアピールできます。

これらの機能を最大限に活用するためには、Amazonのアルゴリズムを考慮したSEO対策が必要です。アルゴリズムを上手く利用することで、より多くのユーザーに商品をアピールし、ビジネスの拡大が期待できます。

Amazonのアルゴリズム、SEO対策については、こちらの記事で詳しくまとめています。併せて参考にしてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonで消費財を販売するデメリット

メリットの多いAmazonでの消費財販売ですが、以下のようなデメリットもあります。

  • 類似商品との価格競争で消耗しやすい
  • 同一商品内でのカート獲得競争で消耗しやすい
  • 販売手数料がかかる

類似商品との価格競争で消耗しやすい

Amazonに限らず、ECモールに商品を出品すると、他の多くの類似商品と競争することになります。当然ながら価格の安い商品は売れやすいため、値下げ合戦が起こり、利益率減少や値下げ対応で疲弊してしまうことも珍しくありません。

類似商品との価格競争に勝つには、値下げのほかにも、商品の差別化ポイントや魅力を商品説明や画像で伝える方法があります

商品検索ページなどで、他の類似商品に比べて魅力的に見えているか確認しましょう。

同一商品内でのカート獲得競争で消耗しやすい

Amazonは1商品につき1ページの原則があります。メーカーの公式出品も、転売屋の出品も、まとめて1ページに掲載されます。

複数の出品者のうち、一番目立つショッピングカート(おすすめ出品)を獲得できるのは1社だけ。ショッピングカートが獲得できるか否かで、売上が大きく変わります。ショッピングカートの獲得競争では、ブランド毀損に配慮せず値下げが可能な転売屋が有利になることも

カート獲得競争に勝つには、そもそも不当な転売を発生させないことが重要です。とはいえ、メーカー側としては、転売屋の仕入れ先や、卸業者との関係、転売を止めた場合の売上変化など気になることが多いもの。ぜひ、転売対策に強いコンサルタントや運用代行会社にご相談ください。

販売手数料がかかる

Amazonでは売れた商品の販売価格に応じて、手数料が発生します。販売手数料の多くは8%〜15%で、カテゴリーに応じて最低販売手数料も設定されています。

下記は、Amazon公式HPに掲載されている、カテゴリーごとの販売手数料の一部です。

カテゴリー販売手数料の割合最低販売手数料
ドラッグストア・商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合:商品代金の8%
・商品1点あたりの売上合計が1,500円を超える場合:商品代金の10%
30円
ビューティ・商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合:商品代金の8%
・商品1点あたりの売上合計が1,500円を超える場合:商品代金の10%
30円
ホーム&キッチン15%30円
生活・キッチン家電10%30円
大型家電8%30円
食品&飲料・商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合:商品代金の8%
・商品1点あたりの売上合計が1,500円を超える場合:商品代金の10%
なし
ベビー&マタニティ・商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合:商品代金の8%
・商品1点あたりの売上合計が1,500円を超える場合:商品代金の15%
30円
服&ファッション小物・商品1点あたりの売上合計が3,000円以下の場合:商品代金の12%
・商品1点あたりの売上合計が3,000円を超える場合:商品代金の8%
30円
シューズ&バッグ・商品1点あたりの売上合計が7,500円以下の場合:商品代金の12%
・商品1点あたりの売上合計が7,500円を超える場合:商品代金の6%
30円

その他のカテゴリーごとの販売手数料は、こちらのAmazon公式HPで確認できます。

売価が安い商品は販売手数料の割合が大きくなる場合も

最低販売手数料やFBA手数料など、固定価格の手数料が存在するため、売価が低い商品の場合は販売手数料の占める割合が大きくなり、利益を圧迫してしまうリスクもあります。

そのような場合は、セット品を販売して送料負担を減らす等、利益率を高める手段を検討していきましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonで消費財を販売する時のポイント

最後に、Amazonで消費財を販売する時のポイントを解説します。

  • 正確に商品情報を表示する
  • 在庫切れにならないようにする
  • ユーザーからのレビューを有効活用する
  • ユーザーのニーズに合ったマーケティング戦略を立てる
  • Amazonの規約を違反しないよう注意する

正確に商品情報を表示する

Amazonには不正な転売品も多く出品されています。

そのため、商品のタイトルや説明、画像、価格などの情報を正確に入力することで、商品への安心感・信頼感を高め、購入意欲の向上に繋げましょう。

在庫切れにならないようにする

Amazonはユーザーの利便性を重視しているため、「在庫保有率」が重要となります。万が一、在庫切れが発生すると、商品が検索結果に表示されず、売上の低下やAmazonのアルゴリズムによる評価が得られないといった悪影響を招くため、注意が必要です。

さらに、残り数個という状態で注文が重なると、全員分の注文を捌けないことから発送できず、ユーザーが注文をキャンセルするといった事態も起こりえます。場合によってはAmazonからペナルティを受けるリスクもあるため、在庫保有率には余裕を持ち、在庫切れを起こさないように販売を継続することが重要です。

ユーザーからのレビューを有効活用する

レビューは商品の改善点やユーザーのニーズを把握するうえで有益な情報源となるため、積極的に取り入れていきましょう。

レビューには様々な活用法がありますが、レビューからは「競合商品」や「買い合わせ頻度が高い商品の組み合わせ」も分かるため、レビューに登場した商品に対して広告をあてたり、セット品として販売したり等のアプローチも可能です。

また評価の高いレビューが集まると、SEO上プラスに働きます。ぜひ積極的に活用していきましょう。

ユーザーのニーズに合ったマーケティング戦略を立てる

Amazonを含む商品販売において、ユーザーのニーズに合ったマーケティング戦略を立てることが非常に重要です。

ユーザーが何を求めているのか、どのような商品やサービスに満足や不満を感じるのかを理解し、ユーザーのニーズに応える商品やプロモーションを提供することで、購買意欲を刺激できます。

特に、消費財のジャンルは幅広く、季節やイベントに応じて需要が変化します。日常的にユーザーのニーズを把握し、適切なマーケティング戦略を立てることが必要です。

Amazonの規約を違反しないよう注意する

Amazonの規約に違反すると、商品ページが削除されるだけでなく、アカウント停止のリスクもあります。

Amazonの検知システムや取り締まりは、年々厳しくなっています。不正レビュー等によりアカウント停止処分を受けたセラーも増えているため、規約違反をしないよう、また違反の指摘を受けたら即時対応するように心がけましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonの運用代行なら『しるし株式会社』へ!

しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ月額売上に応じた完全成果報酬
※ほかの料金体系も相談可能
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Qoo10
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①インターネット広告・ブランド価値経営の専門家などのスペシャリストがバックアップ/
インターネット広告・ブランド価値経営の専門家をはじめとしたスペシャリストがバックアップ
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②元Amazon社員や薬機法管理者などが在籍し、少数精鋭チームで売上・粗利アップをサポート/
・広告運用やクリエイティブ作成、転売対策など、各領域のプロフェッショナルがチーム体制で支援
・美容商材のリーダーブランドをはじめとした、幅広いジャンル・カテゴリーの実績・ノウハウが豊富

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

しるし株式会社は、ブランド戦略に基づいたEC運用・データ分析を強みとする運用代行会社です。

コンテンツをAmazonに最適化し、「ユーザーに十分な情報を提供すること」「売れる商品ページを作成すること」に重点を置くことで、顧客にブランドの付加価値を適切に届ける施策を得意としています。

Amazon運用における各業務を専任のスペシャリストが担当。特許取得の独自開発ツールを活用した運用効率や質の高いサービスを提供することで、ワンストップ型運用支援による飛躍的な売上・粗利UPを実現。加えて転売対策によるブランド体験の改善も強みです。

実績も、運用するアカウントの平均売上は業界トップクラスで、クライアントの要望に沿ったサポートによって売上成長を実現しています。

プラットフォームのパフォーマンスを最大限に引き出すことで、顧客、ブランドとの持続的で良好な関係性を築くことが可能です。

しるしの強み① 広告運用やブランド価値に精通するスペシャリストが強力バックアップ

インターネット広告のプロやブランド価値の専門家をはじめとした、各分野のスペシャリストが顧問・アドバイザーとして、しるしの成長を強力にバックアップ!

スペシャリストがもつインターネット広告、ブランド構築などのノウハウをしるしに還元し、お客さまのブランドのポテンシャルを高めたり、集客や広告などの課題を解決したりすることで、売上アップを実現します。

また、しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

しるしを支えるスペシャリストとAmazonとのパートナーシップをお客さまの課題解決に最大限に活用し、専門性の高いサポートで商品・ブランドがもつポテンシャルを引き出し、ショップの成長を実現いたします。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

EC・ネットショップの運営代行やコンサルティングでは、ひとりの担当者が運用する体制が多いですが、しるしでは、元Amazon社員や大手広告代理店、メーカー出身者などが在籍し、各領域のプロで結成されたグロースチームによるチーム体制で支援させていただきます。

Amazon 運用代行 コンサルティング チーム

広告運用、クリエイティブ作成、SEO対策、ページ改善、レビュー管理、転売対策など、Amazon運用に精通したプロが在籍し、お客さまの課題にあわせて精度の高い施策をチームで実施できるのが強みです。

チームサポートのもうひとつの特徴は、少数精鋭であること。各分野のプロフェッショナルがスキルを最大限に発揮し集中的にサポートするため、最短で売上・粗利アップを実現いたします。

Amazon 運用代行 コンサルティング

これまでご支援させていただいた中で、ご支援開始から1年で売上2~50倍以上を実現しています。

美容商材をはじめとした幅広いジャンル・カテゴリーの実績がありますので、事例に興味がある際は気軽にお問い合わせください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon 運用代行 コンサルティング 転売検知システム
Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

Amazon 運用代行 コンサルティング 正規価格

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

Amazon 運用代行 コンサルティング レポート

しるし株式会社では、Amazon運用を丸投げいただける「フル運用代行」以外にも、広告運用や転売対策など抱えている課題に特化したプランもご提案可能です。

無料で改善余地や売上のポテンシャルを診断する「無料診断」も実施しているため、集客や転売対策など、AmazonをはじめとしたEC運用でお悩みの方は、まずは気軽にご相談ください。

広告運用の基礎知識から戦略までまるわかり!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント

Amazonでは、Amazon内・Amazon外に配信できる広告サービスを提供しており、自社商品の露出を高めるためには活用が欠かせません。

ただ、広告メニューは複数あり、ターゲティング設定や予算設定などに知識が求められるため、うまく活用できていない方も多いのではないでしょうか。

広告運用に悩んでいる出品者の方、『Amazon広告完全ガイド』を読めば大丈夫!

しるし株式会社では、Amazon広告メニュー別の運用ポイントや広告費の使い方、戦略などが詰まった『Amazon広告完全ガイドをプレゼントしております。

この資料を読むだけで、Amazon広告運用の基礎から戦略立案まで、すべて網羅できる内容となっております。

『Amazon広告完全ガイド』に興味がある方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

まとめ

Amazonで消費財を販売するためには、「出品アカウント」を作成する必要があります。

Amazonには以下2種類の出品アカウントがありますので、ビジネスの規模や目的によっていずれかを選択しましょう。

小口出品1商品あたり100円+販売手数料
大口出品月額4,900円(税別)+販売手数料

Amazonで消費財を販売する手順は、以下の通りです。

  1. Amazon出品用のアカウントを作成する
  2. 出品者プロフィールを設定する
  3. 出品する消費財を登録する
  4. 注文の入った商品を発送する

Amazonで消費財を販売するメリット・デメリットは、以下の通りです。

▼メリット

  • 膨大なユーザー数とリピーターの数が存在する
  • 商品販売に関する様々なデータを得やすい
  • FBA(フルフィルメント by Amazon)が利用できる
  • アルゴリズムを活用して商品を表示できる
  • セキュリティに優れている

▼デメリット

  • 価格競争で消耗しやすい
  • 販売手数料がかかる

消費財は食品や飲料、お酒、日用品など毎日の生活に欠かせない存在です。そのため、注文数・リピート顧客ともに多くなるという特徴があります。

そういった特徴は、商品を迅速に購入者の手元に届けることができるFBA(フルフィルメント by Amazon)との相性も抜群です。

ぜひAmazonを有効利用して、ビジネス拡大につなげてください。

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

Amazonの売上を引き上げるAmazon広告の運用方法を解説した資料です。

本資料を読めば「Amazon広告って何?」の状態から「Amazonの売上を引き上げる広告運用ができる」状態になれます。

・Amazon広告を始めたい方
・ECの担当の方
・Amazon広告の運用に苦戦されている方

は、本資料をチェックしてみてください!

資料内容
・Amazon広告のメニュー
・検索面と商品ページ
・攻めと守りの考え方
・広告費をどれだけ使うか?
・3つの基本戦略(運用モデル)

▼ スライドサンプル

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BRAND NOTEでは、Amazon運用事業のメンバーが最先端のノウハウと豊富な事例を基に、Amazonに関する記事を掲載していきます。

目次