カテゴリー
【8/6(火)】2024年版 「モールEC」売上アップ徹底攻略セミナー開催! 詳細を見る

Amazonの商品ページ(カタログ)の作り方を解説|売れるポイントも

Amazonの商品ページ(カタログ)の作り方を解説|売れるポイントも

Amazon はECサイト市場の代表格ですので、商品販売を考えている方も多いはず。

Amazonで商品を販売するには、商品ページ(カタログ)の作成が必要となりますが、Amazonは競合他社との競争が激しいため、ただ商品ページを作るだけで売れるとは限りません。

効果的に販売するには、魅力的で分かりやすい商品ページの作成が必要不可欠です。この記事では、Amazonの商品ページの作り方を解説し、売れる商品ページ作成のポイントについても言及します。

商品ページ作成が難しい方向けに「運用代行サービス」もご紹介しますので、ぜひそちらも参考にしてください。

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

目次

Amazonの商品ページ(カタログ)とは

まず大前提として、Amazonで商品ページを新規作成できるのは「新規出品」の場合のみです。出品したい商品がAmazon内に存在している場合は、新規出品(新しく商品ページを作成すること)はできません。その場合は、「相乗り出品」となります。

新規出品を考えている場合は、Amazon内で出品されているかを確認してみてください。

Amazon内で出品されているかを調べる方法については、下記の「商品ページ(カタログ)作り方の手順」にて解説します。

「新規出品」と「相乗り出品」の違い

前述したように「新規出品」とは、まだAmazonに登録されていない商品のページを新しく作成することです。新規出品の場合、ページ作成時に商品情報や画像を設定する必要があります。

一方、「相乗り出品」とは、すでにAmazonに登録されている商品ページに、自分のアカウントから商品を出品すること。登録されている商品ページを使用して出品するため、商品情報や画像は、別の出品者が登録したものが表示されます。

自社が公式の販売店なのに、すでに商品が出品されていた場合は、ブランド登録によって商品情報表示の優先権を獲得可能です。ただし、Amazonが最適と判断した情報が反映される仕組みのため、ブランド登録している出品者の情報が必ず反映されるとは限りません。

自社商品の転売で困っている方は、ぜひお気軽に下のボタンからお問合せください。特許を取得したツールにより、転売対策が可能です。

「相乗り出品」と「新規出品」については、こちらの記事で詳しくまとめています。併せて参考にしてください。

商品ページの役割や重要性について

Amazon 商品ページ 役割 重要性

Amazonの商品ページは、商品と顧客との接点。商品ページの重要性は非常に高く、売上に大きな影響を与えます。

良い商品ページなら、顧客のニーズを捉えて商品の魅力や特徴を最大限に伝えることで、顧客の購買意欲を高めることができますし、使用時のメリットや使用感、サイズや容量などの情報が正確に記載されていれば、競合他社との比較材料にもなり得ます

逆に、情報が不足している商品ページや分かりづらい商品ページは、顧客の購入意欲を減退させ、商品の売れ行きに悪影響を与える可能性があります。

つまり、商品ページのクオリティがAmazonでの売上に直結してくるのです。

しるしコミュニケーションディレクター
実際に、商品ページの改善でCVR270%アップした事例もあります。商品の情報を充実させるだけではなく、Amazonのユーザーや競合を分析し、改善し続けることが大切です

商品の購入を決める際には、画像や説明文、レビューなどを見て商品を比較検討するのが一般的。これらを理解し、商品ページを設計していくことが重要です。

商品ページ改善によって購買率・単価を向上!

しるし株式会社では、商品ページをAmazonに最適化し、購入率を最短で改善いたします。

ユーザーの比較・検討に必要な情報を整理し、充実した商品ページに生まれ変わらせ、購入率を高めることが可能です。

また、SNSやレビューなどからユーザーの興味・関心を分析し、「売れる」商品ページを作成いたします。導線の改善によって定期購入や合わせ買いを促し、客単価改善を実現できるのも強みです。

商品ページ改善にお悩みの方は、ぜひ気軽にご相談ください。

Amazonの商品ページ(カタログ)の作成にはアカウントが必要

Amazonで商品ページ(カタログ)を作成するには、Amazonの出品用アカウントが必要です。Amazonの出品アカウントには、以下2つのプランが用意されています。新規出品を行うには「大口出品プラン」でなければなりません。

小口出品プラン100円/商品+販売手数料
大口出品プラン4,900円(税別)/月+販売手数料

大口と小口では、毎月の費用に加えて出品可能な商品数などが異なります。小口では相乗り出品でしか出品できないため、商品ページを新規作成できません。出品する商品と予定している販売量に応じて、適切な出品プランを選択してください。

出品用アカウントを作成することで、「seller central(セラーセントラル)」にログインできるようになります。「seller central」とは、Amazonが出品者向けに提供する一元販売管理画面。商品の出品から在庫管理、注文処理、決済、販売実績の確認など、様々な機能が備わっています。

Amazonの出品用アカウントの作成方法については、こちらの記事で詳しくまとめていますので、併せて参考にしてください。

Amazonの商品ページ(カタログ)の作り方

ここからは、Amazonの商品ページ(カタログ)の作り方を解説します。

Amazonで商品ページを作成する手順は、以下の通りです。

  1. 登録したい商品が出品されているか検索する
  2. 商品名や商品タイプ(カテゴリー)を選択する
  3. 製品コードを入力する
  4. 重要情報を入力する
  5. 出品情報を入力する
  6. 商品画像を登録する
  7. 商品説明を入力する
  8. 検索キーワードを設定する
  9. 詳細を入力する

1. 登録したい商品が出品されているか検索する

Amazon 商品ページ 出品

まずは、登録したい商品がすでにAmazonに出品されているかどうかを確認しましょう。Amazonの「seller central(セラーセントラル)」にログインし、「カタログ」から「商品登録」を選択してください。

Amazon 商品ページ 商品登録

すると「Amazonのカタログから商品を検索する」という検索窓が表示されますので、そちらに販売したい商品の型番やJANコードを入力し、検索します。

Amazon 商品ページ 商品検索

Amazon内で同一商品が出品されている場合は「相乗り出品」となるため、新規出品はできません。商品ページを作成できるのは、Amazonでまだ販売されていない商品の場合のみとなります。同一商品が出品されていないことを確認したら、左下にある「商品を登録する」をクリックしてください。

自社商品を出品したいのに、転売屋などによって同一商品が出品されている場合、ブランド登録によって商品情報表示の優先権を獲得できる可能性があります。お困りの方は、お気軽にこちらのボタンからお問合せください。

2. 商品名や商品タイプ(カテゴリー)を選択する

  • 商品名
  • 商品タイプ

※ ここから先、「*」が付いている項目は必須となりますので、全て入力してください。右上にある「詳細表示」からは、必須項目以外の情報も入力可能です。

Amazon 商品ページ 商品名

商品名と商品タイプの入力欄が表示されます。

商品名

商品名の入力時は、「メーカー、ブランド名、仕様、型番」などを含めた商品の正式名称を入力する必要があります。

その他にも、Amazonでは以下のようなルールが定められています。

  • 本来の商品名と関係のない文章や記号を含めない
  • 各項目は半角スペースで区切る
  • 商品名はスペースも含め全角50文字以内
  • 服&ファッション小物、シューズ&バッグ、時計、ジュエリーの場合はスペースを含め65文字以内
  • スペースは半角・半角カタカナは使用不可・英数字とハイフンは半角で入力
  • Type 1 High ASCII文字やその他の特殊文字、機種依存文字は使用不可
  • セール、OFF率、激安、送料無料、限定予約、入荷日、シーズンなどをタイトルに入れない

Amazonの規約を確認しながら、ユーザーが認識しやすい商品名を設定しましょう。

商品タイプ(カテゴリー)

カテゴリーの選択は、「大カテゴリー」→「中カテゴリー」→「小カテゴリー」の順で選択していく形となります。

Amazon 商品ページ 商品タイプ(カテゴリー)

例えば、化粧品を登録する場合は、「ビューティー」→「メイクアップ」→「口紅」といった順番です。カテゴリーが何に分類されるか分からない場合は、検索窓から検索できます。

また、以下のカテゴリーの商品を出品するときは、事前に出品許可申請が必要です。

  • 酒類の取り扱い
  • 動物および動物を材料とする商品
  • 自動車用品
  • 医薬部外品および化粧品
  • 通貨、硬貨、および現金同等品
  • 栄養補助食品
  • 医薬品
  • 武器および武器を模した商品
  • 食品&飲料
  • アダルト商品
  • 不快感を与える商品
  • Amazon デバイスおよび修理・メンテナンス用アクセサリ商品
  • 電化製品・電子機器
  • レーザーポインターおよびその関連商品
  • 医療機器の取り扱いについて(マーケットプレイス出品者用)
  • 盗品及びロックピッキング装置
  • 医療機器および関連商品
  • 植物、植物製品、種子
  • リコール対象商品
  • タバコおよびタバコ関連商品
  • 化学物質、農薬および肥料
  • リサイクル家電
  • カンナビジオール(CBD)商品

これらのカテゴリーは、「大口出品」のみ出品が可能で、「小口出品」は対象外となります。また、出品許可申請が必要なカテゴリーは、随時更新される可能性があります。出品許可申請が必要な商品に関して詳しくは、Amazonヘルプページで確認してください。

3. 製品コードを入力する

続いて、製品コードの入力です。以下の項目を入力していきます。

  • バリエーション
  • ブランド名
  • JANコード
Amazon 商品ページ 製品コード

バリエーション

バリエーションを登録すると、ひとつの商品ページの中で、カラーバリエーションや異なるサイズを掲載できます「はい」を選択すると、どのようなバリエーションがあるのか(素材、サイズ、カラー、パッケージ商品数など)が表示されるので、選択し、バリエーションを登録します。

ブランド名

自社商品のブランド名を入力してください。

ブランド名がない場合、この商品には「ブランド名がありません」の項目にチェックを入れると、「ノーブランド品」として登録できます。ただし一度登録したブランドの変更はできないため注意が必要です。

ブランド登録を検討している場合は、ブランド登録で使用する予定のブランド名を入力するようにしましょう。ブランド名は取得している商標と一致させる必要があります。

商品コード(JANコード等)

出品する商品コードを入力してください。商品を管理するために付与する文字列のことで、日本でもJANコードが一般的です。JANコードとは、「どの事業者のどの商品か」を表す商品番号のことです。

セット商品のようにJANコードがない商品の場合、JANコード免除申請をすることでJANコード無しで登録できます。

4. 商品の詳細を入力する

続いて、重要情報の入力です。入力項目はカテゴリーによって変わりますが、概ね以下の項目を入力することが多いです。

  • メーカー名
  • メーカー型番
  • 賞味期限管理商品
  • 付属品総数
  • ユニット数
  • ユニット数のタイプ
  • 熱に弱い
  • 商品の形式
Amazon 商品ページ 詳細

メーカー名

商品のメーカー名を入力します。

メーカー型番(任意)

商品のメーカー型番を入力します。

賞味期限管理商品

賞味期限や使用期限がある商品の場合はYes、ない商品はNoを選択してください。

商品の入数

単品や異なる商品を合わせたセット品あれば1を、同一商品の複数セットであれば複数分の数量を入力してください。

例:洗剤Aと洗剤Bの1セット商品であれば「1」、洗剤Aの2本セット商品であれば「2」と入力する

ユニット数

商品の容量を整数で入力してください。

10個入りのお菓子の場合は「10」と入力する

ユニット数のタイプ

選択肢の中から容量の適切な単位を選択してください。

熱に弱い

Yes/Noどちらかを選択してください。

商品の形式

スティック、粉など、商品の形式を入力してください。

以降、「仕上げ加工の種類」や「カラー」など、入力例に合わせて記入していきましょう。項目名の右にある「?」マークを選択すると、説明が表示されます。

5.出品情報を入力する

続いて、商品情報を入力していきます。商品情報で入力するのは、以下の項目です。

  • 出品者SKU
  • 商品の販売価格
  • 在庫数
  • 商品のコンディション
  • フルフィルメントチャネル
Amazon 商品ページ 出品情報

出品者SKU

出品者側が設定できる商品の固有コードです。社内にすでに商品固有の管理番号があれば、そちらを用いることで管理の負担を減らすことができます。

商品の販売価格

税込価格を入力してください。

在庫数

在庫の数を入力してください。

商品のコンディション

商品の状態を入力します。プルダウンで選択できますので、新品なら「新品」を選択してください。一度送信すると、変更できません。

フルフィルメントチャネル

出品者側で発送する場合は「私はこの商品を自分で発送します」を選択します。

在庫の管理から発送までをAmazonに依頼する「FBA」を利用する場合は、「Amazonが発送し、カスタマーサービスを提供します」の項目を選択します。

6. 商品画像を登録する

  • メイン画像
  • サブ画像
Amazon 商品ページ 商品画像

商品画像として登録できるのは、1枚の「メイン画像」と最大8枚までの「サブ画像」です。メイン画像の登録は必須です。

ただし、画像登録をする際は、Amazon画像ガイドラインに従わなければなりません。違反していると画像を削除される、または検索対象外になる可能性があります。

Amazonガイドラインで指定されているメイン画像の条件は、下記のとおりです。

  • 商品のみが写っていて、背景が透過または白いこと
  • 商品が画像の85%以上を占めていること
  • 幅のいずれかが1000ピクセル以上、最長辺で500ピクセルであること
  • 商品全体が写っていること(商品が画像フレーム端に触れたり端で切れたりしないこと)
  • JPEGまたはGIF、TIFF形式

上記の他にも、洋服や靴などの商品カテゴリーでは細かなガイドラインが設定されています。詳しくは、Amazonヘルプページで確認してください。

しるしコミュニケーションディレクター
商品画像は、ユーザーが商品特徴やベネフィットを瞬時に判断できるよう心がけながら作成していきます。こだわりのある商品ほど、多くのことを伝えたくなりますが、流入するユーザー属性を分析・推測し、適切に訴求していくことが重要です。

7. 商品説明を入力する

  • ターゲットユーザーのキーワード
  • 検索キーワード
  • 商品説明文
Amazon 商品ページ 商品説明

ターゲットユーザーのキーワード

メンズやレディースなど、ターゲットユーザーに関するキーワードを入力してください。「さらに登録」をクリックすることで、最大5つまで箇条書きで入力可能です。

検索キーワード

検索キーワード設定では、商品を表示させたいキーワードの設定が行なえます。キーワードの間に「,(半角カンマ)」を入れることで、複数登録可能です。

キーワードを設定する時は、以下のポイントを重視してください。

  • 商品に適合するキーワードを選定する
  • Amazonのポリシーに沿ってキーワード数を制限する
  • 商品の説明と関連するキーワードを使用する
  • 長いフレーズや文章は使用しない
  • キーワードを区切る際にはスペースやカンマを使用する

よく検索されるキーワードを使用することで、検索結果で上位表示した際に多くの流入が期待できます。日本語入力のキーワード設定の場合、500バイト(約166文字)までが上限です。 全角文字は3〜4バイト、半角文字は1バイトとしてカウントされます。

商品説明文

商品紹介コンテンツが設定されていない場合に表示されます。商品の魅力などを分かりやすく明確に入力しましょう。HTMLは原則使用できませんが、改行を示す<br>タグのみ反映されます。

上記の他にも、細かなガイドラインが設定されています。詳しくは、Amazonヘルプページで確認してください。

8 .詳細を入力する

最後に、詳細を入力していきます。入力可能な項目で記載を推奨するものは、以下の通りです。

  • 原産国
  • 警告
  • 原材料・成分
  • 肌タイプ
  • 香り
  • 機能性

商品の詳細を細かく入力するほど、より顧客に伝わりやすくなります。

入力が完了したら、「保存して終了」をクリック。これで、商品ページの作成は完了です。

商品が登録されるまで15分ほどかかりますので、時間をおいてから登録した商品を確認してみてください。

Amazonで売れる商品ページ(カタログ)を作成する4つのポイント

ここまでAmazonで商品ページを作る方法をご紹介してきましたが、商品を売るには重要なポイントがあります。

売れる商品ページを作成するために、以下4つのポイントを重視しましょう。

  • 最適な商品名をつける
  • 分かりやすい画像を使う
  • ニーズのある検索キーワードを設定する
  • 商品説明文は分かりやすさを重視

最適な商品名をつける

商品名は検索結果に表示されるため、顧客が商品内容をすぐに認識できるような言葉を選ぶ必要があります。

商品名を付ける際には、以下のポイントを意識してみてください。

  • わかりやすく30文字程度でまとめる
  • 商品の特徴や機能、用途などを含める
  • どんな商品なのか想像できる商品名にする
  • 顧客が理解しやすいものにする
  • 競合他社と差別化するためにオリジナリティを表現する

商品名を付ける際は顧客視点を重視し、顧客がどのようなキーワードで商品を検索するかを想定しながら、キーワードを含めた分かりやすい名称を意識しましょう。また、商品名の決定時は、Amazonで定められたルールも厳守するよう注意してください。

わかりやすい画像を使う

顧客の多くは、商品を購入する際に商品画像を重視しており、画像の質が商品の売れ行きを左右するとも言われています。実際にメイン画像を改善することでCVRに200%影響が出たこともあります。

7割〜8割の顧客はスマホから閲覧しているため、スマホでの見え方が最も重要です。商品画像はできるだけ分かりやすく、鮮明なものを使用するようにしましょう。実際に商品を使用している状況などが伝わるような画像を掲載できると、より理想的です。

自社商品の魅力をアピールするためにはどのようなクリエイティブ改善が必要なのか、気になる方はぜひこちらのボタンからお問合せください。

商品名に使えなかったキーワードを使用する

キーワード設定をする際には、商品名に登録したキーワードを使用せずに、商品名に登録できなかったキーワードを使用するようにしましょう。

その理由は、商品名に登録できなかったキーワードをキーワード設定に盛り込むことで、より多くの顧客に商品が表示される可能性があるからです。

例えば、「財布」を登録する場合、商品名にメンズ・レディースといった言葉を使用した場合は、キーワード設定にメンズ・レディースという言葉は使用しません。「長財布、コンパクト、二つ折り、薄い」などのキーワードを盛り込んでいきます。さらに、同じ言葉でも漢字やカタカナ、ひらがなでも入力しておくと効果的です。

キーワードが思いつかない場合は、Amazonの検索画面に登録する商品のジャンルなどを入力してみてください。すると、予測キーワードが表示されますので、参考にすると良いでしょう。

ただし、キーワード設定においては、不適切なキーワードは使用しないようにしましょう。Amazonの規約違反となるため、適切なキーワードの選択が必要です。

商品説明文は分かりやすさを重視

商品ページの説明文は、顧客に商品の特徴や魅力を理解してもらうために重要です。

特に、商品の仕様やサイズ・素材・色など、購入に必要な情報を正確に記載してください。これらを150文字〜300文字程度でまとめられると理想的です。商品説明文は最大600文字まで入力できますが、あまり長過ぎると見にくくなってしまいます。

また、分かりにくい専門用語などは避け、できるだけ一般的な言葉を使うことも心掛けましょう。分かりやすい商品説明文にすることで、使用シーンや使用後のイメージを想起しやすくなるため、購入に繋がる可能性が高まります。

商品の出品段階から、売れるためのノウハウを詰め込みたい方は、ぜひ下のボタンからお問合せください。しるしのECプロチームが、売上につながる商品ページづくりを代行します。

Amazonの商品ページ(カタログ)作成が難しい場合は運用代行がおすすめ

Amazonで商品ページを作成するのは、詳細な情報登録や画像のアップロードなどが必要なため、大変手間がかかります。初めての方にとっては、Amazonのポリシーやガイドラインに沿った内容の登録に苦労するかもしれません。

そんな時には、Amazonに関わる業務を代わりに行ってくれる「運用代行会社」の利用がおすすめです。

Amazon運用におけるエキスパートが、効率的に商品ページを作成し、その他の在庫管理、注文処理、発送などの業務も代行してくれます。商品ページの作成で困った時には、ぜひAmazon運用代行サービスの利用を検討してみてください。

Amazon出品をこれから始める場合は、立ち上げ期の負担が少ない成果報酬型のAmazon運用代行会社がおすすめです。

Amazonの商品ページ(カタログ)作成・運用代行なら『しるし株式会社』へ!

しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ月額売上に応じた完全成果報酬
※ほかの料金体系も相談可能
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Qoo10
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①インターネット広告・ブランド価値経営の専門家などのスペシャリストがバックアップ/
インターネット広告・ブランド価値経営の専門家をはじめとしたスペシャリストがバックアップ
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②元Amazon社員や薬機法管理者などが在籍し、少数精鋭チームで売上・粗利アップをサポート/
・広告運用やクリエイティブ作成、転売対策など、各領域のプロフェッショナルがチーム体制で支援
・美容商材のリーダーブランドをはじめとした、幅広いジャンル・カテゴリーの実績・ノウハウが豊富

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

しるし株式会社は、ブランド戦略に基づいたEC運用・データ分析を強みとする運用代行会社です。

コンテンツをAmazonに最適化し、「ユーザーに十分な情報を提供すること」「売れる商品ページを作成すること」に重点を置くことで、顧客にブランドの付加価値を適切に届ける施策を得意としています。

Amazon運用における各業務を専任のスペシャリストが担当。特許取得の独自開発ツールを活用した運用効率や質の高いサービスを提供することで、ワンストップ型運用支援による飛躍的な売上・粗利UPを実現。加えて転売対策によるブランド体験の改善も強みです。

実績も、運用するアカウントの平均売上は業界トップクラスで、クライアントの要望に沿ったサポートによって売上成長を実現しています。

プラットフォームのパフォーマンスを最大限に引き出すことで、顧客、ブランドとの持続的で良好な関係性を築くことが可能です。

しるしの強み① 広告運用やブランド価値に精通するスペシャリストが強力バックアップ

インターネット広告のプロやブランド価値の専門家をはじめとした、各分野のスペシャリストが顧問・アドバイザーとして、しるしの成長を強力にバックアップ!

スペシャリストがもつインターネット広告、ブランド構築などのノウハウをしるしに還元し、お客さまのブランドのポテンシャルを高めたり、集客や広告などの課題を解決したりすることで、売上アップを実現します。

また、しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

しるしを支えるスペシャリストとAmazonとのパートナーシップをお客さまの課題解決に最大限に活用し、専門性の高いサポートで商品・ブランドがもつポテンシャルを引き出し、ショップの成長を実現いたします。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

EC・ネットショップの運営代行やコンサルティングでは、ひとりの担当者が運用する体制が多いですが、しるしでは、元Amazon社員や大手広告代理店、メーカー出身者などが在籍し、各領域のプロで結成されたグロースチームによるチーム体制で支援させていただきます。

Amazon 運用代行 コンサルティング チーム

広告運用、クリエイティブ作成、SEO対策、ページ改善、レビュー管理、転売対策など、Amazon運用に精通したプロが在籍し、お客さまの課題にあわせて精度の高い施策をチームで実施できるのが強みです。

チームサポートのもうひとつの特徴は、少数精鋭であること。各分野のプロフェッショナルがスキルを最大限に発揮し集中的にサポートするため、最短で売上・粗利アップを実現いたします。

Amazon 運用代行 コンサルティング

これまでご支援させていただいた中で、ご支援開始から1年で売上2~50倍以上を実現しています。

美容商材をはじめとした幅広いジャンル・カテゴリーの実績がありますので、事例に興味がある際は気軽にお問い合わせください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon 運用代行 コンサルティング 転売検知システム
Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

Amazon 運用代行 コンサルティング 正規価格

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

Amazon 運用代行 コンサルティング レポート

しるし株式会社では、Amazon運用を丸投げいただける「フル運用代行」以外にも、広告運用や転売対策など抱えている課題に特化したプランもご提案可能です。

無料で改善余地や売上のポテンシャルを診断する「無料診断」も実施しているため、集客や転売対策など、AmazonをはじめとしたEC運用でお悩みの方は、まずは気軽にご相談ください。

Amazonで商品ページが消えた場合の対処法

Amazonで商品を出品していると、まれに商品ページが消えてしまうことがあります。その際の対処法はこちらの記事でまとめていますので、併せて参考にしてください。

まとめ:Amazonで魅力的な商品ページ(カタログ)をつくろう

Amazonで新しく商品ページを作成できるのは、「新規出品」の場合のみです。

出品したい商品がすでにAmazon出品されている場合は新規出品はできず、「相乗り出品」となります。

Amazonで商品ページを作成する手順は、以下の通りです。

  1. 登録したい商品が出品されているかを検索する
  2. 商品カテゴリーを選択する
  3. 製品コードを入力する
  4. 重要情報を入力する
  5. 出品情報を入力する
  6. 商品画像を登録する
  7. 商品説明を入力する
  8. 検索キーワードを設定する
  9. 詳細を入力する

売れる商品ページを作るには、以下のポイントを重視してください。

  • 最適な商品名をつける
  • 分かりやすい画像を使う
  • ニーズのある検索キーワードを設定する
  • 商品説明文は分かりやすさを重視

Amazonの商品ページは、自社で販売する商品と顧客を繋げる場所です。そのため、商品ページの重要性は非常に高く、売上にも大きな影響を与えます。

もし、自社での商品ページの作成が難しい場合には、Amazonでの全ての業務を代行してくれる「運用代行」の利用も検討してみてください。

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

Amazonの売上を引き上げるAmazon広告の運用方法を解説した資料です。

本資料を読めば「Amazon広告って何?」の状態から「Amazonの売上を引き上げる広告運用ができる」状態になれます。

・Amazon広告を始めたい方
・ECの担当の方
・Amazon広告の運用に苦戦されている方

は、本資料をチェックしてみてください!

資料内容
・Amazon広告のメニュー
・検索面と商品ページ
・攻めと守りの考え方
・広告費をどれだけ使うか?
・3つの基本戦略(運用モデル)

▼ スライドサンプル

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BRAND NOTEでは、Amazon運用事業のメンバーが最先端のノウハウと豊富な事例を基に、Amazonに関する記事を掲載していきます。

目次