カテゴリー
【8/6(火)】2024年版 「モールEC」売上アップ徹底攻略セミナー開催! 詳細を見る

Amazonで低評価レビューの削除依頼をする方法|削除できないときの対応策も解説

Amazonで低評価レビューの削除依頼をする方法|削除できないときの対応策も解説

Amazonのレビューはユーザーが商品を購入するか判断するために、貴重な情報源になります。

また、出品者にとってレビューは、購入者からの商品・運用の品質への貴重な声を聞ける場でもあるため、しっかり向き合うことが大切です。

しかし「他の商品のレビューが間違ってついている」、「嫌がらせレビューがついてしまう」などのケースも稀に発生します。Amazonでは原則としてレビューの削除はできませんが、特定の内容によっては可能です。

この記事では、Amazonでレビューの削除依頼をする方法を解説し、削除できない場合の対処法についても説明します。

レビュー問題に直面している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

Amazonの売上アップや広告運用、転売対策などに悩んでいる方には、運用代行やコンサルティングの活用がおすすめです。ノウハウやリソースが不足していても、ECのプロによる代行やコンサルで、売上拡大を目指しやすくなります。

以下の記事では、Amazonに精通した運用代行会社やコンサルティング会社を徹底比較していますので、依頼先の検討にぜひお役立てください!

【成果報酬型】Amazon運用代行のおすすめ8選!費用と失敗しない選び方
【徹底比較】Amazonコンサルティングおすすめ25選!失敗しない選び方も

公正なレビュー獲得・悪質レビュー対策はお任せあれ!

・レビュープログラムを活用した公正なレビュー獲得をサポート!
・独自ツールで悪質なレビューを自動検知・Amazonへ通告

しるし株式会社では、売上アップや集客につながるレビュー管理をサポート!

レビュープログラムへの参加を通じた公正なレビュー獲得に取り組み、ユーザーの購入を後押しするレビューを充実させることができます。

また、悪質なレビューは独自のツールで自動的に察知。レビュー情報をすべて記録しているため、嫌がらせであることを証明でき、Amazonへスムーズに対応を促します

レビュー獲得や悪質レビューの影響に悩んでいる方は、ぜひしるし株式会社へご相談ください!

目次

Amazonで低評価レビューが引き起こす4つの悪影響

Amazonで低評価レビューを放置しておくと、次のような悪影響が起こります。そのため、可能な限りレビューの削除や修正をおすすめします。

  • 商品の検索順位
  • CVR(顧客転換率)
  • カート獲得率
  • アカウント停止

商品の検索順位

Amazonは高評価のレビューや投稿件数の多い商品が検索結果で上位に表示されやすい傾向があります。低評価レビューが多いと、商品の検索結果に悪い影響を及ぼす可能性がある点に注意が必要です。

レビュー対策はAmazonのSEOにも影響しますので、その仕組みを理解しておくことが重要です。

Amazon SEOについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Amazon SEO対策で、モール内集客を最大化!

しるし株式会社では、商品名・商品説明・検索キーワードなどの対策を適切に行い、ECモール内の検索からの集客を最大化いたします。

Amazon SEO対策でお悩みの方は、ぜひ気軽にご相談ください。

CVR(顧客転換率)

低評価レビューはCVR(顧客転換率)を下げる可能性があります。CVRとは、クリックした人数のうち、購入に至った人数の割合です。CVRの低下は、売上に直接的な影響を及ぼします。

低評価のレビューを読んだユーザーは、その商品を購入せずに他の商品を探す可能性が高くなるため、低評価レビューは対策が必要です。

カートボックスの獲得率

低評価のレビューが多い商品は、ユーザーの購入意欲を損ない、結果としてカートボックスの獲得率を下げる可能性があります。

カートボックスの獲得とは、出品している商品をおすすめ商品として掲載させることです。カートボックスを獲得しているとユーザーが「カートに入れる」をクリックした場合、自社からの購入が最初に選択されます

そのため、カートボックスの獲得率が低下することは大きな損失と言えるでしょう。

カートボックスの獲得については、こちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

アカウント停止

Amazonはユーザーの満足度を重視する企業です。そのため、一定以上の低評価レビューが寄せられる出品者に対しては、セラーアカウントを停止するケースもあります。

Amazonがプラットフォームの品質と信頼性を維持するために、常に健全な出品者を求めているためです。特に、「カスタマーサービスのパフォーマンス」「規約の遵守」「出荷パフォーマンス」といった指標を重視していますので、これらには注意しましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonで掲載されたレビューを削除できる条件

原則Amazonで掲載されたレビューは削除できません。しかし、特定の条件を満たした場合に限り、削除が可能です。

削除可能な条件は「商品レビュー(カスタマレビュー)」「ストアレビュー(フィードバック)」によって異なりますので、下記で詳しく解説します。

Amazonのレビューは2種類

Amazonのカスタマーレビューには「商品レビュー(カスタマレビュー)」と「ストアレビュー(フィードバック)」の2種類があり、それぞれ役割が異なります。

商品レビュー(カスタマーレビュー)商品への評価
ストアレビュー(フィードバック)出品者への評価

Amazonのレビューの種類や増やす方法については、以下の記事で詳しくまとめているので、あわせて参考にしてみてください。

商品レビュー(カスタマレビュー)を削除できる条件

Amazonの商品レビュー投稿にはガイドラインが定められており、違反している場合にはレビューの削除が可能です。

以下のような内容を含むレビューは、削除対象となる可能性があります。

  • 不適切な言葉や冒とく的な表現
  • 誹謗中傷
  • 商品情報に対する嘘の記載
  • 攻撃的な言動
  • プライバシーに関わる情報(名前や電話番号など)
  • Amazon以外の外部サイトのリンク

この他にもガイドライン違反とみなされる内容は存在しますが、基本的には上記に該当するようなレビューであれば、削除対象となる可能性が高いです。

詳しい削除対象の内容については、Amazon公式HPコミュニティガイドラインでも確認できます。

ストアレビュー(フィードバック)の削除できる条件

ストアレビュー(フィードバック)は出品者のサービスに対する評価を対象としています。以下のような内容を含むレビューは、削除対象となる可能性が高いです。

  • 不適切あるいは冒とく的な表現を含むもの
  • 個人情報(名前や電話番号等)を公開しているもの
  • 商品についてのみ評価しているもの
  • Amazonの配送代行サービス(FBA)についてのみ評価しているもの
  • Amazon以外の外部サイトへのリンクを含むもの

ストアレビューは基本的に出品者のサービスに対する評価であるため、それ以外の情報や誤った情報を含むレビューは削除対象となる可能性があります

削除できないレビューについて

商品レビューもストアレビューも、投稿から90日以上経過したものは削除依頼ができません。前述した削除対象の内容に該当している場合であっても同様です。

削除対象となる可能性のあるレビューを発見した場合は、早めに削除依頼をする必要があります。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonでレビューの削除を依頼する方法

Amazonのレビュー削除依頼の手順は、「商品レビュー(カスタマレビュー)」に対する依頼と「ストアレビュー(フィードバック」に対する依頼で異なります。

また、削除依頼は以下に示す方法で行い、Amazonのサポートやお問い合わせから直接依頼することは避けてください。正しい手順で依頼しなかった場合、アカウント停止となる可能性があるため、注意が必要です。

商品レビュー(カスタマーレビュー)の削除依頼をする方法

商品レビュー(カスタマーレビュー)の削除依頼をする方法は、以下の2つです。

  • Amazonにレビュー削除の依頼をする
  • ユーザーの不満を解消することでレビュー削除を目指す

Amazonにレビュー削除の依頼をする

Amazonに直接レビュー削除を依頼する方法は、下記の手順で行います。

ただし、すべての削除依頼が承認されるわけではなく、最終的な判断はAmazonに委ねられることを理解しておきましょう。

具体的な方法は、以下の通りです。

  1. セラーセントラルにログインし、「ヘルプ」を選択します。
  2. 「さらにサポートが必要ですか?」の項目の「サポートを受ける」をクリックします。
  3. 「Amazon出品サービス」をクリックします。」または、「メニューで問題を閲覧する」をクリックします。
  4. 左下の「私の問題は掲載されていません」をクリックします。
  5. 入力欄に削除を依頼するレビューの詳細と、その理由を入力します。
  6. 「次へ」「アソシエイトに連絡をする」の順にクリックし、電話もしくはメールにて対応します。

ユーザーの不満を解消することでレビュー削除を目指す

商品レビューの削除方法として、ユーザーの不満を解消し、結果としてレビューの削除を促す手法もあります。

直接ユーザーに削除を依頼するのではなく、Amazonセラーセントラルから「全額返金」または「カスタマーサポート」の対応により問題を解決し、レビューの改善を期待する方法です。

「全額返金」と「カスタマーサポート」の違いは、以下の通りです。

全額返金全額返金を提案し、解決して低評価レビュー解消を期待する
カスタマーサポート不満や問題を聴取し、解決して低評価レビュー解消を期待する

どちらを選択してもセラーセントラルの機能を通じて購入者に連絡できますが、送信内容は定型文に限られています。ユーザーに直接削除を依頼する行為は禁止されているため、注意が必要です。

具体的な手順は、以下の通りです。

  1. セラーセントラルにログインし、「ブランド」から「カスタマーレビュー」を選択します。
  2. 一覧からレビューを選択し、「購入者に連絡」をクリックします。
  3. 「全額返金」「カスタマーサポート」のいずれかを選択します。

ストアレビュー(フィードバック)の削除依頼をする方法

ストアレビュー(フィードバック)の削除依頼は、Amazonの運営に直接依頼する形となります。

具体的な方法は、以下の通りです。

  1. セラーセントラルにログインし、メニューの「パフォーマンス」から「評価管理」を選択します。
  2. 評価一覧が表示されますので、「最近の評価」の項目で削除を希望する評価のアクションタブから「削除を依頼」を選択します。
広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonのストアレビュー(フィードバック)で低評価レビューを削除できない場合の対応策

Amazonは出品者の評価レビューに対してのみ、出品者から返答できるようになっています。Amazonのストアレビュー(フィードバック)で低評価レビューを削除できない場合は、各レビューに対して直接コメントすることで、出品者側の誠意を伝えることが可能です。

ただし、返答内容は一般のユーザーにも公開されます。感情的な返答は逆効果となる可能性があるので避けましょう。公平かつ誠実な対応が、ショップの印象に大きく影響します。

ストアレビュー(フィードバック)のレビューに返答する具体的な手順は、以下の通りです。

  1. セラーセントラルにログインし、メニューの「パフォーマンス」から「評価管理」を選択します。評価一覧が表示されますので、「最近の評価」の項目で該当する評価のアクションタブから「公開の返信を投稿」を選択します。
  2. コメント欄に購入者へのメッセージを入力します。
  3. メッセージ内容を確認し、「送信」をクリックします。
  4. 入力したメッセージが公開されます。

レビューに返信したコメントは削除可能ですが、後から編集はできません。

また、コメントは一度削除すると再投稿できないため、投稿前にはコメント内容を慎重に検討しましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonのレビュー対策に強い運用代行・コンサルティングはこちら!

Amazonでは、公正なレビューを獲得することで商品を購入してもらえるチャンスを広げられますが、レビューの充実には時間と手間がかかります。

商品そのものの魅力・見せ方、レビューリクエストやAmazon Vineといった機能など、対策には知識とスキルが求められるため、ノウハウやリソースが不足している場合には難易度が高くなるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、Amazonの運用代行・コンサルティングです。レビュー獲得や商品ページの最適化などのノウハウをもち、公正なレビュー獲得によるCVR向上やAmazon SEOへのよい影響などを期待できます

以下の記事では、レビュー対策をはじめとした運用代行・コンサルティングを提供している会社をまとめているので、運用代行・コンサルティングの検討で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazon運用代行・カスタマレビュー対策は「しるし株式会社」へ

しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ月額売上に応じた完全成果報酬
※ほかの料金体系も相談可能
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Qoo10
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①インターネット広告・ブランド価値経営の専門家などのスペシャリストがバックアップ/
インターネット広告・ブランド価値経営の専門家をはじめとしたスペシャリストがバックアップ
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②元Amazon社員や薬機法管理者などが在籍し、少数精鋭チームで売上・粗利アップをサポート/
・広告運用やクリエイティブ作成、転売対策など、各領域のプロフェッショナルがチーム体制で支援
・美容商材のリーダーブランドをはじめとした、幅広いジャンル・カテゴリーの実績・ノウハウが豊富

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

しるし株式会社は、ブランド戦略に基づいたEC運用・データ分析を強みとする運用代行会社です。

コンテンツをAmazonに最適化し、「ユーザーに十分な情報を提供すること」「売れる商品ページを作成すること」に重点を置くことで、顧客にブランドの付加価値を適切に届ける施策を得意としています。

Amazon運用における各業務を専任のスペシャリストが担当。特許取得の独自開発ツールを活用した運用効率や質の高いサービスを提供することで、ワンストップ型運用支援による飛躍的な売上・粗利UPを実現。加えて転売対策によるブランド体験の改善も強みです。

実績も、運用するアカウントの平均売上は業界トップクラスで、クライアントの要望に沿ったサポートによって売上成長を実現しています。

プラットフォームのパフォーマンスを最大限に引き出すことで、顧客、ブランドとの持続的で良好な関係性を築くことが可能です。

しるしの強み① 広告運用やブランド価値に精通するスペシャリストが強力バックアップ

インターネット広告のプロやブランド価値の専門家をはじめとした、各分野のスペシャリストが顧問・アドバイザーとして、しるしの成長を強力にバックアップ!

スペシャリストがもつインターネット広告、ブランド構築などのノウハウをしるしに還元し、お客さまのブランドのポテンシャルを高めたり、集客や広告などの課題を解決したりすることで、売上アップを実現します。

また、しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

しるしを支えるスペシャリストとAmazonとのパートナーシップをお客さまの課題解決に最大限に活用し、専門性の高いサポートで商品・ブランドがもつポテンシャルを引き出し、ショップの成長を実現いたします。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

EC・ネットショップの運営代行やコンサルティングでは、ひとりの担当者が運用する体制が多いですが、しるしでは、元Amazon社員や大手広告代理店、メーカー出身者などが在籍し、各領域のプロで結成されたグロースチームによるチーム体制で支援させていただきます。

Amazon 運用代行 コンサルティング チーム

広告運用、クリエイティブ作成、SEO対策、ページ改善、レビュー管理、転売対策など、Amazon運用に精通したプロが在籍し、お客さまの課題にあわせて精度の高い施策をチームで実施できるのが強みです。

チームサポートのもうひとつの特徴は、少数精鋭であること。各分野のプロフェッショナルがスキルを最大限に発揮し集中的にサポートするため、最短で売上・粗利アップを実現いたします。

Amazon 運用代行 コンサルティング

これまでご支援させていただいた中で、ご支援開始から1年で売上2~50倍以上を実現しています。

美容商材をはじめとした幅広いジャンル・カテゴリーの実績がありますので、事例に興味がある際は気軽にお問い合わせください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon 運用代行 コンサルティング 転売検知システム
Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

Amazon 運用代行 コンサルティング 正規価格

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

Amazon 運用代行 コンサルティング レポート

しるし株式会社では、Amazon運用を丸投げいただける「フル運用代行」以外にも、広告運用や転売対策など抱えている課題に特化したプランもご提案可能です。

無料で改善余地や売上のポテンシャルを診断する「無料診断」も実施しているため、集客や転売対策など、AmazonをはじめとしたEC運用でお悩みの方は、まずは気軽にご相談ください。

広告運用の基礎知識から戦略までまるわかり!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント

Amazonでは、Amazon内・Amazon外に配信できる広告サービスを提供しており、自社商品の露出を高めるためには活用が欠かせません。

ただ、広告メニューは複数あり、ターゲティング設定や予算設定などに知識が求められるため、うまく活用できていない方も多いのではないでしょうか。

広告運用に悩んでいる出品者の方、『Amazon広告完全ガイド』を読めば大丈夫!

しるし株式会社では、Amazon広告メニュー別の運用ポイントや広告費の使い方、戦略などが詰まった『Amazon広告完全ガイドをプレゼントしております。

この資料を読むだけで、Amazon広告運用の基礎から戦略立案まで、すべて網羅できる内容となっております。

『Amazon広告完全ガイド』に興味がある方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

まとめ:Amazonの低評価レビューは放置せず削除依頼しよう

Amazonのカスタマーレビューには「商品レビュー(カスタマーレビュー)」と「ストアレビュー(フィードバック)」の2種類が存在し、それぞれ低評価レビューを削除できる条件、削除方法が異なります。

いずれもレビュー投稿においても、Amazonのガイドラインに違反するレビューが投稿された場合、削除の対象となる可能性が高いです。

商品レビューを削除するには、主に2つのアプローチがあります。

  • Amazonにレビュー削除の依頼をする
  • ユーザーの不満を解消することでレビュー削除を目指す

ストアレビューのレビューを削除するためには、Amazonの運営に直接依頼する必要があります。

また、Amazonは出品者の評価レビューに対してのみ、出品者側からの返答が可能です。もし低評価レビューが削除できない場合は、各レビューに対して直接返答することを試してみてください。

もし、自社での取り組みが難しいと感じたら、ぜひ「しるし株式会社」へご相談ください。

豊富な経験と専門知識を活かして、カスタマーレビューをはじめとするAmazon戦略・運用を全面的にサポートいたします。

公正なレビュー獲得・悪質レビュー対策はお任せあれ!

・レビュープログラムを活用した公正なレビュー獲得をサポート!
・独自ツールで悪質なレビューを自動検知・Amazonへ通告

しるし株式会社では、売上アップや集客につながるレビュー管理をサポート!

レビュープログラムへの参加を通じた公正なレビュー獲得に取り組み、ユーザーの購入を後押しするレビューを充実させることができます。

また、悪質なレビューは独自のツールで自動的に察知。レビュー情報をすべて記録しているため、嫌がらせであることを証明でき、Amazonへスムーズに対応を促します

レビュー獲得や悪質レビューの影響に悩んでいる方は、ぜひしるし株式会社へご相談ください!

Amazonの売上を引き上げるAmazon広告の運用方法を解説した資料です。

本資料を読めば「Amazon広告って何?」の状態から「Amazonの売上を引き上げる広告運用ができる」状態になれます。

・Amazon広告を始めたい方
・ECの担当の方
・Amazon広告の運用に苦戦されている方

は、本資料をチェックしてみてください!

資料内容
・Amazon広告のメニュー
・検索面と商品ページ
・攻めと守りの考え方
・広告費をどれだけ使うか?
・3つの基本戦略(運用モデル)

▼ スライドサンプル

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BRAND NOTEでは、Amazon運用事業のメンバーが最先端のノウハウと豊富な事例を基に、Amazonに関する記事を掲載していきます。

目次