Amazonの広告運用とは?種類や特徴、費用の目安、出し方まで解説

ECサイトにおける広告運用は、効果的に商品の露出を高め売上アップを実現する手段の1つです。Amazonにおいても広告運用を取り入れている出品者は多く、マーケットで競争力を維持するためにも活用されています。

Amazonの広告には様々な種類があり、それぞれの特徴や費用の目安が異なるため、運用を始める前に広告それぞれの特色を理解しておきましょう。

この記事では、運用に関する基本的な知識から、種類や特徴、広告の出し方までを解説します。

Amazonで効果的な広告戦略を展開するために、ぜひ本記事を参考にしてください。

Amazon認定パートナーとして、広告運用を最適化!

・Amazonに広告運用サービスを認められたAmazon Ads認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業
商品ごとに適切なキャンペーンをカスタマイズ!
自社分析システムでパフォーマンスを分析・改善

しるし株式会社は、Amazon Ads認定パートナー・Amazon DSPの公式取扱企業として、Amazonに認定された信頼ある広告運用サービスを提供。

商品ごとにキーワードや商品ページなどに合ったキャンペーンをカスタマイズし、自社分析システムでパフォーマンスを分析いたします。

数値やモール施策に合わせた広告運用の実施により、広告の見え方やキャンペーンを改善し、最大限の成果を引き出せるのが強みです。

広告運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、ぜひしるし株式会社にご相談いただき、運用をお任せください!

目次

Amazon広告とは何か?

Amazon広告とは、世界最大級のECサイトであるAmazonが提供する広告サービスの総称です。主に、Amazonのマーケット内で自社商品の露出度を高めるために利用されます。

また、Amazonが持つ豊富なデータを活用したターゲティング機能によるピンポイントな広告配信が可能であり、Amazonで売上を伸ばしていくためには、検討すべき手法の一つです。

Amazon広告の特徴

続いて、Amazon広告が持つ特徴を解説します。

  • 商品の露出度が上がり、売上向上に繋がる
  • ターゲティング設定ができる

商品の露出度が上がり、売上向上に繋がる

広告を利用することで、検索ページの上位や目立つ場所に自社商品の表示が可能です。Amazonには膨大な商品が出品されているため、自然検索だけでユーザーに見つけてもらうのは難しく、広告によって露出を増やすことで、アクセスを増やし売上アップにつなげることができます

また、Amazon(ECモール)へ流入するユーザーは、何かしらを購入するため、購入検討に必要な情報収集のために訪れている可能性が高いので、購買意欲が高い傾向があります。そのため、購入を期待しやすいのも特徴です。

ピンポイントな配信による効率的な広告であり、広告費を抑え費用対効果の向上を実現できます。

ターゲティング設定ができる

Amazon広告では、キーワードの検索結果ページに配信する「キーワードターゲティング商品詳細ページを対象に配信する「商品ターゲティング、ユーザーの閲覧や購入に基づいて再訪問や再購入を促すためのターゲティングなど、ユーザーの検索意図や購買行動に合わせて広告を配信できます。

広告種別により利用できるターゲティングが異なりますが、細かなターゲティングの設定方法を以下の記事でAmazon広告の出稿方法とあわせて解説していますので、ぜひ確認してみてください。

また、インプレッションからCVまで細かなパフォーマンスを確認できますので、各指標を見ながら、広告運用を最適化していきましょう。

自社分析システムを活用し、広告パフォーマンスを分析・改善!

しるし株式会社では、商品に合わせてキャンペーンをカスタマイズし、独自の分析システムでパフォーマンスを分析・改善いたします。

キャンペーンの種類の選択や見え方の調整などを行い、最大限の効果を引き出せるのが強みです。

Amazonの広告運用を改善したい方は、ぜひ気軽にご相談ください。

Amazon広告の種類|内部向け広告

Amazon広告は、主に「内部向け広告」と「外部向け広告」の2種類に分類されます。

内部向け広告は、Amazon内で配信され、多くの出品者が利用している広告プロダクトです。一方、外部向け広告は、Amazon外からの集客や認知を目的に利用されます。

ここではまず、Amazonの内部向け広告について解説します。内部向け広告の種類は、以下の3種類です。

広告の種類表示エリア
スポンサープロダクト広告検索結果ページや商品詳細ページ
スポンサーブランド広告検索結果ページの上部や商品詳細ページ
スポンサーディスプレイ広告Amazonサイト内や外部サイト

これら3つは、まとめて「スポンサー広告」と呼ばれており、クリック課金(一部インプレッション課金)で安価な費用で始められるのが特徴です。

各広告の詳細は、以下の通りです。

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、商品詳細ページや検索結果ページなどに関連商品として表示される広告です。3つのスポンサー広告の中で最も簡単に作成可能であり、多くの出品者に利用されています。

下記のように、検索結果ページに表示されるほか、商品ページに表示されることもあります。

広告らしさが薄く、検索結果の上位に表示させることができるため、他の広告プロダクトと比べて、クリックされやすいのも特徴です。

おすすめの利用シーンは、商品の露出頻度を増やしたい場合、新規商品の出品時、在庫処理のタイミング、季節限定のプロモーションなどが挙げられます。

商品の出品とショッピングカート獲得さえできていれば利用可能です。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、検索結果ページの上部や商品詳細ページに表示される広告です。

商品とブランドロゴを表示できるようになっており、ブランドの認知度向上にもプラスとなります。

広告をクリックした際の誘導先は、特定の商品ページやブランドのストアページです。

スポンサーブランド広告を利用するには、Amazonブランド登録が必要となります。

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告は、Amazon内外の様々な場所に表示される広告です。

クーポンや定期おトク便などのセール情報も記載され、ユーザーの興味を惹きつけることができます

スポンサーディスプレイ広告は、Amazonのトップ画面や商品詳細ページ、商品検索結果ページ、Amazon外のwebページの広告スペースなどにも配信される場合があります。リーチ拡大を目的とした最適化設定も可能なため、自社商品の認知拡大などに利用される場合があります。

スポンサーディスプレイ広告の利用に関しても、Amazonブランド登録が必要となります。

自社分析システムを活用し、広告パフォーマンスを分析・改善!

しるし株式会社では、商品に合わせてキャンペーンをカスタマイズし、独自の分析システムでパフォーマンスを分析・改善いたします。

キャンペーンの種類の選択や見え方の調整などを行い、最大限の効果を引き出せるのが強みです。

Amazonの広告運用を改善したい方は、ぜひ気軽にご相談ください。

Amazon広告の種類|外部向け広告

続いて、外部向けのAmazon広告について解説します。

前述した内部向け広告とは異なり、Amazon外にも表示され、広告主がより多くのユーザーにアプローチできるようになっているのが特徴です。

外部向けのAmazon広告には、以下の3つがあります。

  • Amazon DSP
  • 動画広告(日本ではストリーミングTV広告は利用不可)
  • カスタム広告ソリューション

それぞれの詳細は、以下の通りです。

Amazon DSP

Amazon DSP(Demand Side Platform)は、Amazonが提供する広告プラットフォームです。

Amazon DSPの特徴は、Amazonの豊富なデータを活用し、ターゲットとなるユーザー層に合わせて広告が表示できる点です。例えば、特定の商品に興味を持っているユーザーや、似たような商品を購入したことがあるユーザーなど、細かくターゲットを設定し広告を配信できます。

Amazon DSPを利用して自社の商品やサービスをより効果的に宣伝すれば、売上や認知度の向上が期待できるでしょう。

動画広告

動画広告では、動画を使って商品やサービスを訴求します。

動画広告には「ストリーミングTV広告」と「オンライン動画広告」の2種類がありますが、ストリーミングTV広告は日本では利用できません

ストリーミングTV広告とは、Prime VideoやFire TVなどの動画配信サービス内で表示される広告のこと。一方のオンライン動画広告は、Amazon外の各Webサイトなどで配信されます。

カスタム広告ソリューション

カスタム広告ソリューションは、Amazonの広告チームと協力し、キャンペーンを作成できるサービスです。

広告主に合わせたプロモーションを実施できますが、コストがかかります。大規模な施策となるため、予算に余裕のある大企業向けと言えるでしょう。

自社分析システムを活用し、広告パフォーマンスを分析・改善!

しるし株式会社では、商品に合わせてキャンペーンをカスタマイズし、独自の分析システムでパフォーマンスを分析・改善いたします。

キャンペーンの種類の選択や見え方の調整などを行い、最大限の効果を引き出せるのが強みです。

Amazonの広告運用を改善したい方は、ぜひ気軽にご相談ください。

スポンサー広告の配信方法

スポンサー広告を出稿する際は、以下3つの準備が必要です。

  • Amazon出品用アカウントの登録
  • Amazon ads(Amazon Advertising)のアカウント登録
  • Amazonブランド登録(スポンサーブランド・スポンサーディスプレイ)

特に、広告プラットフォームである「Amazon ads(Amazon Advertising)」の登録は、事前に済ませておきましょう。

Amazon広告の配信方法については、こちらの記事で詳しくまとめています。併せて参考にしてください。

Amazon広告にかかる費用・目安

スポンサー広告では主に「クリック課金型」が採用されており、広告がクリックされるたびに広告主に費用が発生します。広告がクリックされない場合は、費用はかかりません。

なお、スポンサーディスプレイ広告では、一部ビューアブルインプレッション課金となる設定がありますので、ご注意ください。

かかるコストは、「クリック単価×クリック数」でおおよそ算出可能です。

また、最低2円から出稿可能で、1日の予算やクリック単価の上限を自由に調整できます。この柔軟性により、広告主は自社の希望する予算に合わせた広告運用が可能です。

AmazonDSPなどのスポンサー広告以外のプロダクトに関しては、最低出稿金額が数十、数百万から運用可能なものが多く、費用の形態もインプレッション課金であったり、期間保証方式での広告枠購入など様々です。

費用は高額ですが、Amazonの認知や保有するビッグデータ等を活用しながら、Amazon外にターゲットを広げ、効果的に広告を配信できます

Amazon広告の費用の目安については、こちらの記事で詳しくまとめています。併せて参考にしてください。

広告費をはじめとしたデータを確認できる「Amazonペイメントレポート」については、以下の記事で解説しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

Amazon広告を利用する際の注意点

最後に、Amazon広告を利用する際の注意点を解説します。

  • 広告が出せない商品も存在する
  • 在庫を十分に用意して在庫切れにならないようにする
  • 定期的に広告の最適化をする必要がある

広告が出せない商品も存在する

Amazonでは、特定のカテゴリーや商品に対しての広告出稿が制限されています。

具体的には、以下のカテゴリーや商品です。

  • アダルト商品
  • 銃刀類
  • タバコ類
  • 中古品
  • 再生品
  • 危険物
  • 医薬品
  • 医療機器

広告を利用する前に、出品する商品が広告対象か否かを確認しましょう。

在庫切れにならないようにする

Amazon広告を利用する際は、十分な在庫を準備しておく必要があります。

費用をかけて集客したのに在庫切れでは大きな損失となりますし、AmazonSEOの観点からもマイナスです。在庫管理は徹底しましょう。

定期的に広告の最適化をする

Amazon広告の効果を最大限に引き出すためには、定期的に広告の最適化を行う必要があります。

広告そのものを最適化する場合は、以下の項目を見直しましょう。

  • キャンペーンの構成
  • 入札戦略
  • ターゲティングの除外・追加
  • ターゲット入札額の調整
  • 予算管理 など

広告効果に影響する部分を最適化する場合は、以下の項目の見直しが効果的です。

  • 商品名
  • 商品の特徴
  • 商品画像
  • サブ画像
  • 商品紹介コンテンツ
  • レビュー など

以下の記事では、Amazon広告の費用に加えて、広告の費用対効果を高める方法として広告の最適化についても解説しています。入札戦略や予算・入札額の調整などに触れていますので、あわせて参考にしてみてください。

自社分析システムを活用し、広告パフォーマンスを分析・改善!

しるし株式会社では、商品に合わせてキャンペーンをカスタマイズし、独自の分析システムでパフォーマンスを分析・改善いたします。

キャンペーンの種類の選択や見え方の調整などを行い、最大限の効果を引き出せるのが強みです。

Amazonの広告運用を改善したい方は、ぜひ気軽にご相談ください。

Amazonの広告運用に強い運用代行会社・コンサルティングはこちら!

Amazonの広告運用は売上アップに効果的ですが、ここまで解説してきたように、広告の種類がいくつかあり、配信方法や費用などが異なるため、広告運用に知識やスキルを求められる部分があります。

広告運用に関するノウハウが不足している場合は、運用代行・コンサルティングを活用するのがおすすめです。Amazon運用のプロによる広告運用で成果を期待でき、自社のリソースも節約できます。

以下の記事では、広告運用に強い運用代行・コンサルティングを紹介しているので、ぜひ運用代行の検討に役立ててみててください

自社分析システムを活用し、広告パフォーマンスを分析・改善!

しるし株式会社では、商品に合わせてキャンペーンをカスタマイズし、独自の分析システムでパフォーマンスを分析・改善いたします。

キャンペーンの種類の選択や見え方の調整などを行い、最大限の効果を引き出せるのが強みです。

Amazonの広告運用を改善したい方は、ぜひ気軽にご相談ください。

Amazon運用代行・広告運用は「しるし株式会社」へ

しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ成果報酬型
(運用状況や売上に応じて調整可能)
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①Amazonとパートナーシップを結ぶプロがサポート/
EC運用のプロチームが戦略から出展・運用までサポート
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績/
様々なカテゴリのリーダーブランドの運用実績がありノウハウが豊富
・SEOや広告運用、商品ページ改善などで、ブランドのポテンシャルを最大化

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

数あるEC運用の代行会社のなかで、なぜしるし株式会社がお選びいただけているのか。しるしの強みを3つ紹介いたします。

しるしの強み① Amazonとパートナーシップを結ぶプロがサポート

しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

このように専門知識をもったEC運用のスペシャリストが、チーム体制で運用しています。1ブランドに対して、アカウント担当や商品ページ担当などのAmazonグロースチームを結成し、専門性の高いチームで商品・ブランドがもつポテンシャルを最大限に引き出せるのが強みです。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

「EC運用をどのくらい出来ていますか?」と聞かれると、自信を持って答えられない……という担当者さまも多いです。売上をあげている出品者は、EC運用としてどのような業務を行っているのかを図にしてみました。ものづくりをしている会社で、これだけの業務を内製するのは時間も労力もかかりすぎると感じませんか?

しるしの運用では、各パートのスペシャリストがチームを組み、貴社の商品のポテンシャルが最大限発揮されるよう運用します。実際に運用をお任せくださった会社の成果をご覧ください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

申し込み後、5営業日でサポート開始!

お問い合わせ・相談後、申し込みいただいた場合は、5営業日以内にスピーディーにサポートを開始いたします。

申し込みの日に、現状のヒヤリングやご要望の確認をいたします。事前準備としてアカウント分析や商品分析などを進めさせていただきます。

5営業日以内には、しるしのプロチームによるAmazon運用がスタート。商品のブランド価値を守りながら、売上UPや工数削減を実現します。

テレビCMなどの大規模なプロモーションが決定していて、その日までに運用を開始したい場合、即日対応も承っております。

まとめ

Amazon広告とは、世界最大級のECサイトであるAmazonが提供する広告サービスの総称です。Amazonで売上を伸ばしていくためには、検討すべき手法の一つと言えるでしょう。

Amazon広告には、以下のような特徴があります。

  • 商品の露出度が上がり、売上向上に繋がる
  • ターゲティング設定ができる

Amazon広告の種類は、以下の通りです。

▼内部向け広告

  • スポンサープロダクト広告
  • スポンサーブランド広告
  • スポンサーディスプレイ広告

▼外部向け広告

  • Amazon DSP
  • 動画広告(日本ではストリーミングTV広告は利用不可)
  • カスタム広告ソリューション

内部向け広告の3つは「スポンサー広告」と呼ばれており、Amazonを代表する広告です。

ぜひAmazon広告を利用して、売上アップを目指してください。

Amazon認定パートナーとして、広告運用を最適化!

・Amazonに広告運用サービスを認められたAmazon Ads認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業
商品ごとに適切なキャンペーンをカスタマイズ!
自社分析システムでパフォーマンスを分析・改善

しるし株式会社は、Amazon Ads認定パートナー・Amazon DSPの公式取扱企業として、Amazonに認定された信頼ある広告運用サービスを提供。

商品ごとにキーワードや商品ページなどに合ったキャンペーンをカスタマイズし、自社分析システムでパフォーマンスを分析いたします。

数値やモール施策に合わせた広告運用の実施により、広告の見え方やキャンペーンを改善し、最大限の成果を引き出せるのが強みです。

広告運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、ぜひしるし株式会社にご相談いただき、運用をお任せください!

  • URLをコピーしました!
Amazon共催セミナー資料を無料でご提供!

しるし株式会社では、Amazonと共催で月1回程度セミナーを実施しております。

弊社の代表取締役である元P&Gの長井が登壇し、ワンランク上のAmazon運用に必要な各要素について、最先端のノウハウと豊富な事例をご紹介しています。

なんと今なら、過去実施3回分の資料を全て無料で公開中!!

ノウハウや事例を詰め込んだ資料をセットにした「お役立ち資料3点セット」を提供していますので、気になる方はぜひお気軽に資料ダウンロードしてみてください。

資料の一部をお見せしますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

【第1回 商品ページの作り方】

【第2回 Amazon広告の事例と戦略】

この記事を書いた人

BRAND NOTEでは、Amazon運用事業のメンバーが最先端のノウハウと豊富な事例を基に、Amazonに関する記事を掲載していきます。

目次