カテゴリー
【8/6(火)】2024年版 「モールEC」売上アップ徹底攻略セミナー開催! 詳細を見る

Amazonブランド分析とは?利用条件・主な機能・活用方法まで解説

Amazonブランド分析とは?利用条件・主な機能・活用方法まで解説

Amazonで一定の条件を満たすと、ブランド分析(Brand Analytics)という解析ツールを利用できます。ユーザーのリピート行動や上位検索ワードなどのデータを把握できるため、データの効果的な活用によって売上アップや集客などの課題を解決できます。本記事では、Amazonブランド分析の利用条件や主な機能、効果的な使い方まで詳しく解説します。

Amazonの売上アップや広告運用、転売対策などに悩んでいる方には、運用代行やコンサルティングの活用がおすすめです。ノウハウやリソースが不足していても、ECのプロによる代行やコンサルで、売上拡大を目指しやすくなります。

以下の記事では、Amazonに精通した運用代行会社やコンサルティング会社を徹底比較していますので、依頼先の検討にぜひお役立てください!

【成果報酬型】Amazon運用代行のおすすめ8選!費用と失敗しない選び方
【徹底比較】Amazonコンサルティングおすすめ25選!失敗しない選び方も

ワンストップ型運用支援とSEO対策で、売上・集客を改善!

・ワンストップ型運用支援で5倍以上の売上・粗利UPを実現!
・Amazon SEO対策でモール内検索からの集客を最大化

しるし株式会社では、アカウント担当や商品ページ担当など各領域のプロがグロースチームを構築し、ワンストップ体制で運用を支援!

売上・粗利・コストを見える化したPL形式で計画の提案と毎月の報告を実施。コスト管理にも力を入れ、これまでに5倍以上の売上・粗利UPした事例も多くあります。

集客に欠かせないAmazon SEO対策も強みです!商品名や説明文、キーワードなどを最適化し、モール内検索の集客を最大化します。

売上アップやSEO対策でお悩みの方は、ぜひしるし株式会社にご相談ください!

目次

Amazonのブランド分析(Brand Analytics)とは

Amazonでは、自社製品をブランド登録することで、ブランド分析(Brand Analytics)を利用できます。

ユーザーが商品にたどり着いたプロセスや購入に至る行動などをチェックできるため、販売戦略を練りやすくなります

Amazonのブランド分析は、ブランド登録をしている販売者が使える機能ですが、ブランド登録までのハードルが高いことや、ブランド登録によって生じるデメリットもあるため、活用できていない方も多いのではないでしょうか。

そのような方には、独自ツールで傾向を分析し売上向上を目指せる「しるし株式会社」へのご依頼や、Amazonと連携して利用できる分析ツールもおすすめです。

Amazon分析ツールの詳細は、こちらからチェックしてみてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonブランド分析で利用できる5つの機能

Amazonのブランド分析(Brand Analytics)では、以下の機能を利用できます。それぞれの機能でできることを詳しくチェックしていきましょう。

  • 検索カタログパフォーマンス
  • 検索クエリのパフォーマンス
  • 上位の検索用語
  • リピート購入行動
  • ストアバスケット分析

検索カタログパフォーマンス

検索カタログパフォーマンスでは、商品ごとに、インプレッションやクリック数、カートへの追加数、購入数などをチェックできます。

自社ブランド、商品のパーチェスファネルごとの数値を把握できるのが特徴です。

検索クエリのパフォーマンス

検索クエリのパフォーマンスでは、ユーザーが実際に検索したキーワード別に検索ボリュームやクリック数、カートへの追加数、購入数などの指標が確認可能です。またそれぞれの指標で、自社ブランドのシェアもあわせて確認することができます。

例えば、特定キーワードでクリック数や購入数が低い場合は、そのキーワードがブランドを訴求するのに適していない可能性があるなどの判断が可能です。

さらに、ASINビューの場合、選択した検索クエリで上位10個の商品のパフォーマンスを他商品と比較できます。競合商品とのキーワード比較によって、重要性の高いキーワードでの対策をしやすくなるでしょう。

上位の検索キーワード

上位の検索キーワードでは、特定の期間における上位の検索キーワードを検索頻度に基づいてランキング化して抽出できます。

検索キーワードに対して、以下の項目が表示されます。

  • 最もクリックされた商品上位3点
  • 最もクリックされたカテゴリー上位3件
  • 最もクリックされたブランド上位3件

自社商品だけでなく、競合商品も表示されますので、競合商品の調査としても活用可能です。

リピート購入行動

リピート購入行動では、ブランド別または商品別に選択した期間のリピート購入売上、リピート注文数、リピーター数を確認できます。

特に消耗品や短いスパンでの買い替えが必要になる商品など、顧客維持率が重要になる場合に活用しやすいレポートです。

ストアバスケット分析

ストアバスケットレポートでは、自社ブランドで扱っている商品と同時に購入された商品のうち、上位3点の商品が表示されます。

「一緒に買われている自社・他社の製品にはどのようなものがあるか」が分析できるため、消費者の購買動向を把握しやすくなるのが便利なポイントです。

もし自社製品以外のもので関連性の高い商品が入っていれば、新しい商品開発・販売のターゲットを定めやすくなります。

また、自社製品が3点まとめて購入されている傾向にあれば、まとめ売りでさらに買ってもらいやすくするといった施策も考えられるでしょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonブランド分析(Brand Analytics)を利用するための条件

Amazonブランド分析(Brand Analytics)を利用するためには、以下の2つを事前に行う必要があります。

  • セラーアカウント登録
  • ブランド登録

セラーアカウント登録

商品販売を行うための「セラーアカウント」を登録する必要があります。

すでにAmazonで出品している人はセラーアカウントに登録しているはずですので、この手順はスキップして構いません。

これからAmazonで販売を始める方は、以下の書類がアカウント開設に必要です。

  • 顔写真付きの身分証明書(パスポート、運転免許所、マイナンバーカードなど)
  • 過去180日以内に発行された取引明細書
  • ビジネス用のEメールアカウントまたは既存の(購入者用)Amazonアカウント
  • 電話番号
  • クレジットカード
  • 銀行口座番号

ブランド登録(ブランドレジストリ)

セラーアカウントを開設できたら、ブランド登録が必要です。

ブランド登録では、以下の書類が必要です。

  • 特許庁に申請して取得済の商標権
  • 上記の登録商標番号
  • ブランドを出品する商品のカテゴリーリスト
  • 実際に販売する商品

商標権の取得には通常12ヶ月程度かかるとされていますが、近年では4か月程度で完了するケースもあります。

ただ、申請が許可されるまでに時間がかかるため、ブランド分析を利用するためにブランド登録をしたい方はできる限り早い段階で申請手続きを行いましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonブランド分析(Brand Analytics)を効果的に活用する3つの方法

Amazonブランド分析(Brand Analytics)を効果的に利用するなら、次のような使い方がおすすめです。

  • 「上位の検索用語」でAmazon SEO施策に活用する
  • 検索クエリのパフォーマンスの活用で広告運用を最適化する
  • 「リピート購入行動」でリピーター需要の高い商品を発見する

「上位の検索キーワード」でAmazon SEO施策に活用する

ブランド分析の「上位の検索キーワード」では、ユーザーがどのようなキーワードを検索しているか、そのキーワードが全キーワードの中で相対的にどれくらい検索されているのか、またキーワード毎の上位商品の購買データを確認できます。

ユーザーがAmazonで欲しい商品を探すとき、トップページから検索機能を使う場合がほとんどであるため、対策キーワードに合わせたSEO対策は非常に重要です。

「上位の検索用語」を元にしたキーワード対策によって、検索ボリュームの大きいキーワードでの上位表示を実現できれば、売上向上が期待できます

AmazonにおけるSEO対策については、以下の記事もぜひチェックしてみてください。

こちらの記事ではキーワード設定について詳しく解説しているので、あわせて参考にしてみましょう。

検索クエリのパフォーマンスの活用で広告運用を最適化する

検索クエリのパフォーマンスでは、ユーザーが検索したキーワード別に検索ボリュームやクリック数、カートへの追加数、購入数などの指標が確認可能です。また各指標での自社ブランドのシェアもあわせて確認することができます。

狙っているキーワードの現状把握や自社ブランド製品と相性の良いキーワードを特定し、広告運用に活用することが可能です。

特定のキーワードで自社商品のインプレッションが発生すると、検索クエリのパフォーマンスにキーワードが掲載されるようになります。上位の検索キーワードと併用することで、戦略キーワードの選定から、広告配信後の細かい状況把握までが可能になります

Amazonの広告については、以下の記事で詳しく解説していますので、あわせてチェックしてください。

「リピート購入行動」でリピーター需要の高い商品を発見する

リピート購入行動では、ブランドまたは商品別にリピート購入者数の確認が可能です。

このデータをもとに、商品の種類、質、価格などから、顧客が「リピートしたい」と思える商品の共通点を探りましょう

バリエーションや質など他社よりも優位性がある商品が見つかれば、需要の高い商品をさらに押し出したり、他の商品の改善に生かしたりできます。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonブランド分析(Brand Analytics)を活用する際の注意点

一方で、Amazonブランド分析(Brand Analytics)には以下のような注意点もあります。

  • 利用するまでに商標登録やブランド登録などの手間がかかる
  • データ分析のスキルが求められる
  • データを運用に生かさなければ成果を期待できない

利用するまでに商標登録やブランド登録などの手間がかかる

Amazonブランド分析(Brand Analytics)を利用するためには、Amazonでブランド登録を完了している必要があります。

商標登録には最大12ヶ月程度の時間がかかるほか、商標出願料として最低12,000円の出願料、32,900円の商標登録料がかかります

ブランド登録を行うための時間的・金銭的コストについては、あらかじめ把握しておく必要があるでしょう。

データ分析のスキルが求められる

Amazonブランド分析(Brand Analytics)では、多くの分析機能が提供されています。

しかし、分析を行う出品者にスキルがなければ、適切にデータを活用できません。

期間の区切り方やデータ抽出の方法など、さまざまな条件をうまく組み合わせられないと、誤った分析結果に基づいた不適切な運用方針を立ててしまうリスクもあります

データを運用に生かさなければ成果を期待できない

Amazonデータ分析(Brand Analytics)のスキルがあり、適切にデータを解析できたとしても、実際に得られた分析結果を適切にショップ運営に活かせなければ意味がありません

また、解析によって得られたデータの結果、「どうしてもこれ以上の利益を出すのは難しい」という結論に達してしまうこともあるかもしれません。

独力でブランド分析を最大限まで活かすには、データを解析できるスキルと、それを戦略に反映する力が求められます。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonの売上アップに強い運用代行・コンサルティングはこちら!

Amazonの売上を高めるためには、Amazonの仕組みを理解したり、各種機能を駆使したりするなど、知識や運用スキルが求められます。EC事業を成長させるためには地道な取り組みも必要になるので、継続的に施策を実践するリソースも欠かせません。

そのため、下記のような悩みを抱えている出品者の方も多いのではないでしょうか。

  • 機会損失を防ぐために在庫切れ対策を講じたい
  • 売上につながる画像や商品ページなどのコンテンツをつくりたい
  • セールで売上を最大化したい
  • 効果的なSEO対策で、商品の露出を増やしたい
  • カートボックスを獲得したい

上記のような課題をもち、運用代行・コンサルティングの検討で行き詰っている方は、以下の記事に売上アップをはじめとした各種サポートを代行・コンサルティングしている会社をまとめているので、ぜひ検討に役立ててください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonの運用代行・コンサルティングは『しるし株式会社』へ!

しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ月額売上に応じた完全成果報酬
※ほかの料金体系も相談可能
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Qoo10
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①インターネット広告・ブランド価値経営の専門家などのスペシャリストがバックアップ/
インターネット広告・ブランド価値経営の専門家をはじめとしたスペシャリストがバックアップ
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②元Amazon社員や薬機法管理者などが在籍し、少数精鋭チームで売上・粗利アップをサポート/
・広告運用やクリエイティブ作成、転売対策など、各領域のプロフェッショナルがチーム体制で支援
・美容商材のリーダーブランドをはじめとした、幅広いジャンル・カテゴリーの実績・ノウハウが豊富

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

しるし株式会社は、ブランド戦略に基づいたEC運用・データ分析を強みとする運用代行会社です。

コンテンツをAmazonに最適化し、「ユーザーに十分な情報を提供すること」「売れる商品ページを作成すること」に重点を置くことで、顧客にブランドの付加価値を適切に届ける施策を得意としています。

Amazon運用における各業務を専任のスペシャリストが担当。特許取得の独自開発ツールを活用した運用効率や質の高いサービスを提供することで、ワンストップ型運用支援による飛躍的な売上・粗利UPを実現。加えて転売対策によるブランド体験の改善も強みです。

実績も、運用するアカウントの平均売上は業界トップクラスで、クライアントの要望に沿ったサポートによって売上成長を実現しています。

プラットフォームのパフォーマンスを最大限に引き出すことで、顧客、ブランドとの持続的で良好な関係性を築くことが可能です。

しるしの強み① 広告運用やブランド価値に精通するスペシャリストが強力バックアップ

インターネット広告のプロやブランド価値の専門家をはじめとした、各分野のスペシャリストが顧問・アドバイザーとして、しるしの成長を強力にバックアップ!

スペシャリストがもつインターネット広告、ブランド構築などのノウハウをしるしに還元し、お客さまのブランドのポテンシャルを高めたり、集客や広告などの課題を解決したりすることで、売上アップを実現します。

また、しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

しるしを支えるスペシャリストとAmazonとのパートナーシップをお客さまの課題解決に最大限に活用し、専門性の高いサポートで商品・ブランドがもつポテンシャルを引き出し、ショップの成長を実現いたします。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

EC・ネットショップの運営代行やコンサルティングでは、ひとりの担当者が運用する体制が多いですが、しるしでは、元Amazon社員や大手広告代理店、メーカー出身者などが在籍し、各領域のプロで結成されたグロースチームによるチーム体制で支援させていただきます。

Amazon 運用代行 コンサルティング チーム

広告運用、クリエイティブ作成、SEO対策、ページ改善、レビュー管理、転売対策など、Amazon運用に精通したプロが在籍し、お客さまの課題にあわせて精度の高い施策をチームで実施できるのが強みです。

チームサポートのもうひとつの特徴は、少数精鋭であること。各分野のプロフェッショナルがスキルを最大限に発揮し集中的にサポートするため、最短で売上・粗利アップを実現いたします。

Amazon 運用代行 コンサルティング

これまでご支援させていただいた中で、ご支援開始から1年で売上2~50倍以上を実現しています。

美容商材をはじめとした幅広いジャンル・カテゴリーの実績がありますので、事例に興味がある際は気軽にお問い合わせください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon 運用代行 コンサルティング 転売検知システム
Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

Amazon 運用代行 コンサルティング 正規価格

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

Amazon 運用代行 コンサルティング レポート

しるし株式会社では、Amazon運用を丸投げいただける「フル運用代行」以外にも、広告運用や転売対策など抱えている課題に特化したプランもご提案可能です。

無料で改善余地や売上のポテンシャルを診断する「無料診断」も実施しているため、集客や転売対策など、AmazonをはじめとしたEC運用でお悩みの方は、まずは気軽にご相談ください。

広告運用の基礎知識から戦略までまるわかり!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント

Amazonでは、Amazon内・Amazon外に配信できる広告サービスを提供しており、自社商品の露出を高めるためには活用が欠かせません。

ただ、広告メニューは複数あり、ターゲティング設定や予算設定などに知識が求められるため、うまく活用できていない方も多いのではないでしょうか。

広告運用に悩んでいる出品者の方、『Amazon広告完全ガイド』を読めば大丈夫!

しるし株式会社では、Amazon広告メニュー別の運用ポイントや広告費の使い方、戦略などが詰まった『Amazon広告完全ガイドをプレゼントしております。

この資料を読むだけで、Amazon広告運用の基礎から戦略立案まで、すべて網羅できる内容となっております。

『Amazon広告完全ガイド』に興味がある方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonブランド分析(Brand Analytics)を活用して運用を最適化しよう

Amazonのブランド分析(Brand Analytics)は、ユーザーの動向を多角的に調べ、より購買層の希望に合った自社ブランドの確立を目指せるツールです。

さまざまな切り口からの分析が可能となっており、商品の売上改善はもちろん、ブランドイメージの方向付けや新商品開発、広告戦略への応用などを期待できます。

ブランド分析を効果的に活用し、Amazon運用を最適化していきましょう。

ワンストップ型運用支援とSEO対策で、売上・集客を改善!

・ワンストップ型運用支援で5倍以上の売上・粗利UPを実現!
・Amazon SEO対策でモール内検索からの集客を最大化

しるし株式会社では、アカウント担当や商品ページ担当など各領域のプロがグロースチームを構築し、ワンストップ体制で運用を支援!

売上・粗利・コストを見える化したPL形式で計画の提案と毎月の報告を実施。コスト管理にも力を入れ、これまでに5倍以上の売上・粗利UPした事例も多くあります。

集客に欠かせないAmazon SEO対策も強みです!商品名や説明文、キーワードなどを最適化し、モール内検索の集客を最大化します。

売上アップやSEO対策でお悩みの方は、ぜひしるし株式会社にご相談ください!

Amazonの売上を引き上げるAmazon広告の運用方法を解説した資料です。

本資料を読めば「Amazon広告って何?」の状態から「Amazonの売上を引き上げる広告運用ができる」状態になれます。

・Amazon広告を始めたい方
・ECの担当の方
・Amazon広告の運用に苦戦されている方

は、本資料をチェックしてみてください!

資料内容
・Amazon広告のメニュー
・検索面と商品ページ
・攻めと守りの考え方
・広告費をどれだけ使うか?
・3つの基本戦略(運用モデル)

▼ スライドサンプル

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BRAND NOTEでは、Amazon運用事業のメンバーが最先端のノウハウと豊富な事例を基に、Amazonに関する記事を掲載していきます。

目次