カテゴリー
【成果報酬型】Amazon運用代行10社を徹底比較 詳細を見る

楽天市場の集客力は売上の要!苦戦する理由と強化するポイントを解説

楽天市場の集客力は売上の要!苦戦する理由と強化するポイントを解説

楽天市場の売上・利益を高めるためには、まずショップにユーザーを集客することが重要です。ユーザーを呼び込んだうえで、商品ページから購入につなげたり、客単価を高めたりするなどの取り組みができるようになります。本記事では、楽天市場で集客に苦戦する理由や集客を強化するポイントを解説します。集客が思うようにできていない方は、ぜひ参考にしてみてください。

楽天市場の売上アップや広告運用、転売対策などに悩んでいる方には、運用代行やコンサルティングの活用がおすすめです。ノウハウやリソースが不足していても、ECのプロによる代行やコンサルで、売上拡大を目指しやすくなります。

以下の記事では、楽天市場に精通した運用代行会社やコンサルティング会社を徹底比較していますので、依頼先の検討にぜひお役立てください!

楽天市場の運用代行おすすめ10選|サービスの選び方や費用、注意点も解説
【徹底比較】楽天市場のコンサルティング会社おすすめ15選!成果の出やすい選び方

各分野のプロフェッショナルが楽天運用をトータルサポート!

▼特徴

  • EC運用のスペシャリストがチーム体制で、ブランドのポテンシャルを引き上げ
  • 戦略立案からSEO対策、転売対策など幅広いサポートメニューを提供
  • 無理なく運用代行をご利用いただける、予算や目的に合ったプランをご用意

しるし株式会社では、楽天市場をはじめとしたECのスペシャリストが在籍し、チーム体制でお客様の運用をサポートしております。

商品ページやクリエイティブなど各分野のプロがサポートを担当し、お客様の課題にあわせて、クリエイティブ制作や転売対策、SEOなどの施策によってブランドのポテンシャルを引き上げるのが強みです。

楽天運用のプランは、通常のコンサルティングに加えて、完全伴走型の「セカンドオピニオン」ポテンシャルを診断させていただく「無料診断」をご用意。予算や目的に合わせて、無理のない運用代行プランをご検討いただけます。

「楽天市場の売り上げが伸びない」「広告運用やSEO対策の正解がわからない」など楽天運用にお悩みの方は、気軽なご質問からでも構いませんので、ぜひご相談ください。

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

目次

楽天市場の集客は売上に欠かせない「アクセス人数」を増やすために重要!

楽天市場の売上は、以下の計算式で求めることができます。

売上 = アクセス人数 × 転換率 × 客単価
引用:楽天市場 ネットショップ出店・開業 ネットショップに集客力をつけるツール|Rakuten 出店案内

アクセス人数・転換率・客単価という3つの要素を掛けあわせることで、現在の売上状況を把握したり、目標を定めたりできるようになります。

集客は、上記の計算式における「アクセス人数」を増やす取り組みであり、ショップに訪れるユーザーの母数をいかに増やせるかが売上に大きな影響を及ぼします

また、アクセス人数以外の要素を公式に当てはめれば、売上目標から逆算したアクセス人数がわかります。

たとえば、売上100万円を目指すにあたって、現在の転換率が1%、客単価が5,000円であれば、アクセス人数は20,000人必要です。

まずは、売上目標に対してアクセス人数がどれだけ足りないかを把握し、目指すべき集客人数を明確にしましょう。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天市場の集客導線

楽天市場での集客を強化するにあたって、ユーザーがどのような導線でショップを訪問するかを理解する必要があります。

楽天市場での主な集客導線は、以下の通りです。

集客導線概要
楽天市場内の検索キーワード検索や絞り込み検索で商品を検索し、気になる商品のページにアクセスする
イベント・特集楽天市場のセールやイベント時のページから、気になる商品のページにアクセスする
ランキングジャンル別のランキングページから、気になる商品のページにアクセスする
広告楽天市場内外に掲載された広告から商品ページにアクセスする
SNSSNSの投稿をきっかけに商品ページにアクセスする
楽天市場外の検索エンジン検索エンジンの検索結果ページから、商品ページにアクセスする

楽天市場内での検索やイベントなどで気になる商品を見つけ、商品ページにアクセスするのが一般的な導線です。ランキングや広告などで露出を高めることで、商品ページへの訪問を期待できます。

また、SNSや検索エンジンなど外部からの集客導線もあります。楽天市場内の取り組みと並行して行うことで、外部からもユーザーを集められるでしょう。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天市場で集客に苦戦する4つの理由

楽天市場で集客に苦戦している場合には、以下のような理由が考えられます。

  • ユーザーからショップや商品を知られていない
  • ユーザーが商品ページをクリックしていない
  • ユーザーにとって商品のニーズがない
  • 競合他社にユーザーが流れている

自社で思うように集客できていない理由を分析し、適切な対策を検討しましょう。

ユーザーからショップや商品を知られていない

そもそも自社のブランドや商品がユーザーに知られていない場合には、集客が難しいです。商品名やブランド名での検索を期待できず、検索結果ページに表示されたとしても選択肢に入らない状態といえます

楽天市場のSEO対策や広告運用で商品の露出を増やしたり、SNSで商品を紹介したりするなど、認知度を高める取り組みが必要になります。

ユーザーが商品ページをクリックしていない

ユーザーに一定の認知があるものの、商品ページへのアクセスが少ない場合は、何らかの理由でクリックされていないと考えられます。

たとえば、サムネイルのインパクトが欠けていると、他に印象的なサムネイルを設定している商品がクリックされるでしょう。

商品名や価格などユーザー目線で見たときに、「商品ページを見たい」と思う理由が明確でない場合は、クリックしたくなるように改善が必要です。

ユーザーにとって商品のニーズがない

出品している商品がユーザーのニーズを満たしていない場合には、露出が多い状態でも集客が難しくなります。

商品そのものの魅力が欠けている場合もありますが、効果的な訴求ができていないケースもあります。

たとえば、類似商品とは異なる使い方ができるにもかかわらず、商品の利用シーンを説明文や画像などで伝えられていなければ、集客の決め手を欠くでしょう。

自社がターゲットとするユーザーがどのようなニーズをもっているか理解したうえで、商品そのものや見せ方の改善が必要になります。

競合他社にユーザーが流れている

楽天市場にはさまざまな店舗が多数出店しているため、競合他社にユーザーが流れている可能性があります。

どの店舗も集客に取り組んでいるため、ユーザーに違いが伝わらなければ、自社に思うようにユーザーが訪れないでしょう。

競合他社とは異なる特徴がある商品を提供したり、見せ方を工夫したりするなど、差別化に力を入れる必要があります。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天市場で集客を強化する7つのポイント

楽天市場で集客を強化するためには、以下のポイントを実践することが近道です。

  • 自社のユーザーや競合他社を分析し施策に反映する
  • SEO対策で検索結果での上位表示を目指す
  • 広告運用で露出を高める
  • イベントやキャンペーンを効果的に活用する
  • クリックしたくなる商品ページをつくり込む
  • レビュー獲得に取り組む
  • 販売実績を積み重ねてランキング上位を狙う

集客を強化する方法を押さえて、自社の課題にマッチした施策を実施しましょう。

自社のユーザーや競合他社を分析し施策に反映する

ユーザーのニーズに応えたアプローチができるように、自社のユーザーや競合他社を分析しましょう。

たとえば、ユーザーが商品ページにアクセスしている経路がわかれば、力を入れるべき集客導線が明確になります。

楽天RMSでは、楽天サーチからの流入やユーザーの属性など、さまざまなデータを分析可能です。

楽天RMSの主な機能や特徴などは以下の記事で解説しているため、集客施策を検討する際に活用したい方はぜひ参考にしてみてください。

SEO対策で検索結果での上位表示を目指す

楽天市場では、独自のアルゴリズムにもとづいて、検索結果ページでの表示順を決定しています。

SEO対策によって、自然検索枠での上位表示を実現できれば、楽天サーチにおける露出が高まり、商品ページへの集客を期待できます

SEO対策では、商品と関連性が高いキーワードを商品名や商品説明文などに効果的に入れたり、商品ページ全体のユーザビリティを高めたりすることが重要です。

楽天市場におけるSEO対策の手順や施策例などは、以下の記事をチェックしてみてください。

広告運用で露出を高める

楽天市場では、商品の露出を高める方法として、ディスプレイ広告や運用型広告などを利用できます。

たとえば、検索結果ページは広告枠と自然検索枠があり、RPP広告を出稿することで広告枠に商品を掲載することが可能です。

他にも、特定のユーザーに配信できるTDA広告や楽天市場外にも表示できるCPA広告なども集客効果を期待できます

楽天市場の広告について、種類別に特徴や費用を解説しているため、あわせて参考にしてみてください。

イベントやキャンペーンを効果的に活用する

楽天市場では、楽天スーパーSALEやお買い物マラソンなどでイベントが開催されています。イベント時は通常よりも楽天市場を訪れるユーザーが多く、購買意欲が高い傾向があります。

イベント時期にあわせて広告運用を強化したり、商品ページを改善したりすることで、より多くのユーザーを集客できるでしょう。

また、ポイントを付与するキャンペーンも頻繁に開催されています。キャンペーン時のユーザーへの特典は楽天市場が負担する場合がほとんどであるため、コストをかけずにキャンペーンを活用した集客が可能です。

クリックしたくなる商品ページをつくり込む

楽天市場の検索結果ページやランキングなどで露出できるようになったら、商品ページのクリックを増やす取り組みに力を入れましょう。

とくに、検索結果ページで表示されるサムネイルは重要です。競合他社のサムネイルと並んだときに、真っ先に目に留まるようにインパクトを与え、クリックしたくなるデザインに仕上げましょう

サムネイルとセットでつくり込みたいのはキャッチコピーです。商品の魅力を端的に伝え、商品ページを詳しく見たいとユーザーに思わせましょう。

楽天市場での商品ページの作り方は、以下の記事で解説しているため、あわせて参考にしてみましょう。

レビュー獲得に取り組む

楽天市場においてレビューの数は、商品の信頼性を判断する基準のひとつであるため、積極的に獲得する必要があります。

レビューの評価が高く、件数が多いほど信頼性をアピールでき、検索結果ページやランキングからユーザーに選ばれやすくなります

レビュー投稿に対して特典を用意したり、購入者にフォローメールを送信したりして、効果的にレビュー投稿を促しましょう。

販売実績を積み重ねてランキング上位を狙う

楽天市場のランキングページは、人気の商品を知りたいユーザーが集まるため、上位に表示されるほど集客を期待できます。

ランキングの上位掲載には販売実績が重要で、販売個数や購入者数なども重視されるといわれています。

まずは商品やサービスの質にこだわり、地道に販売実績を高めましょう。ランキングに掲載されるようになれば、検索や広告以外からの流入も集客の柱にできます。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天市場の集客を強化するなら「しるし株式会社」の運用代行・コンサルティング!

楽天市場 運用代行 運営代行 しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
料金タイプ完全成果報酬
対応領域・楽天市場
・Amazon
・Qoo10
・Yahoo!ショッピング
サポート内容・戦略施策立案
・TOPページ・商品ページ制作、最適化
・楽天 SEO対策
・広告運用
・データ分析
・効果測定
・CRM施策(メルマガ運用)
・楽天市場社員との窓口など
公式HPhttps://shirushi-bxo.com/

しるし株式会社は、ブランドのグロースパートナーとして、ECモールにおける売上目標設定、戦略立案、実行まで、一気通貫したサービスを提供しており、楽天との連携に特化したLINE運用ツールも開発中。

ひとりのコンサルタントが運用するのではなく、戦略担当やクリエイティブ担当など各領域のプロで結成したチームで運用をサポートしています

SEOや広告運用、商品ページ改善、レビュー管理、アップセル・クロスセル施策、セール対応など、モールの課題に応じた戦略・施策の実行で売上拡大を実現しているのが強みです。

数あるEC運用の代行会社のなかで、なぜしるし株式会社がお選びいただけているのか。しるしの強みを3つ紹介します。

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

しるしの強み① 売上・粗利にコミットする料金形態

しるしは売上にコミットした運用を行うため、料金形態も売上連動型を採用。作業や時間ではなく、成果に連動して料金が決まります。

メーカーさま同じ方向を向いて事業を伸ばすには、ベストな契約形態だと考えています。

しるしの強み② スペシャリストにEC運用をまるっとおまかせで工数削減!

「EC運用をどのくらいできていますか?」と聞かれると、自信を持って答えられない……という担当者さまも多いです。

売上をあげるには、市場、ECモール、商材に合わせた戦略立案が重要。特にECモールにはそれぞれ特色や独自の制度があるため、施策の最適化には骨が折れます。ものづくりをしている会社が、EC運用業務を内製するのは、時間も労力もかかりすぎると感じませんか?

しるしの運用では、各パートのスペシャリストがチームを組み、貴社の商品のポテンシャルが最大限発揮されるよう運用します。1ブランドに対して、アカウント担当や商品ページ担当、デザイナーなどの楽天市場グロースチームを結成し、専門性の高いチームで商品・ブランドがもつポテンシャルを最大限に引き出せるのが強みです。

しるしの強み③ 管理画面では見れない情報が見れる、分析ダッシュボードの作成

楽天市場のRMSでは見ることのできない指標まで分析可能なダッシュボードを作成し、運用を行います。

例えば、「LTVの計測ができない」「次回購入までにかかる期間がわからない」「選択肢ごとの売上の管理ができない」といったRMSにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天市場の集客力を高めて売上アップを実現しよう

楽天市場の売上は、アクセス人数・転換率・客単価で構成され、集客はアクセス人数にかかわる重要なポイントです。

アクセス人数が多いほど商品ページから購入への転換を期待しやすくなり、売上を高めやすくなります。集客を強化するためには、SEO対策や広告運用などが効果的です。

しるし株式会社では、楽天市場の運用代行・コンサルティングを提供しています。集客をはじめとしたさまざまな課題解決をサポートしていますので、楽天市場運用に悩みを抱えている方はぜひ一度以下のページをチェックしてみてください。

各分野のプロフェッショナルが楽天運用をトータルサポート!

▼特徴

  • EC運用のスペシャリストがチーム体制で、ブランドのポテンシャルを引き上げ
  • 戦略立案からSEO対策、転売対策など幅広いサポートメニューを提供
  • 無理なく運用代行をご利用いただける、予算や目的に合ったプランをご用意

しるし株式会社では、楽天市場をはじめとしたECのスペシャリストが在籍し、チーム体制でお客様の運用をサポートしております。

商品ページやクリエイティブなど各分野のプロがサポートを担当し、お客様の課題にあわせて、クリエイティブ制作や転売対策、SEOなどの施策によってブランドのポテンシャルを引き上げるのが強みです。

楽天運用のプランは、通常のコンサルティングに加えて、完全伴走型の「セカンドオピニオン」ポテンシャルを診断させていただく「無料診断」をご用意。予算や目的に合わせて、無理のない運用代行プランをご検討いただけます。

「楽天市場の売り上げが伸びない」「広告運用やSEO対策の正解がわからない」など楽天運用にお悩みの方は、気軽なご質問からでも構いませんので、ぜひご相談ください。

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BRAND NOTEでは、Amazon運用事業のメンバーが最先端のノウハウと豊富な事例を基に、Amazonに関する記事を掲載していきます。

目次