カテゴリー
【成果報酬型】Amazon運用代行8社を徹底比較 詳細を見る

楽天RMSとは?機能・メリット・注意点・ログインできないときの対処法まで解説

楽天RMSとは?機能・メリット・注意点・ログインできないときの対処法まで解説
楽天RMSとは?機能・メリット・注意点・ログインできないときの対処法まで解説

楽天市場を運用するうえで、店舗運営システムである楽天RMS(Rakuten Merchant Server)を必ず利用することになります。楽天RMSでできることや特徴などを知ることは、スムーズな店舗運営に欠かせません。本記事では、楽天RMSの機能や特徴、注意点などを詳しく解説します。

楽天市場の売上アップや広告運用、転売対策などに悩んでいる方には、運用代行やコンサルティングの活用がおすすめです。ノウハウやリソースが不足していても、ECのプロによる代行やコンサルで、売上拡大を目指しやすくなります。

以下の記事では、楽天市場に精通した運用代行会社やコンサルティング会社を徹底比較していますので、依頼先の検討にぜひお役立てください!

楽天市場の運用代行おすすめ10選|サービスの選び方や費用、注意点も解説
【徹底比較】楽天市場のコンサルティング会社おすすめ15選!成果の出やすい選び方

各分野のプロフェッショナルが楽天運用をトータルサポート!

▼特徴

  • EC運用のスペシャリストがチーム体制で、ブランドのポテンシャルを引き上げ
  • 戦略立案からSEO対策、転売対策など幅広いサポートメニューを提供
  • 無理なく運用代行をご利用いただける、予算や目的に合ったプランをご用意

しるし株式会社では、楽天市場をはじめとしたECのスペシャリストが在籍し、チーム体制でお客様の運用をサポートしております。

商品ページやクリエイティブなど各分野のプロがサポートを担当し、お客様の課題にあわせて、クリエイティブ制作や転売対策、SEOなどの施策によってブランドのポテンシャルを引き上げるのが強みです。

楽天運用のプランは、通常のコンサルティングに加えて、完全伴走型の「セカンドオピニオン」ポテンシャルを診断させていただく「無料診断」をご用意。予算や目的に合わせて、無理のない運用代行プランをご検討いただけます。

「楽天市場の売り上げが伸びない」「広告運用やSEO対策の正解がわからない」など楽天運用にお悩みの方は、気軽なご質問からでも構いませんので、ぜひご相談ください。

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

目次

楽天RMSとは

RMSとは「Rakuten Merchant Server」の略で、楽天市場における店舗運営システムのことを指します。Amazonにおけるセラーセントラルやベンダーセントラルに相当するシステムで、店舗運営において欠かせないシステムです。

楽天RMSには、店舗構築や受注管理など店舗運営に必要な機能が統合されており、楽天RMSにログインすれば一通りの運営業務を行うことができます。

参照:RMS(店舗運営システム)|Rakuten 出店案内

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天RMSでできること・機能4つ

楽天RMSの主な機能は、以下の4つです。

  • 店舗構築(R-Storefront)
  • 受注管理(R-Backoffice)
  • メール配信(R-Mail)
  • データ分析(R-Karte)

上記の機能以外の便利な機能をさらに紹介していきますので、楽天RMSでどのようなことができるかをより深く理解していきましょう。

店舗構築(R-Storefront)

店舗構築(R-Storefront)とは、ショップページのレイアウトや商品の配置などを行える機能です。

楽天市場の店舗ページは、3つの階層で構成されており、店舗構築(R-Storefront)では各階層の設定ができます。

  • 第1階層:トップページ
  • 第2階層:カテゴリページ
  • 第3階層:商品ページ

パソコン版の店舗を構築すると、自動的にスマートフォン版のページにも設定が反映されます。別途スマートフォン版を制作する手間がなく、スマートフォンを利用しているお客さまに向けた店舗を構築できるのが魅力です。

参照:店舗構築・ページ制作(R-Storefront)|Rakuten 出店案内

受注管理(R-Backoffice)

受注管理(R-Backoffice)では、お客さまからの注文を管理できます。注文を一目で把握できるだけではなく、作業別に絞り込めるため、ステータスにあわせた処理が可能です。

複数の注文に対する一括メール送信で対応の効率を高めたり、各種サービスとの連携でバックオフィス業務を快適にしたりできます。

有料の「BOSS(RMS自動プラン)」を利用すれば、受注管理(R-Backoffice)の処理の自動化も可能です。より効率的な受注管理を実現したい方は、利用を検討してみてください。

参照:受注・決済管理 (R-Backoffice)|Rakuten 出店案内

メール配信(R-Mail)

メール配信(R-Mail)は、お客さまとメールでコミュニケーションをとれる機能です。お役立ち情報の配信、新商品の案内、セールス情報の告知など、さまざまな情報発信に活用できます

楽天メルマガについては以下の記事で詳しく解説しているため、集客にメールマガジンを活用したい方はぜひチェックしてください。

参照:メール配信(R-Mail)|Rakuten 出店案内

データ分析(R-Karte)

データ分析(R-Karte)とは、店舗運営のデータを分析できるツールです。楽天市場におけるアクセス人数や転換率、客単価などのデータを取得し、改善に役立てられます。

データ分析(R-Karte)を最大限に活用できるように、楽天市場では店舗運営NaviやRUx(動画講座)などのサポートを実施しているため、参考にしてみましょう。

参照:データ分析(R-Karte)|Rakuten 出店案内

その他便利機能

楽天RMSでは、4つの主要機能だけではなく、便利な機能が多くあります。主な便利機能は、以下の通りです。

機能特徴
画像登録管理機能HTMLメールや商品ページで使用する画像を登録・管理できる
動画登録管理機能動画をアップロード・管理できる
CSVデータダウンロードサービス伝票や納品書などのデータをダウンロードできる
RMS商品一括登録サービスCSVファイルで商品を一括登録・削除・編集できる
参照:RMS(店舗運営システム)|Rakuten 出店案内

各種機能を活用して、効率的な店舗運営を実現しましょう。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天RMSの特徴・メリット3つ

楽天RMSは店舗構築からデータ分析までできることはもちろん、以下のような特徴・メリットがあります。

  • 使い方かんたんで直感的な操作性
  • パソコン・スマホ両方で利用可能
  • コールセンターによる充実のサポート

楽天RMSの特徴を理解したうえで、最大限に活用しましょう。

使い方かんたんで直感的な操作性

楽天RMSは多機能な店舗運営システムですが、使い方は簡単です。確認したい項目や設定をクリックするだけのシンプルな操作性であるため、はじめての方でも扱いやすく設計されています

楽天RMS内で、各種機能の使い方を紹介してくれるため、すぐに利用方法がわかるでしょう。

パソコン・スマホ両方で利用可能

楽天RMSは、パソコンやスマートフォンなどからブラウザで利用するのが基本です。

専用のアプリやソフトウェアなどを用意する必要はなく、普段使用しているデバイスからログインできるのが特徴です。

また、楽天RMSはアプリでもログイン・利用できます。ブラウザでの利用よりもアプリを使いたい方は、下記からぜひダウンロードしてみてください。

楽天RMS|GooglePlay
楽天RMS|AppStore

自宅やオフィスではパソコン、外出先ではスマホやタブレットといったように、シーンにあわせてデバイスを使い分けることもできます。外出先でRMSを操作する場合に、紛失や情報漏洩などに十分注意しましょう。

コールセンターによる充実のサポート

楽天RMSを誰でも使いこなせるように、コールセンターによるサポート体制を整えています。

コールセンターの受付時間以外でも、RMSを使う中で生まれた疑問や悩みを電話やチャットボットで相談できるため、はじめての方でも安心です。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天RMSのAPI連携で実現できること4つ

楽天RMSでは、基本的な機能だけでも便利ですが、外部のシステムとAPI連携を行うことによってさらにできることが多くなります。

楽天RMSのAPI連携で実現できることは、以下の4つです。

  • 自動在庫管理
  • マルチチャネル販売
  • データ収集・分析
  • 各種システム・ツールの拡張

必要に応じてAPIを活用し、円滑なショップ運営を実現しましょう。

自動在庫管理

楽天RMSと物流システムを連携すると、在庫管理を自動化できます。受発注との連動で在庫状況をリアルタイムで把握できるため、在庫切れのリスクを抑えられるのが特徴です。

また、在庫の把握によって、過剰在庫による管理コストの対策にもつながります。機会損失やコスト増などを防ぎたい方は、物流システムとのAPI連携を利用しましょう。

マルチチャネル販売

楽天市場以外にも、AmazonやYahoo!ショッピングなどのECモール、自社ECサイトでも商品を販売している場合は、API連携でデータを共有するのがおすすめです。

商品情報や価格などを楽天RMSで一元管理でき、各モールのデータ管理によって販売戦略の強化や運営業務の効率化などを実現できます

データ収集・分析

データ分析(R-Karte)も利用できますが、より詳細な分析を実施したい場合は、分析システムとのAPI連携が便利です。

各種データを統合し、より精度の高い分析を実施することで、現状把握や課題発見がしやすくなります。

各種システム・ツールの拡張

楽天RMS自体のカスタマイズはできませんが、各種システム・ツールとの連携によって、機能を拡張できます。

CRM(顧客関係管理)ツールやメールマーケティングツールなど、必要な機能を備えたシステム・ツールとの連携を検討しましょう

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天RMSを利用するうえでの注意点4つ

楽天RMSは、豊富な機能と使いやすさが魅力ですが、以下の4点には注意が必要です。

  • 店舗の立ち上げや運用に慣れるまでに時間がかかる
  • 利用するために費用がかかる
  • 複数店舗の管理には労力が必要になる
  • 自由なカスタマイズはできない

楽天RMSを利用するための費用や労力などの注意点を理解したうえで、楽天RMSを活用しましょう。

店舗の立ち上げや運用に慣れるまでに時間がかかる

楽天RMSは、直感的な操作で扱えるものの、店舗の立ち上げや運用に慣れるまでには時間がかかります。

さまざまな機能がある分、はじめて利用する際は使い方に悩む場合もあります。楽天市場のサポートを活用しながら、徐々にノウハウを習得し、使いこなせる状態を目指しましょう

利用するために費用がかかる

楽天RMSを利用するためには、プランに応じたシステム利用料が毎月発生します。プラン別のシステム利用料は、以下の通りです。

がんばれ!プランスタンダードプランメガショッププラン
システム利用料(パソコン)13,000円8,000円8,000円
システム利用料(モバイル)21,000円13,500円13,500円
引用:プラン・費用|Rakuten 出店案内

あまり機能を使いこなせなかったり、初期段階で売上をコストが上回ったりする場合には、費用対効果が低くなります。機能をフル活用しながら売上を高め、費用対効果を高められるようにしましょう

複数店舗の管理には労力が必要になる

楽天RMS上で複数の店舗を管理する際は、店舗ごとに管理する労力がかかります。各店舗の在庫やプロモーションなどを管理するのは簡単ではなく、手が回らず、どの店舗も中途半端な運営になることもあるでしょう。

楽天RMSで複数の店舗を管理したい場合は、店舗ごとの担当者を設置するのがおすすめです。担当の店舗に注力できる体制を整えたうえで、店舗管理に楽天RMSを活用しましょう。

自由なカスタマイズはできない

楽天RMSは、API連携による機能の拡張はできますが、独自の機能の実装や大幅な改修などはできません。

自社の商材やビジネスモデルなどに特化したシステム構築はできないため、楽天RMSでできる範囲で運営する必要があります。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天RMSにログインできない場合の原因と対処法

楽天RMSにログインできない場合には、以下の原因が考えられます。

  • パスワードを間違えている
  • 古いパスワードを入力している
  • 複数回ログインに失敗し、アカウントがロックされている

パスワードを間違えたり忘れたりしている場合には、パスワードを再設定して再度ログインしましょう。

複数回ログインに失敗すると、アカウントがロックされ、正しいパスワードを入力してもログインできなくなります。ロックから30分後に解除されるため、時間を空けてログインを試みましょう

ログインできない場合、画面にエラーメッセージが表示されます。メッセージに沿った対応で改善できるケースがほとんどですが、それでもログインできない場合には楽天市場へ問い合わせをするとよいでしょう。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天RMSは利用前に体験できる

楽天市場では、楽天RMSを本格的に利用する前に、一連の流れがわかるデモ画面を確認できます。

実際の画面を確認しながら、商品のカテゴリ登録や個別登録などを体験できるため、楽天RMS活用のイメージが湧くでしょう。

楽天RMSでの店舗構築の流れを体験したい方は、以下のページを確認してみてください。

RMSを体験する|Rakuten 出店案内

楽天RMS運用を支援する「RMSサービススクエア」

楽天RMSの運用に不安がある方は、店舗運営支援サービス「RMSサービススクエア」を利用するとよいでしょう。

RMSサービススクエアでは、運営支援サービスや便利な制作支援ツールなどが紹介されています。ページ制作の外注も受けつけているため、プロへの依頼が可能です。

楽天RMSでの店舗構築に行き詰ったときは、下記のページから「RMSサービススクエア」をチェックしてみてください。

RMSサービススクエア|Rakuten 出店案内

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天RMSの活用に迷ったら「しるし株式会社」の運用代行・コンサルティング!

楽天市場 運用代行 運営代行 しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
料金タイプ完全成果報酬
対応領域・楽天市場
・Amazon
・Qoo10
・Yahoo!ショッピング
サポート内容・戦略施策立案
・TOPページ・商品ページ制作、最適化
・楽天 SEO対策
・広告運用
・データ分析
・効果測定
・CRM施策(メルマガ運用)
・楽天市場社員との窓口など
公式HPhttps://shirushi-bxo.com/

しるし株式会社は、ブランドのグロースパートナーとして、ECモールにおける売上目標設定、戦略立案、実行まで、一気通貫したサービスを提供しており、楽天との連携に特化したLINE運用ツールも開発中。

ひとりのコンサルタントが運用するのではなく、戦略担当やクリエイティブ担当など各領域のプロで結成したチームで運用をサポートしています

SEOや広告運用、商品ページ改善、レビュー管理、アップセル・クロスセル施策、セール対応など、モールの課題に応じた戦略・施策の実行で売上拡大を実現しているのが強みです。

数あるEC運用の代行会社のなかで、なぜしるし株式会社がお選びいただけているのか。しるしの強みを3つ紹介します。

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

しるしの強み① 売上・粗利にコミットする料金形態

しるしは売上にコミットした運用を行うため、料金形態も売上連動型を採用。作業や時間ではなく、成果に連動して料金が決まります。

メーカーさま同じ方向を向いて事業を伸ばすには、ベストな契約形態だと考えています。

しるしの強み② スペシャリストにEC運用をまるっとおまかせで工数削減!

「EC運用をどのくらいできていますか?」と聞かれると、自信を持って答えられない……という担当者さまも多いです。

売上をあげるには、市場、ECモール、商材に合わせた戦略立案が重要。特にECモールにはそれぞれ特色や独自の制度があるため、施策の最適化には骨が折れます。ものづくりをしている会社が、EC運用業務を内製するのは、時間も労力もかかりすぎると感じませんか?

しるしの運用では、各パートのスペシャリストがチームを組み、貴社の商品のポテンシャルが最大限発揮されるよう運用します。1ブランドに対して、アカウント担当や商品ページ担当、デザイナーなどの楽天市場グロースチームを結成し、専門性の高いチームで商品・ブランドがもつポテンシャルを最大限に引き出せるのが強みです。

しるしの強み③ 管理画面では見れない情報が見れる、分析ダッシュボードの作成

楽天市場のRMSでは見ることのできない指標まで分析可能なダッシュボードを作成し、運用を行います。

例えば、「LTVの計測ができない」「次回購入までにかかる期間がわからない」「選択肢ごとの売上の管理ができない」といったRMSにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

まとめ:楽天RMSを駆使して売れるショップ運営を目指そう

楽天RMSは、店舗構築や受注管理など店舗運営に必要な機能を備えたシステムです。運営に関する管理や設定が一通りできるだけではなく、操作性が簡単で使いやすく、運用サポートも充実しています。

API連携を活用すると、さらに機能が拡張され、在庫管理やマルチチャネル販売なども実現可能です。楽天RMSを使いこなすことが店舗運営のスタートであるため、機能や特徴を押さえて、最大限に活用できるようにしましょう。

各分野のプロフェッショナルが楽天運用をトータルサポート!

▼特徴

  • EC運用のスペシャリストがチーム体制で、ブランドのポテンシャルを引き上げ
  • 戦略立案からSEO対策、転売対策など幅広いサポートメニューを提供
  • 無理なく運用代行をご利用いただける、予算や目的に合ったプランをご用意

しるし株式会社では、楽天市場をはじめとしたECのスペシャリストが在籍し、チーム体制でお客様の運用をサポートしております。

商品ページやクリエイティブなど各分野のプロがサポートを担当し、お客様の課題にあわせて、クリエイティブ制作や転売対策、SEOなどの施策によってブランドのポテンシャルを引き上げるのが強みです。

楽天運用のプランは、通常のコンサルティングに加えて、完全伴走型の「セカンドオピニオン」ポテンシャルを診断させていただく「無料診断」をご用意。予算や目的に合わせて、無理のない運用代行プランをご検討いただけます。

「楽天市場の売り上げが伸びない」「広告運用やSEO対策の正解がわからない」など楽天運用にお悩みの方は、気軽なご質問からでも構いませんので、ぜひご相談ください。

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BRAND NOTEでは、Amazon運用事業のメンバーが最先端のノウハウと豊富な事例を基に、Amazonに関する記事を掲載していきます。

目次