カテゴリー
【8/6(火)】2024年版 「モールEC」売上アップ徹底攻略セミナー開催! 詳細を見る

Amazonで悪質な転売出品を通報する3つのやり方|リスクも解説

Amazonで悪質な転売出品を通報する3つのやり方|リスクも解説

Amazonで商品を販売していると、転売ヤーの出品によりメーカー売上の喪失や商品の値崩れが起こることがあります。基本的に転売自体は違法行為ではないため、取り締まることが難しいのが現状です。転売ヤーをAmazonへ通報する方法は複数あり誰でもできますが、実は通報側にもリスクがあることをご存じでしょうか。

ただ場当たり的に通報しただけでは、トラブルになったり、法的なリスクを抱えることもあるので、通報をする前に正しい知識と対策を知るようにしましょう。

Amazonの売上アップや広告運用、転売対策などに悩んでいる方には、運用代行やコンサルティングの活用がおすすめです。ノウハウやリソースが不足していても、ECのプロによる代行やコンサルで、売上拡大を目指しやすくなります。

以下の記事では、Amazonに精通した運用代行会社やコンサルティング会社を徹底比較していますので、依頼先の検討にぜひお役立てください!

【成果報酬型】Amazon運用代行のおすすめ8選!費用と失敗しない選び方
【徹底比較】Amazonコンサルティングおすすめ25選!失敗しない選び方も

特許取得「転売検知システム」で転売対策!

▼特徴

  • 自社開発の「転売検知システム」は特許取得
  • 毎日30分ごとにすべてのASIN(商品)の転売を検知
  • 即時対応できるように、シフト体制で24時間モニタリング

しるし株式会社では、「転売検知システム」を独自開発し、特許を取得!

クライアント様の全商品(ASIN)の転売を30分ごとに自動でパトロールし、転売を逃さず検知します。

検知するだけではなく、即時対応できるように24時間体制のシフトを整え、即時対応しているのが強みです。

独自の転売対策によりブランドのポテンシャルを最大限に引き出しますので、転売による値崩れや低評価などの課題が生じている出品者の方は、ぜひ以下のフォームから気軽にご相談ください!

目次

Amazonでは通報側にもリスクが発生する

Amazonで転売を確認した場合、通報を検討する方が多いですが、通報側にもリスクがある点に注意しなくてはいけません。

ここでは、2つのリスクを解説します。

  • 取引先とのトラブルに発展するリスク
  • 転売屋とのトラブルに発展するリスク

取引先とのトラブルに発展するリスク

メーカーが、転売ヤー(以下、転売屋)と間違えて、正規の商流である卸先や小売店をAmazonへ通報してしまうと、メーカーとして大切な取引先とのトラブルに発展してしまうことがあります

メーカー側で、正規の流通を正確に把握できている場合は問題ありませんが、一次卸、二次卸、三次卸、複数の小売店など、全体を把握できてない場合は通報する前に出品者が悪質な転売屋なのかを見極める必要があります。

悪質な転売屋の主な特徴・見分け方は、以下のとおりです。

  • 商品や販売元の口コミに悪評が多い
  • 希望小売価格よりも高額な価格を設定している

商品や販売元の口コミに悪評が多い

購入者の口コミは商品や販売元の評価を知る上で重要なポイントです。悪質転売の商品の場合、口コミに「高額転売」「転売ヤー出品」「無在庫販売」という言葉が記載されている場合があります。

また、商品の品質や出荷速度、アフターサポートなどに関する悪評が多い場合も、悪質な転売の可能性が高いと考えられます。複数のユーザーから類似の投稿が寄せられている場合は、疑う必要があるでしょう。

希望小売価格よりも高額な価格を設定している

悪質な転売出品者は、一般的な市場価格や希望小売価格よりも高額な価格を設定することが多いです。メーカーの希望小売価格を大幅に超える価格で販売されている商品は、転売を疑いましょう

特に、商品価格が1.5〜2倍以上に設定されている場合は、転売出品の可能性が高いです。ただし、Amazonの出品には手数料がかかるため、手数料を考慮した価格設定がされている場合もあります。

そのため、価格だけを見て判断するのではなく、他の要因も考慮し総合的に判断しましょう。

「Keepa」などのAmazon分析ツールについては、こちらの記事で詳しくまとめています。あわせて参考にしてください。

卸先の多いメーカーが転売対策を行う場合、毎回全ての出品者を調べるには、時間や労力がかかります。本格的な転売対策を検討している場合は、卸先との契約内容最適化や在庫流出箇所の特定などのチャネルマネジメントが必要でしょう。

転売屋とのトラブルに発展するリスク

悪質な転売屋が人気商品を買い占めて価格を釣り上げたり、反対に、公式価格より安く販売して値崩れを起こしたりして、お客さまにもメーカーにも迷惑がかかっているのが現状。違法にあたる転売もありますが、基本的に転売自体は違法ではありません。

違法行為にあたらないことを自覚している転売屋は、メーカーからの通報に対して無視をしたり、強気な態度をとることがほとんどです。最悪の場合は、逆上して嫌がらせをされるなどのトラブルに発展することもあります。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonで転売を通報するやり方

メーカーが転売屋を通報する手段はいくつかありますが、出品されている転売品がどのようなAmazonの規約に違反しているかによって通報のやり方を変える必要があります。

具体的なケースごとに通報の方法を見ていきましょう。

  • 高額転売に対する通報
  • 無在庫転売(商品在庫がないまま販売すること)に対する通報
  • 知的財産権の侵害を申告
  • 転売者に直接連絡
  • Amazonのコンディションガイドライン違反に対する通報

高額転売に対する通報

安く仕入れた商品や品薄になっている商品を定価を大幅に上回る値段で販売するのが高額転売です。ゲーム機やコンサートチケットが高額転売される代表的な例ですが、すぐに売り切れてしまう数量限定の化粧品などにも多く見られます。

高額転売は「Amazonマーケットプレイスにおける適正な価格設定に関するポリシー」に違反しており、商品ページの「不正確な製品情報を報告」から通報が可能です。

適切なカテゴリー「価格に問題がある」を選択後に具体的な通報理由を入力します。入力する内容としては「メーカーの希望小売価格〇〇円の商品が〇〇円で販売されており、Amazonストアにおける適正な価格設定に関するポリシーに違反しています。」などと記入すれば大丈夫です。最後に送信ボタンをクリックすると、通報は完了です。

商品ページ内からの通報で回答がない場合は、カスタマーサービスやセラーサポートからも同様の内容で問い合わせましょう。

カスタマーサービスへの通報方法

Amazonで商品を購入している場合は、カスタマーサービスへの通報が可能です。Amazonアカウントにログインし、画面上部の「アカウント&リスト」から「カスタマーサービス」を選択します。

次に、「カスタマーサービス」をクリックしてください。

すると、Amazonで最近注文をした商品履歴が表示されますので、その中から該当する商品を選択します。

続いて、「商品に問題があった」を選択し、「カスタマーサービスへ連絡」をクリックしてください。その後、「電話」もしくは「チャット」いずれかの連絡方法を選択して問い合わせが可能です。

もし、注文した商品以外の問題についてカスタマーサービスに連絡したい場合は、「各種サービス」を選び、「サイトの不具合」を選択してから、カスタマーサービスに問い合わせてください。

セラーサポートへの通報方法

Amazonセラーセントラルにログインした状態で、画面左上の三本線(メニュー)から「パフォーマンス」→「アカウント健全性」とクリックします。

続いて、「不正または違反を報告」のリンクをクリックし、問題の詳細に合わせて適切なカテゴリーを選び、必要情報を入力してください。

すべての情報を入力し「送信」ボタンをクリックすれば、Amazonセラーセントラルからの通報は完了です。

無在庫転売(商品在庫がないまま販売すること)に対する通報

手元に在庫がない状態で出品し購入された後に商品を仕入れる仕組みを無在庫転売と言います。無在庫転売の疑いがある場合、確認のために一度テスト的に商品を購入してみましょう。

購入者が商品を受け取ったときに出品者の情報を確認できない場合や出品者以外の情報が記入されている場合、購入者からの返品を受け付けない場合は、Amazonの「ドロップシッピングポリシー」に違反しているためカスタマーサービスから通報が可能です。

商品名と商品ページURLと合わせて、ドロップシッピングポリシーに違反していることを記載します。「出品者情報が確認できない」「返品に応じない」など具体的にどのようなポリシー違反があったのかも合わせて伝えるようにしましょう。

知的財産権の侵害を申告する

Amazonには「知的財産権の侵害に関する報告フォーム」があり、Amazon内で知的財産権を侵害されたと思われる場合、ここから申告ができます。

ただし、「知的財産権の侵害に関する報告フォーム」は転売屋の通報フォームではありません。そもそもAmazonは転売を規約違反としていないので、ただ「転売屋である」という理由で通報してしまうと、虚偽の申告や営業妨害と見做され、後から訴訟やトラブルに発展したり、Amazon Brand registry登録から削除される恐れもあります。

知的財産権の侵害を主張するのなら、Amazonのガイドライン違反や法律違反などの証拠を集め、知的財産権の侵害フォームから報告するのが妥当であるとAmazonに認めてもらえるような、リスクのない申告文を作成する必要があります

しるしの転売対策では、現在発生している転売が知的財産権の侵害フォームから申告できるケースなのか、申告文に問題がないかなど、弁護士の法務チェックを受けながら行っています。

転売者に直接連絡をする

転売屋に対して直接連絡することも1つの方法です。

出品している商品の取り下げを依頼することで、転売を抑制することができます。ただし、こうした連絡に応じる転売屋もいますが、悪質な転売屋には応じてもらえなかったり、逆上されてトラブルに発展した事例もあります。

Amazonのガイドライン違反や、不当廉売など転売屋の違法性が明らかな場合は、弁護士からの内容証明を送ることも可能です。

転売屋への直接連絡のメリット・デメリット

  • 示談で転売を防げる可能性がある
  • 転売屋がすぐに話に応じるなら手間が少ない
  • 転売屋に無視されたり、逆上されトラブルになる可能性がある
  • 転売自体は違法行為ではないため、交渉時にメーカー側がリスクのある行為をしないよう気をつけなくてはいけない
  • 弁護士を介すると手間や時間、依頼料がかかる

Amazonのコンディションガイドライン違反に対する通報

Amazonには「新品」として出品する場合の規約がコンディションガイドラインの中に明記されています。コンディションを偽っている出品者は、Amazonの規約に違反しています。

下記の6つのカテゴリーは、新品の出品以外許可されておりません。

  • ビューティー
  • 服&ファッション小物
  • シューズ&バッグ
  • ジュエリー
  • ドラッグストア
  • 食品&飲料
  • 腕時計 

引用:Amazonヘルプページ

カテゴリー毎に「新品」の定義が違いますが、「新品」のコンディションに該当しない転売品は全て規約違反です。Amazonのセラーセントラルには「ガイドラインおよび規約違反の報告」フォームがあり、ここからガイドライン違反を通報することが可能です。

ただ対応を要求するだけでは申請が通らないので、「違反により、どう消費者が困るのか」「プラットフォームとしての健全性がどう損なわれるのか」など、Amazonが対応しやすい情報を整理し伝えることが重要です。100件に1件対応してもらえればいい方かと思いますので、難易度は非常に高いです。

明確なコンディションガイドライン違反があっても、ほとんどの場合は、転売屋に直接連絡したり、複数の方法を併用することになります。

【「Amazonのコンディションガイドライン違反として報告」でできること・できないこと

  • 明確なガイドライン違反として通報できる
  • 中古販売が許可されているカテゴリでは違反申告できない
  • 新品として出品する条件(未開封・未使用、同梱物が揃っているなど)を満たした転売屋は違反申告できない
  • Amazon公式に対応してもらえるような申告文を作るのは難易度が高い
広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonで転売が違法行為に該当する3つのケース

Amazonでの悪質転売の中には、違法にあたるものが存在します。発見した転売が違法行為にあたる場合は、Amazonへ通報する内容に盛り込むようにしましょう。

  • 無許可での古物の転売は古物営業法違反に該当する場合がある
  • 個人輸入を偽った営利転売は関税法違反に該当する
  • 偽ブランド品の転売は詐欺罪に該当する可能性がある

監修:早稲田リーガルコモンズ法律事務所 村方善幸

無許可での古物の転売は古物営業法違反に該当する場合がある

「古物営業法」に基づき、日本では無許可での古物の営業は禁止されています。違反すると、懲役3年以下または100万円以下の罰金が科される可能性があります。

Amazonにおける転売も例外ではありません。出品者が個人であっても法人であっても継続的に中古品の転売を行う場合、古物営業の許可が必要です。悪質転売者が許可を持っていない場合、Amazonへの通報を検討する価値があります。

ただ、許可の有無を確認するのは困難で、確実に無許可であることを証明できる場合のみ対応を考えるのがよいでしょう。自社サイトを使った転売はURLの届け出が必要であり、古物商URL届け出一覧で確認できますが、許可を有する業者すべてが掲載されるわけではない点に注意が必要です。

個人輸入を偽った営利転売は関税法違反に該当

日本の関税法は、海外から商品を輸入する際のルールを定めています。商品を個人の利用目的で輸入する場合、一部の例外を除き、本体価格が1万6666円以下であれば関税は免除されますが、営利を目的とした輸入の場合、1万円を超える商品には関税が課せられます。

しかし、Amazonでの取引において、関税が課されるのを免れるために、個人利用目的と称して商品を輸入し転売するという行為が確認されているようです。

このような行為は、「関税ほ脱行為」として、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方が科せられる可能性があります。

また、輸入に必要な申告において、虚偽の申告をした場合などは、関税法上の「虚偽申告」として関税法違反とみなされ、最大で5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはその両方が科せられる可能性があります。

そのため、あからさまに偽物と判断できる商品を見つけた際には、後述する商標法違反のみならず、輸入時の虚偽申告として関税法違反の可能性も考慮して通報を検討してもよいでしょう。

偽ブランド品の転売は詐欺罪に該当する可能性がある

日本の法律において、偽物を本物と偽って販売する行為は「商標法違反」「詐欺罪」として処罰の対象となります。

商標法違反の被害者は偽物を販売され商標を侵害されたブランド側、詐欺罪の被害者は偽物を本物と信じて購入した消費者です。 そのため偽ブランド品の転売は、一つの事案で商標法違反と詐欺罪の両方にあたる場合があります

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonの転売対策に強い運用代行会社はこちら!

Amazonの転売対策を実施するために、運用代行・コンサルティングの依頼を考えているものの、どこに依頼すればよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。

  • 「転売対策の代行が気になるけど、どの会社を選ぶべきかわからない」
  • 「転売対策の代行を依頼するなら、確かな運用代行会社に依頼して成果を出したい」

上記のように、運用代行・コンサルティングの検討段階で悩んでいる方は、以下の記事がおすすめです。転売対策をはじめとした運用代行サービス・コンサルティングを提供している会社やその選び方を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonの転売対策や運用代行は『しるし株式会社』へ

しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ月額売上に応じた完全成果報酬
※ほかの料金体系も相談可能
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Qoo10
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①インターネット広告・ブランド価値経営の専門家などのスペシャリストがバックアップ/
インターネット広告・ブランド価値経営の専門家をはじめとしたスペシャリストがバックアップ
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②元Amazon社員や薬機法管理者などが在籍し、少数精鋭チームで売上・粗利アップをサポート/
・広告運用やクリエイティブ作成、転売対策など、各領域のプロフェッショナルがチーム体制で支援
・美容商材のリーダーブランドをはじめとした、幅広いジャンル・カテゴリーの実績・ノウハウが豊富

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

しるし株式会社は、ブランド戦略に基づいたEC運用・データ分析を強みとする運用代行会社です。

コンテンツをAmazonに最適化し、「ユーザーに十分な情報を提供すること」「売れる商品ページを作成すること」に重点を置くことで、顧客にブランドの付加価値を適切に届ける施策を得意としています。

Amazon運用における各業務を専任のスペシャリストが担当。特許取得の独自開発ツールを活用した運用効率や質の高いサービスを提供することで、ワンストップ型運用支援による飛躍的な売上・粗利UPを実現。加えて転売対策によるブランド体験の改善も強みです。

実績も、運用するアカウントの平均売上は業界トップクラスで、クライアントの要望に沿ったサポートによって売上成長を実現しています。

プラットフォームのパフォーマンスを最大限に引き出すことで、顧客、ブランドとの持続的で良好な関係性を築くことが可能です。

しるしの強み① 広告運用やブランド価値に精通するスペシャリストが強力バックアップ

インターネット広告のプロやブランド価値の専門家をはじめとした、各分野のスペシャリストが顧問・アドバイザーとして、しるしの成長を強力にバックアップ!

スペシャリストがもつインターネット広告、ブランド構築などのノウハウをしるしに還元し、お客さまのブランドのポテンシャルを高めたり、集客や広告などの課題を解決したりすることで、売上アップを実現します。

また、しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

しるしを支えるスペシャリストとAmazonとのパートナーシップをお客さまの課題解決に最大限に活用し、専門性の高いサポートで商品・ブランドがもつポテンシャルを引き出し、ショップの成長を実現いたします。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

EC・ネットショップの運営代行やコンサルティングでは、ひとりの担当者が運用する体制が多いですが、しるしでは、元Amazon社員や大手広告代理店、メーカー出身者などが在籍し、各領域のプロで結成されたグロースチームによるチーム体制で支援させていただきます。

Amazon 運用代行 コンサルティング チーム

広告運用、クリエイティブ作成、SEO対策、ページ改善、レビュー管理、転売対策など、Amazon運用に精通したプロが在籍し、お客さまの課題にあわせて精度の高い施策をチームで実施できるのが強みです。

チームサポートのもうひとつの特徴は、少数精鋭であること。各分野のプロフェッショナルがスキルを最大限に発揮し集中的にサポートするため、最短で売上・粗利アップを実現いたします。

Amazon 運用代行 コンサルティング

これまでご支援させていただいた中で、ご支援開始から1年で売上2~50倍以上を実現しています。

美容商材をはじめとした幅広いジャンル・カテゴリーの実績がありますので、事例に興味がある際は気軽にお問い合わせください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon 運用代行 コンサルティング 転売検知システム
Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

Amazon 運用代行 コンサルティング 正規価格

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

Amazon 運用代行 コンサルティング レポート

しるし株式会社では、Amazon運用を丸投げいただける「フル運用代行」以外にも、広告運用や転売対策など抱えている課題に特化したプランもご提案可能です。

無料で改善余地や売上のポテンシャルを診断する「無料診断」も実施しているため、集客や転売対策など、AmazonをはじめとしたEC運用でお悩みの方は、まずは気軽にご相談ください。

広告運用の基礎知識から戦略までまるわかり!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント

Amazonでは、Amazon内・Amazon外に配信できる広告サービスを提供しており、自社商品の露出を高めるためには活用が欠かせません。

ただ、広告メニューは複数あり、ターゲティング設定や予算設定などに知識が求められるため、うまく活用できていない方も多いのではないでしょうか。

広告運用に悩んでいる出品者の方、『Amazon広告完全ガイド』を読めば大丈夫!

しるし株式会社では、Amazon広告メニュー別の運用ポイントや広告費の使い方、戦略などが詰まった『Amazon広告完全ガイドをプレゼントしております。

この資料を読むだけで、Amazon広告運用の基礎から戦略立案まで、すべて網羅できる内容となっております。

『Amazon広告完全ガイド』に興味がある方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

【Amazon転売対策事例】goodbody株式会社様|カート獲得率が57%→98%に!

EC運用事例としてインタビューさせていただいたgoodbody株式会社様は、雑誌やテレビ番組などで取り上げられるなど、人気と評判を集める薄毛隠しスプレー「CAX(カックス)」を主力商品として展開する企業です。

しるし株式会社では、「CAX」のEC運用に対して以下のメニューを提供させていただきました。

  • Amazon運用代行:販売戦略、広告運用、転売対策、クリエイティブ改善、在庫管理サポートなど
  • 新商品開発

一時は転売の影響でカート獲得率が57%まで落ちてしまったものの、販売チャネルマネジメントやしるし独自ツールでの転売自動検知などの転売対策を実施したことで、カート獲得率が98%に回復し、ハイシーズンの売上に効果が現れました。

下記のページでは、インタビュー内容を詳しくまとめています。ご依頼いただいた背景やご利用いただいた上での率直なご感想もお話いただいていますので、転売対策でお悩みの方や運用代行をご検討中の方はぜひチェックしてみてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

まとめ:リスクを理解した上で正しい方法で転売を通報しよう

転売屋を通報するときは、通報側のリスクを正しく把握し、どのようなAmazonの規約に違反しているかによって通報のやり方を変えましょう。

悪質な転売は、Amazon内のルールだけでなく、場合によっては法律違反にも該当します。ブランドイメージの低下や売上の減少などショップ運営にも大きな影響を与えるので、問題を発見した際は迅速な対応が必要です。

しるしに運用代行を依頼してくださっているメーカー企業の方々は、転売屋の対策やブランドのイメージ回復を実現しており、日々お喜びの声をいただいております。

ぜひお気軽にお見積もりの要望やご相談をお送りください。

転売検知システムを独自開発し特許を取得!

しるし株式会社では、独自開発した「転売検知システム」の特許を取得いたしました。

毎日30分ごとにクライアントすべての商品(ASIN)の転売を検知し、即時対応できるようにシフト体制でモニタリングを実施しています。

転売対策に苦戦している方は、ぜひ気軽にご相談ください。

Amazonの売上を引き上げるAmazon広告の運用方法を解説した資料です。

本資料を読めば「Amazon広告って何?」の状態から「Amazonの売上を引き上げる広告運用ができる」状態になれます。

・Amazon広告を始めたい方
・ECの担当の方
・Amazon広告の運用に苦戦されている方

は、本資料をチェックしてみてください!

資料内容
・Amazon広告のメニュー
・検索面と商品ページ
・攻めと守りの考え方
・広告費をどれだけ使うか?
・3つの基本戦略(運用モデル)

▼ スライドサンプル

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BRAND NOTEでは、Amazon運用事業のメンバーが最先端のノウハウと豊富な事例を基に、Amazonに関する記事を掲載していきます。

目次