カテゴリー
【成果報酬型】Amazon運用代行8社を徹底比較 詳細を見る

Amazonの商品登録のやり方を解説|一括登録、できない場合の対処法も

Amazonの商品登録のやり方を解説|一括登録、できない場合の対処法も
Amazonの商品登録のやり方を解説|一括登録、できない場合の対処法も

Amazonでの商品販売は、ビジネス的にもさまざまなチャンスを生み出す可能性があります。しかし、商品を販売するためには、Amazonにて商品登録をしなければなりません。

商品登録の方法は既存商品の相乗りか新規商品かによっても異なりますが、大口出品なら一括登録も可能です。Amazonに出品するためには必要な作業ですので、多少手間にはなりますが、済ませておきましょう。

この記事では、Amazonの商品登録のやり方について解説します。一括登録の方法や登録できない場合の対処法についても言及しますので、Amazonの商品登録作業を効率的に行いたい方は、ぜひ参考にしてください。

Amazonの売上アップや広告運用、転売対策などに悩んでいる方には、運用代行やコンサルティングの活用がおすすめです。ノウハウやリソースが不足していても、ECのプロによる代行やコンサルで、売上拡大を目指しやすくなります。

以下の記事では、Amazonに精通した運用代行会社やコンサルティング会社を徹底比較していますので、依頼先の検討にぜひお役立てください!

【成果報酬型】Amazon運用代行のおすすめ8選!費用と失敗しない選び方
【徹底比較】Amazonコンサルティングおすすめ25選!失敗しない選び方も

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

目次

Amazonに商品登録するやり方は2つ

Amazonに商品登録をする方法は、以下の2つです。

  1. すでにAmazonに登録されている商品(相乗り出品)
  2. Amazonに出品されたことのない商品(新規出品)

上記の違いは、「販売したい商品がすでにAmazon内で販売したい商品のページが、すでにAmazon内に存在しているか否か商品ページが存在しているか否か」という点です。

そのため、まずはAmazon内で商品を検索し、販売したい商品が表示される場合は①の「相乗り出品」に該当し、表示されない場合は②の「新規出品」に該当すると考えてください。

①すでにAmazonに出品されている商品(相乗り出品)

販売したい商品がすでにAmazon内に登録されている場合は、「相乗り出品」となります。

相乗り出品とは、他のセラー(出品者)が出品している商品ページに、自分が出品する商品を相乗りして出品することです。

相乗り出品のメリット・デメリット

相乗り出品には、以下のようなメリットが存在します。

  • すでに商品ページが存在するため、登録にあたって必要となる情報量が少ない
  • 販売されている商品の需要を参考にし、売上の予想が立てやすい

一方で、以下のようなデメリットも存在します。

  • 販売商品の品質や価格が他のセラーからの影響を受ける
  • 同じ商品で出品者が多い場合、価格競争が起こりやすい

相乗り出品をすることでメリットを享受できる一方、他社と商品ページを共有することから起こるデメリットがあることも理解しておきましょう。

②Amazonに出品されたことのない商品(新規出品)

Amazonでの新規出品とは、Amazonで販売されていない商品を出品することです。

商品登録画面で検索をしても出品したい商品が表示されない場合は、「新規出品」となります。

相乗り出品のように既存の商品ページがないため、商品カテゴリーの選択や商品タイトル・説明文・画像などの設定が必要です。

ただし、新規出品ができるのは大口出品の方のみ。小口出品の方は、新規出品できません。

新規出品のメリット・デメリット

新規出品には、以下のメリットがあります。

  • 他の出品者がいないため、値崩れしにくい
  • 画像等のページの反映内容が、他セラーから影響を受けない

一方で、以下のようなデメリットも存在します。

  • 商品の需要が不確定であり、売上の予想が立てにくい
  • 過去の販売実績がないため、販売の軌道に乗せるまでの戦略を入念に立てる必要がある
  • 商品ページを1から作成する手間がかかる

以上のメリット・デメリットを踏まえ、どのように商品を展開していくかを検討していきましょう。

新規出品方法や手順は以下の記事で解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonに相乗り出品で商品登録する方法・手順【3ステップ】

Amazonで相乗り出品の商品登録は、以下の手順で行います。

  1. 販売したい商品を検索する
  2. 出品情報を入力する
  3. 保存して終了

1.販売したい商品を検索する

まずは、「seller central(セラーセントラル)」→「在庫」メニュー→「商品登録」の順に進み、販売したい商品がAmazonに出品されているかを確認します。

商品を確認する場合は、販売したい商品の型番やJANコードを入力して検索してください。JANコードとは、バーコードの下に記載されている数字のことです。

商品が見つかったら「コンディションを選択する」を選択して、「この商品を出品する」をクリックします。

2.出品情報を入力する

次に、商品情報を入力していきます。

販売する商品の「 商品管理番号」や「コンディション」などの項目を入力してください。

3.保存して終了

最後に「保存して終了」をクリックすると、商品登録は完了です。

商品が登録されるまで、15分ほどかかります。時間をおいてから登録した商品を確認してみてみましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonに新規出品する際の商品登録の方法・手順

続いて、Amazonに新規出品する場合の商品登録方法・手順をご紹介します。

  1. 商品を検索する
  2. 商品カテゴリーを選択する
  3. 重要情報を入力する
  4. 商品情報を入力し、商品画像を登録する
  5. 商品説明を入力する
  6. 検索キーワードを設定する
  7. 保存して終了

1.商品を検索する

まずは、販売したい商品がAmazonに出品されているかを確認します。

検索方法は相乗り出品と同様で、「seller central(セラーセントラル)」→「在庫」メニュー→「商品登録」の順に進み、販売したい商品の型番やJANコードを入力し、検索を行ってください。

検索して販売したい商品が表示されなければ新規出品が可能ですので、検索窓の下にある「商品を新規に登録する」をクリックしましょう。

2.商品カテゴリーを選択する

次は、商品カテゴリーを選択します。

登録したい商品のカテゴリーを選び、最後に「選択」をクリックしてください。

3.商品情報を入力し、商品画像を登録する

続いて、重要情報の入力です。

「*」が付いている項目は必須となりますので、全て入力してください。右上にある「詳細表示」からは、必須項目以外の情報も入力可能です。

次に、商品情報の入力に移ります。

前述した重要情報の入力と同様に、「*」が付いている項目は必須となるので、全て入力しましょう。

4.商品画像を登録する

商品画像として登録できるのは、1枚の「メイン画像」と最大8枚までの「サブ画像」です。メイン画像の登録は、必須となっています。ちなみにサブ画像はスマートフォン上では6枚までしか表示されないため、7,8枚目にこれを考慮したうえで、訴求の掲載順や内容を組み立てていきましょう。。

画像登録をする際は、Amazon画像ガイドラインに従わなければなりません。違反していると画像を削除される、または検索対象外になる可能性があります。

Amazonガイドラインで指定されているメイン画像の条件は、下記のとおりです。

【メイン画像】

  • 商品のみが写っていて、背景が透過または白いこと
  • 商品が画像の85%以上を占めていること
  • 幅のいずれかが1000ピクセル以上、最長辺で500ピクセルであること
  • 商品全体が写っていること(商品が画像フレーム端に触れたり端で切れたりしないこと)
  • JPEGまたはGIF、TIFF形式

上記の他にも、洋服や靴などの商品カテゴリーでは細かなガイドラインが設定されています。詳しくは、Amazonヘルプページで確認してください。

サブ画像は、ユーザーが商品の購入を検討する大事な情報要素になるため、商品に関する情報(使用感、競合商品と比較した強み、使い方、メイン画像とは異なる面からの商品画像など)を入れましょう。

スマートフォンでアクセスするユーザーの見やすさを重視し、1枚にたくさんの情報を詰め込むのではなく、1枚に1つの伝えたい要素で構成することをおすすめします。

5.商品説明を入力する

こちらの項目では、「商品説明の箇条書き」と「商品説明文」を入力します。

「商品説明の箇条書き」の項目には、特徴や要素を入力してください。「さらに登録」をクリックすることで、最大5つまで箇条書きで入力可能です。

例えば、上から「枚数:5枚組」「寸法:縦10cm×横20cm×奥行き5cm」など、特徴や要素を入力しておくことで、より商品情報を細かく伝えることができます。。

「商品説明文」には、商品の魅力などを分かりやすく明確に入力しましょう。

6.検索キーワードを設定する

検索キーワード設定では、商品を表示させたいキーワードの設定が行なえます。

検索キーワードを設定する時は、以下のポイントを重視してください。

  • 商品に適合するキーワードを選定する
  • Amazonのポリシーに沿ってキーワード数を制限する
  • 商品の説明と関連するキーワードを使用する
  • 長いフレーズや文章は使用しない
  • キーワードを区切る際にはスペースやカンマを使用する

よく検索されるキーワードを使用することで、検索結果で上位表示した際に多くの流入が期待できます。

7.保存して終了

最後に「保存して終了」をクリックすると、商品登録は完了です。

商品が登録されるまで15分ほどかかりますので、時間をおいてから登録した商品を確認してみてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonの商品登録はJANコードのない商品でも可能

ここまで、Amazonで商品登録をする方法をご紹介してきましたが、登録したい商品の中には、JANコードのない商品も存在します。

Amazonに登録済みのブランドで出品する場合、「製品コード免除の申請」をすれば、JANコード無しで商品登録可能です。

製品コード免除の申請に必要なもの

製品コード免除の申請には、以下の2点が必要となります。

  • 申請する商品の商品名
  • 申請する商品の全ての側面と商品パッケージを示す2枚(最大9枚)の画像

商品名、画像については、こちらのAmazonヘルプページを確認してから準備することをおすすめします。

JANコードがない場合の登録方法

JANコードがない場合の「製品コード免除の申請」の手順は、以下の通りです。

  1. 「製品コード免除の申請」ページにアクセスする
  2. 選択ボタンをクリックし、該当する商品カテゴリーを選択する
  3. 「ブランド/出版社」の項目にブランド名または出版社名を入力する
  4. 「利用資格の確認」をクリックする
  5. 商品が免除の対象となる場合は、「申請を続ける」をクリックする
  6. 「証明書を提出」ページで、商品名と商品画像をアップロードする
  7. 「申請を送信」をクリックし、完了
広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonの商品登録は一括でできる!

ここまでの手順解説を読んで、「商品登録を1つ1つ行うのは手間がかかる」と感じた方も多いのではないでしょうか。

そんなときは、商品の一括登録がおすすめです。

一括登録が行えるのは「大口出品」プランの出品者に限られますが、商品登録をスピーディーに進められます。

一括登録の手順は、以下の通りです。

  1. 出品する商品カテゴリーのスプレッドシート(Excelファイル)をダウンロードする
  2. スプレッドシート(Excelファイル)に必要情報を入力する
  3. 入力したスプレッドシート(Excelファイル)をアップロードする

1.スプレッドシート(Excelファイル)をダウンロードする

「seller central(セラーセントラル)」→「カタログ」→「アップロードによる一括商品登録」→「スプレッドシートをダウンロードする」→「商品テンプレートを入手」→「マーケットプレイス別のテンプレート作成に移動します」を選択し、「ステップ1.出品する商品の分類を選択する」の項目で登録したい商品のカテゴリーを選びます。

商品登録予定の商品が複数あり、それぞれ別のカテゴリーに属する場合は、「ステップ1.出品する商品の分類を選択する」で登録したい商品のカテゴリーをすべて選択してください。

「ステップ2.テンプレートの種類を選択する」の項目で「詳細」が選択されていることを確認し、「テンプレート作成」をクリック。すると、Excelファイルがダウンロードされます。

2.スプレッドシート(Excelファイル)に必要情報を入力する

Excelファイルをダウンロードしたら、ファイルを開いてファイル下部にある「テンプレート」というタブを選択し、商品情報を入力していきましょう。

項目がたくさんありますが、シート上の項目全てを埋める必要はありません。A列の商品タイプをプルダウンで選択すると、必要項目セルが赤くなります。その赤いセルを埋めるように商品情報を入力し、保存してください。

商品情報の入力に関して項目の詳細が知りたい場合はファイル内の「データ定義」というタブのシートに説明が記載されていますので、そちらを参照してください。

また、バリエーションを登録したい場合は、このステップでバリエーション情報を追加することも可能です。

3.入力したスプレッドシート(Excelファイル)をアップロードする

Excelファイルに必要情報を入力したら、ファイルをAmazon側にアップロードします。

seller central(セラーセントラル)→「在庫」→「アップロードによる一括商品登録」と進み、「スプレッドシートをアップロード」タブを選択。

続いて、「ファイルを閲覧する」をクリックし、ファイルを選択後、下部のファイルのアップロードをクリックするとアップロードが開始されます。

「スプレッドシートのアップロードステータス」タブで「ステータスが完了(正常に処理されました)」になれば一括登録は完了です。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonの商品登録が難しい場合には運用代行・コンサルティングもおすすめ

Amazonで商品を登録するのは、商品名の設定や画像作成などが必要なため、想像以上に手間がかかります。また、登録の手順や入力必須項目は頻繁にアップデートされるため、適応するのにも労力がかかります。

そんなときには、Amazonに関わる業務を代わりに行ってくれる「Amazon運用代行サービス」の利用がおすすめです。

Amazon運用におけるエキスパートが、最新のAmazon仕様に合わせて効率的に商品登録を行い、その他の在庫管理、注文処理、発送などの業務も代行します。実際に運用代行を導入することで、利益を伸ばすことに成功している企業も多く存在します。

手間や時間を節約できるため、費用対効果も高いサービスです。商品登録で困った時には、ぜひAmazon運用代行サービスの利用を検討してみてください。

Amazon出品をこれから始める場合は、固定費の割合が低い成果報酬型のAmazon運用代行会社がおすすめです。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonの運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』へ

Amazon 運用代行 コンサルティング
しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ月額売上に応じた完全成果報酬
※ほかの料金体系も相談可能
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Qoo10
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①インターネット広告・ブランド価値経営の専門家などのスペシャリストがバックアップ/
インターネット広告・ブランド価値経営の専門家をはじめとしたスペシャリストがバックアップ
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②元Amazon社員や薬機法管理者などが在籍し、少数精鋭チームで売上・粗利アップをサポート/
・広告運用やクリエイティブ作成、転売対策など、各領域のプロフェッショナルがチーム体制で支援
・美容商材のリーダーブランドをはじめとした、幅広いジャンル・カテゴリーの実績・ノウハウが豊富

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

しるし株式会社は、ブランド戦略に基づいたEC運用・データ分析を強みとする運用代行会社です。

コンテンツをAmazonに最適化し、「ユーザーに十分な情報を提供すること」「売れる商品ページを作成すること」に重点を置くことで、顧客にブランドの付加価値を適切に届ける施策を得意としています。

Amazon運用における各業務を専任のスペシャリストが担当。特許取得の独自開発ツールを活用した運用効率や質の高いサービスを提供することで、ワンストップ型運用支援による飛躍的な売上・粗利UPを実現。加えて転売対策によるブランド体験の改善も強みです。

実績も、運用するアカウントの平均売上は業界トップクラスで、クライアントの要望に沿ったサポートによって売上成長を実現しています。

プラットフォームのパフォーマンスを最大限に引き出すことで、顧客、ブランドとの持続的で良好な関係性を築くことが可能です。

しるしの強み① 広告運用やブランド価値に精通するスペシャリストが強力バックアップ

インターネット広告のプロやブランド価値の専門家をはじめとした、各分野のスペシャリストが顧問・アドバイザーとして、しるしの成長を強力にバックアップ!

スペシャリストがもつインターネット広告、ブランド構築などのノウハウをしるしに還元し、お客さまのブランドのポテンシャルを高めたり、集客や広告などの課題を解決したりすることで、売上アップを実現します。

また、しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

しるしを支えるスペシャリストとAmazonとのパートナーシップをお客さまの課題解決に最大限に活用し、専門性の高いサポートで商品・ブランドがもつポテンシャルを引き出し、ショップの成長を実現いたします。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

EC・ネットショップの運営代行やコンサルティングでは、ひとりの担当者が運用する体制が多いですが、しるしでは、元Amazon社員や大手広告代理店、メーカー出身者などが在籍し、各領域のプロで結成されたグロースチームによるチーム体制で支援させていただきます。

Amazon 運用代行 コンサルティング チーム

広告運用、クリエイティブ作成、SEO対策、ページ改善、レビュー管理、転売対策など、Amazon運用に精通したプロが在籍し、お客さまの課題にあわせて精度の高い施策をチームで実施できるのが強みです。

チームサポートのもうひとつの特徴は、少数精鋭であること。各分野のプロフェッショナルがスキルを最大限に発揮し集中的にサポートするため、最短で売上・粗利アップを実現いたします。

Amazon 運用代行 コンサルティング

これまでご支援させていただいた中で、ご支援開始から1年で売上2~50倍以上を実現しています。

美容商材をはじめとした幅広いジャンル・カテゴリーの実績がありますので、事例に興味がある際は気軽にお問い合わせください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon 運用代行 コンサルティング 転売検知システム
Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

Amazon 運用代行 コンサルティング 正規価格

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

Amazon 運用代行 コンサルティング レポート

しるし株式会社では、Amazon運用を丸投げいただける「フル運用代行」以外にも、広告運用や転売対策など抱えている課題に特化したプランもご提案可能です。

無料で改善余地や売上のポテンシャルを診断する「無料診断」も実施しているため、集客や転売対策など、AmazonをはじめとしたEC運用でお悩みの方は、まずは気軽にご相談ください。

広告運用の基礎知識から戦略までまるわかり!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント

Amazonでは、Amazon内・Amazon外に配信できる広告サービスを提供しており、自社商品の露出を高めるためには活用が欠かせません。

ただ、広告メニューは複数あり、ターゲティング設定や予算設定などに知識が求められるため、うまく活用できていない方も多いのではないでしょうか。

広告運用に悩んでいる出品者の方、『Amazon広告完全ガイド』を読めば大丈夫!

しるし株式会社では、Amazon広告メニュー別の運用ポイントや広告費の使い方、戦略などが詰まった『Amazon広告完全ガイドをプレゼントしております。

この資料を読むだけで、Amazon広告運用の基礎から戦略立案まで、すべて網羅できる内容となっております。

『Amazon広告完全ガイド』に興味がある方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonで商品登録できない・反映されない場合の対処法

最後に、商品登録できない、反映されない場合の対処法について解説します。

  • 登録内容に不備がないかを確認する
  • Amazon側で技術的な問題が発生していないか確認する
  • カスタマーに問い合わせをする

登録内容に不備がないかを確認する

商品が登録できない、反映されない、エラーが出る場合、登録内容に不備があることが多いです。

登録不備がなければ、通常は商品登録後15分ほど、遅くても24時間後には反映されます。24時間経過しても反映されない場合は、不備がないか見直してみましょう。

スプレッドシートでの一括登録であれば、アップロード後にエラーが発生した場合、エラー内容をすぐに確認することができます。ステータスで「一部の記録が不備のある出品として保存されました」と表示された場合はエラーなので、「不備のある出品を完成させる」をクリックし、エラー内容が記されたExcelファイルでどこに不備があったのかを確認し、再度情報を修正したスプレッドシートを再アップロードしてください。

Amazon側で技術的な問題が発生していないか確認する

一時的に、技術的な問題が発生した可能性も考えられます。Amazon側で問題が発生したときはセラーセントラルトップの「ニュース」に表示されることがあるので、確認してみるのもおすすめです。

カスタマーに問い合わせをする

どうしても解決しない場合には、テクニカルサポートに問い合わせてみましょう。問題の詳細について説明し、解決策を提案してもらうのがおすすめです。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

まとめ:Amazonで販売する商品をスムーズに登録しよう

Amazonへの商品登録方法は、大きく分けて以下の2種類です。

  1. すでにAmazonに出品されている商品を出品する(相乗り出品)
  2. Amazonに出品されたことのない商品を出品する(新規出品)

まずはAmazon内で商品を検索し、販売したい商品が表示される場合は①の「相乗り出品」を、表示されない場合は②の「新規出品」に該当すると考えましょう。

記事中では、「相乗り出品の手順」「新規出品の手順」を解説しています。大口出品アカウントに限られますが、時間短縮には一括登録もおすすめです。

また、商品が登録できない、反映されない場合は、登録手順や入力内容を見直してみましょう。

それでも解決しない場合は、効率良く出品作業を代行してくれる「Amazon運用代行サービス」の利用もおすすめです。

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元Amazon社員。入社後すぐに、物流拠点の立ち上げに参画。その後、海外事例などを積極的に導入し、オペレーション設計や改善業務に従事する。現在はしるし株式会社にて、組織開発を中心に担当。創業間もない会社を成長させる為に日々、「人と向き合う」事を楽しみながら注力しています。

目次