【出品者向け】Amazon並行輸入品とは?出品から正規品との違いも解説

海外メーカーから仕入れた商品をAmazonで出品する際、商品名に「並行輸入品」と書かれたページを見たことはありませんか?

商品自体に違いはないので、商品をこのページで販売していいのか悩みやすい点ではありますが、取り扱いを誤ると、商品ページの削除やアカウント停止となるリスクもあります。

この記事では、Amazonにおける並行輸入品の扱いや、並行輸入品への対策について解説します。

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

目次

Amazonの並行輸入品とは何か?

Amazonで取り扱われている輸入品には、「並行輸入品」と「正規輸入品」の2種類があります。

並行輸入品とは、海外のメーカーから直接仕入れるのではなく、店舗等から仕入れた商品のことです。具体的には、海外直営店や海外正規代理店、免税店、特約店などから仕入れた商品が並行輸入品に該当します

一方、正規輸入品は海外のメーカーやブランドの日本法人・正規販売代理店が、直接メーカーから購入し、日本で販売する商品です。

並行輸入品と正規輸入品の品質は基本的に同じですが、販売する際にはそれぞれの特性を理解し、適切に取り扱う必要があります。

Amazonの並行輸入品ページで販売する際の注意点

正規販売代理店が海外メーカーから直接仕入れている場合は、並行輸入品に該当しません。そのため、並行輸入品ではない商品ページを作成する必要があります。

Amazonでは、1商品1商品ページの原則がありますが、並行輸入品と正規輸入品は別のページで販売する必要があることが規約で決まっています。

そのうえで並行輸入品ページで出品したい場合は、以下のような注意点があることを理解しておきましょう。

  • 商品名の[並行輸入品]を消すことはできない
  • 購入者がAmazonによるサポートを受けられない
  • ルールに従わなかった場合、商品ページの削除・アカウント停止となる

商品名の[並行輸入品]を消すことはできない

Amazon上で並行輸入品を出品する際は、商品名の末尾に自動で[並行輸入品]と入ります。この設定は変えることができません。

並行輸入品に対して悪いイメージを持つ消費者もいますので、商品名に[並行輸入品]の言葉が入ることが、一つのデメリットとも言えるでしょう。

購入者がAmazonによるサポートを受けられない

並行輸入品は、Amazonによるサポートを受けることができません。並行輸入品に対するAmazonの認識として、メーカー品質を管理できる流通ルートを経由せずに輸入されている商品と捉えています。

その商品に対し、Amazonが商品の品質に対する責任を持つことは難しいため、購入者からのサポート対象外としています。

ルールに従わなかった場合、商品ページの削除・アカウント停止のリスクがある

前述したように、Amazonのルールに従わなかった場合、商品ページが削除されたり、最悪の場合アカウントが停止される恐れがあります。

例えば並行輸入品の場合は、商品名に「並行輸入品」の表記をしなければいけませんが、意図的に削除すると規約違反に該当します

並行輸入品のみに適用される規約も複数あるため、並行輸入品を出品する際には、事前にガイドラインを確認しましょう。

並行輸入品|Amazon seller central

ページの閲覧にはAmazonセラーセントラルへのログインが必要です

Amazonで正規輸入品として商品ページを作成する方法

並行輸入品のページではなく、正規輸入品として販売する場合は、新たに正規輸入品用の商品ページを作成しましょう。

商品ページの作成方法は、以下の2つです。

  • カテゴリー別の在庫ファイルを使用する
  • 商品登録画面にて商品情報を入力する

輸入品だからといって特別な設定をする必要はなく、基本的な手順で商品登録すれば問題ありません。詳しい登録の手順は以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、正規輸入品として作成した商品ページに、並行輸入品のレビューを引き継ぐことはできません。できるだけ早くレビューを獲得できるよう、VINE申請プログラムを積極的に活用しましょう。

Amazonで並行輸入品を出品されたときの影響

正規輸入品として商品登録したとしても、並行輸入品で販売を続ける出品者がいる限り、並行輸入品のページが消えることはありません。

並行輸入品の出品者に対し適切な管理ができない状態だと、以下のようなリスクがあります。

  • ブランド毀損が生じる
  • 価格設定が安く値崩れが起きやすい

ブランド毀損が生じる

並行輸入品はメーカーが品質を管理できる流通ルートを経由せずに輸入されるため、品質管理が十分に行われていない場合があります。商品の品質が低下していたり、偽造品が混ざったりしている場合でも、消費者がメーカーによるアフターサポートを適切に受けられず、ブランドの信頼性が損なわれる可能性があります

ブランド毀損が生じると、以下のような影響を及ぼす恐れがあります。

  • 既存の顧客の信頼を失い、リピート購入が減少する
  • ブランドの評価が低下し、顧客からのクレームや返品が増える
  • 悪い評判が広まることで、新規顧客の獲得が難しくなる
  • 運営コストが増大し、利益率が低下する
  • ブランドの市場シェアが低下する
  • 競合他社に対する優位性が失われる
  • 取引先やパートナー企業との関係が悪化するリスクがある
  • 企業の評判や信用が損なわれる
  • ブランドまたは企業の成長が阻害される

ブランド毀損による悪影響や対策については、こちらの記事で詳しくまとめています。あわせて参考にしてください。

価格設定が安く値崩れが起きやすい

並行輸入品は正規輸入品に比べて価格が安く設定されることが多いです。そのため、並行輸入品の出品があると、「値崩れ」が起こる可能性があります。

値崩れが起きると、正規輸入品として販売している商品の転換率が低下しやすくなります

値崩れの原因や対策は以下の記事で解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

Amazonで並行輸入品のページは削除できるのか?

では、並行輸入品として出品されている商品ページを削除することはできるのでしょうか?

結論として、一度作成された商品ページを削除することはできません。

そのため、並行輸入品を販売し続ける出品者へのアプローチや、検索結果画面から適切に誘導する形をつくるなど、様々な角度から対策をする必要があります

Amazonの出品サポートに強い運用代行・コンサルティングはこちら!

Amazonで商品を出品するためには、さまざまな設定や作業が必要になるため、リソースが不足している場合にスムーズな出品が難しくなります。

また。商品画像をはじめとしてルールが定められているため、健全な運用を実現するためには出品に関する知識も欠かせません。

  • どの出品方法が適しているかわからない
  • FBAを利用するためにリソースを確保したい
  • 商品登録の手間を削減したい
  • 売れる商品画像をつくりたいが、作成ノウハウが足りていない

上記のような悩みを抱え、運用代行・コンサルティングの検討で行き詰っている方は、以下の記事に出品をはじめとした各種業務を代行・コンサルティングしている会社をまとめているので、ぜひ検討に役立ててください。

Amazonの並行輸入品対策なら「しるし株式会社」へ

しるし株式会社
しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
業務内容運用代行+コンサルティング
料金タイプ固定費+成果報酬型
料金システム月額売上に応じた完全成果報酬
対応領域・Amazon
・楽天市場
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など
公式HPhttps://shirushi-bxo.com/

\強み①Amazonとパートナーシップを結ぶプロがサポート/
EC運用のプロチームが戦略から出展・運用までサポート
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績/
美容商材のリーダーブランドの運用実績がありノウハウが豊富
・SEOや広告運用、商品ページ改善などで、ブランドのポテンシャルを最大化

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

Amazonの並行輸入品対策を自社で対応するのが難しいと感じたら、ぜひ「しるし株式会社」へご相談ください。

しるし株式会社は、ブランドのオンライン販売を最適化し、店舗販売の強みを活かして顧客体験の向上と利益の改善をサポートする「グロースパートナー」です。

Amazonとのパートナーシップを活かし、Amazon Adsの認定パートナー、Amazon DSPの公式取扱企業として、Amazonセラー向けに様々ソフトウェアを自社開発しています。これにより、並行輸入品によるブランド価値の毀損や価格の値崩れなどを防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出します

また、しるし株式会社の豊富な経験と専門知識を活かし、並行輸入品のリスク管理をはじめとするAmazon戦略・運用を全面的にサポートいたします。

お問い合わせは無料で受け付けていますので、まずは気軽にご相談ください。

しるしの強み① Amazonとパートナーシップを結ぶプロがサポート

しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

このように専門知識をもったEC運用のスペシャリストが、チーム体制で運用しています。1ブランドに対して、アカウント担当や商品ページ担当などのAmazonグロースチームを結成し、専門性の高いチームで商品・ブランドがもつポテンシャルを最大限に引き出せるのが強みです。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

「EC運用をどのくらい出来ていますか?」と聞かれると、自信を持って答えられない……という担当者さまも多いです。売上をあげている出品者は、EC運用としてどのような業務を行っているのかを図にしてみました。ものづくりをしている会社で、これだけの業務を内製するのは時間も労力もかかりすぎると感じませんか?

しるしの運用では、各パートのスペシャリストがチームを組み、貴社の商品のポテンシャルが最大限発揮されるよう運用します。実際に運用をお任せくださった会社の成果をご覧ください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

申し込み後、5営業日でサポート開始!

お問い合わせ・相談後、申し込みいただいた場合は、5営業日以内にスピーディーにサポートを開始いたします。

申し込みの日に、現状のヒヤリングやご要望の確認をいたします。事前準備としてアカウント分析や商品分析などを進めさせていただきます。

5営業日以内には、しるしのプロチームによるAmazon運用がスタート。商品のブランド価値を守りながら、売上UPや工数削減を実現します。

テレビCMなどの大規模なプロモーションが決定していて、その日までに運用を開始したい場合、即日対応も承っております。

まとめ

Amazonで取り扱われている輸入品は、「並行輸入品」と「正規輸入品」の2種類です。

並行輸入品と正規輸入品、それぞれの特性を理解し、適切な商品ページで販売することが重要です。

Amazonで並行輸入品のページを利用する際には、いくつかの注意点とリスクが伴います。とくに以下のリスクを理解しておくことが重要です。

  • 商品名の[並行輸入品]を消すことはできない
  • 購入者がAmazonによるサポートを受けられない
  • ルールに従わなかった場合、商品ページの削除・アカウント停止のリスクがある

また、取扱商品に対して並行輸入品が出品されている場合、以下の影響が生じる恐れがあります。

  • ブランド毀損が生じる
  • 価格設定が安く値崩れが起きやすい

もし、自社での対応が難しいと感じたら、「しるし株式会社」へご相談ください。

豊富な経験と専門知識を活かして、並行輸入品への対策をはじめとするAmazon戦略・運用を全面的にサポートいたします。

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

  • URLをコピーしました!
Amazon共催セミナー資料を無料でご提供!

しるし株式会社では、Amazonと共催で月1回程度セミナーを実施しております。

弊社の代表取締役である元P&Gの長井が登壇し、ワンランク上のAmazon運用に必要な各要素について、最先端のノウハウと豊富な事例をご紹介しています。

なんと今なら、過去実施3回分の資料を全て無料で公開中!!

ノウハウや事例を詰め込んだ資料をセットにした「お役立ち資料3点セット」を提供していますので、気になる方はぜひお気軽に資料ダウンロードしてみてください。

資料の一部をお見せしますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

【第1回 商品ページの作り方】

【第2回 Amazon広告の事例と戦略】

この記事を書いた人

BRAND NOTEでは、Amazon運用事業のメンバーが最先端のノウハウと豊富な事例を基に、Amazonに関する記事を掲載していきます。

目次