カテゴリー
【8/6(火)】2024年版 「モールEC」売上アップ徹底攻略セミナー開催! 詳細を見る

楽天スーパーロジスティクス(RSL)とは?メリットや利用の流れを解説

楽天スーパーロジスティクス(RSL)とは?メリットや利用の流れを解説

楽天市場で販売をおこなっている方にとって、商品の受注から出荷までの業務は時間とコストがかかります。発送や物流の悩みを解決してくれるのが、楽天スーパーロジスティクス(RSL)です。この記事では、楽天スーパーロジスティクス(RSL)の概要やメリット・デメリットなどを詳しく解説します。

楽天市場の売上アップや広告運用、転売対策などに悩んでいる方には、運用代行やコンサルティングの活用がおすすめです。ノウハウやリソースが不足していても、ECのプロによる代行やコンサルで、売上拡大を目指しやすくなります。

以下の記事では、楽天市場に精通した運用代行会社やコンサルティング会社を徹底比較していますので、依頼先の検討にぜひお役立てください!

楽天市場の運用代行おすすめ10選|サービスの選び方や費用、注意点も解説
【徹底比較】楽天市場のコンサルティング会社おすすめ15選!成果の出やすい選び方

各分野のプロフェッショナルが楽天運用をトータルサポート!

▼特徴

  • EC運用のスペシャリストがチーム体制で、ブランドのポテンシャルを引き上げ
  • 戦略立案からSEO対策、転売対策など幅広いサポートメニューを提供
  • 無理なく運用代行をご利用いただける、予算や目的に合ったプランをご用意

しるし株式会社では、楽天市場をはじめとしたECのスペシャリストが在籍し、チーム体制でお客様の運用をサポートしております。

商品ページやクリエイティブなど各分野のプロがサポートを担当し、お客様の課題にあわせて、クリエイティブ制作や転売対策、SEOなどの施策によってブランドのポテンシャルを引き上げるのが強みです。

楽天運用のプランは、通常のコンサルティングに加えて、完全伴走型の「セカンドオピニオン」ポテンシャルを診断させていただく「無料診断」をご用意。予算や目的に合わせて、無理のない運用代行プランをご検討いただけます。

「楽天市場の売り上げが伸びない」「広告運用やSEO対策の正解がわからない」など楽天運用にお悩みの方は、気軽なご質問からでも構いませんので、ぜひご相談ください。

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

目次

楽天スーパーロジスティクス(RSL)とは?

楽天スーパーロジスティクス(RSL)とはどのようなサービスなのか、基本的な機能と、料金体系や費用について解説します。

楽天スーパーロジスティクス(RSL)の基本的な機能

楽天スーパーロジスティクス(RSL)とは、楽天市場が出店者向けに提供している物流支援サービスのことです。

物流業務はEC事業者にとって切っても切り離せない業務ですが、楽天スーパーロジスティクス(RSL)は商品の入荷から保管、出荷、配送までの業務を一括で代行してくれます

物流業務全般を楽天スーパーロジスティクス(RSL)に任せることで、店舗は土日明けやセール時などに出荷対応に追われることなく、売上を最大化できます。EC事業者はこのサービスを利用することにより、出店者の課題解決や物流コストの削減を実現し、ショップ運営の効率化を図ることが可能です。

楽天スーパーロジスティクス(RSL)の料金体系・費用

楽天スーパーロジスティクス(RSL)の料金体系は、以下の要素にもとづいています。

  • 在庫保管料
  • 出荷作業料
  • 資材料
  • 配送料

在庫保管料

在庫保管料は、商品のピース数ごとに計算されます。具体的には、1,000立方センチメートルあたり7.5円の単価で月ごとに保管料が発生するシステムです。

出荷作業料

出荷作業料は、商品ピースごとに発生する注文商品の出荷に対してかかる手数料です。梱包費用も含まれていて、商品のサイズにより料金が設定されています

配送料

配送料については、商品1個あたりの梱包費用を含めた一律料金で設定されています。配送料金は、沖縄、北海道、離島を含めた日本全国どこへ送っても同じ設定です

通常の配送料金よりも割安になっているのは、楽天スーパーロジスティクス(RSL)が日本郵便と提携しているのが大きな要因です。一律料金の配送料は、出品者にとって配送に関するコスト削減になるうえに、消費者にとっても明確です。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天スーパーロジスティクス(RSL)を利用する6つのメリット

楽天スーパーロジスティクス(RSL)を利用するメリットは、以下の6点です。

  • 効率的な物流管理でコスト削減
  • あす楽対応・365日出荷が可能
  • オプションサービスの充実
  • 専任担当による充実のサポート体制
  • RSLカルテによる物流データ分析
  • 他のECサイトの注文にも対応可能

順に紹介していくので、これらのメリットを理解して楽天スーパーロジスティクスの利用を検討してみてください。

効率的な物流管理でコスト削減

楽天スーパーロジスティクス(RSL)を利用すると、物流にかかるコストの削減が可能です。

自社で物流を管理すると、人員や時間、スペースなどの多くのリソースが必要になり、それに伴った人件費や保管費用がかかります。

一方、楽天スーパーロジスティクス(RSL)を利用すれば、楽天が入荷から配送までの業務をおこなってくれるため、店舗の物流業務の負担を減らすことが可能です。

自社でおこなっていた商品の梱包や発送などの業務を行う手間も時間も不要になるため、人件費や保管費用の削減になるだけでなく、リソースを販売促進や商品企画などのコア業務に充てられます

また、楽天スーパーロジスティクス(RSL)は楽天市場と連動しているため、市場の情報をリアルタイムで把握でき、セール時に急激な出荷増減の波動対応などの心配をしなくてすむのは大きなメリットといえます。

あす楽対応・365日出荷が可能

楽天スーパーロジスティクス(RSL)では、365日当日15時29分までの依頼で翌日配送が可能である「あす楽」を利用できます。(※利用拠点によって、あす楽対応エリアは異なります。)

関東・関西の拠点により全国の90%をカバーし、土日だけでなく年末年始やゴールデンウイークなどの大型連休であっても出荷作業を任せられます。さらに、セールやイベント時でも安定して商品を出荷できるため、人員が確保しにくい時期でも安心です。

急を要する購入者にも対応できる配送スピードは、競合に差別化できるだけではなく、顧客満足度向上にもつながります。

オプションサービスの充実

楽天スーパーロジスティクス(RSL)は、商品にチラシや販促物を同封できたり、ギフトラッピングに対応できたりと、オプションサービスが充実しています。

商品にチラシなどを同梱することで、時間的なコストをかけずに客単価アップやリピーター獲得が狙えます。

また、保管している商品の消費期限を把握して期日が近い商品から出荷してくれるので、商品や飲料などを取り扱っている場合に便利です。

さらに、海外から入荷する際のコンテナ入荷もでき、大量入荷に対する受け入れ体制が整っているため、イベントなどで多くの在庫確保が必要な場合に対応できます。

不着返品に関しても楽天市場の倉庫で荷受けができ、荷受け時にしっかり検品し、良品の商品に関しては在庫に計上されます。

専任担当による充実のサポート体制

楽天スーパーロジスティクス(RSL)では、導入から稼働開始後まで物流に精通したスタッフによるサポートが受けられます。

稼働開始後は、ECコンサルタントと物流コンサルタントが店舗をサポートしてくれます。物流の切り口から、現状の分析・課題の把握・提案などを行い、業務の負担軽減から売上アップまで幅広いサポートが受けられるため安心です。

これまで数多くのショップ立ち上げを経験した専任担当がサポートしてくれるため、物流アウトソーシングサービスの利用がはじめてでも安心して任せられます。

RSLカルテによる物流データ分析

楽天スーパーロジスティクス(RSL)では、以下4つの機能で構成されたRSLカルテを提供しています。

  • 物流コスト推移
  • 基本情報(入荷数・出荷数・保管数)
  • 長期保管傾向
  • 売れ筋商品の欠品日数

物流コスト推移は、月ごとの合計物流コストや出荷1件あたりの物流コストの確認、在庫保管料やオプション作業量などの内訳確認が可能です。そのため、在庫数やオプション利用を見直す指標となります。

基本情報では、入荷数・出荷数・保管数の確認ができるため、入・出荷と在庫のバランスの確認が可能で、入荷数を見直す際に役立ちます。

長期保管傾向では、長期保管になっている商品や在庫の数が確認できるので、過剰在庫を生んでいる商品の特定が可能になり、入荷計画や在庫処分アクションの検討に便利です。

売れ筋商品の欠品日数では、売れ筋商品の欠品日数や欠品の発生傾向が確認できます。在庫不足になっている商品の在庫不足が起こりやすいタイミングが特定できるので、入荷計画の見直しが可能です。

RSLカルテは、利用店舗が効果的かつ効率的にサービスが活用できるよう、改善すべき物流課題を特定・対策につなげてもらうもので、利用者であればRMSからすぐ確認できます。

他のECサイトの注文にも対応可能

楽天スーパーロジスティクス(RSL)は、楽天市場以外のECモールの注文にも対応しています。この場合の発送料金は追加料金なしです。

複数のECモールを運用しているなら、楽天スーパーロジスティクス(RSL)に配送を集約すればコスト削減につながります。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天スーパーロジスティクス(RSL)を利用する4つのデメリット

楽天スーパーロジスティクス(RSL)には、魅力的なメリットのほかに注意しておきたいデメリットもあります。主なデメリットは、以下の4点です。

  • 取り扱いできない商品がある
  • コストがかかる
  • 導入まで時間がかかる
  • 管理ソフトの導入が必要になる

楽天スーパーロジスティクスを利用する際は、これらのデメリットを理解して自社の運用に適しているか確認しましょう。

取り扱いできない商品がある

楽天スーパーロジスティクス(RSL)には、取り扱えない商品があります。取り扱い不可の主な商品は、以下の通りです。

  • 商品の三辺の合計が160cm以上あるまたは重さが25kgある商品
  • 危険物
  • 医薬品
  • 生体(なまもの)
  • 販売価格が30万円を超える高額商品など

利用する際は、自社の商品が取り扱い可能か、見積もりの際に確認しましょう。

コストがかかる

楽天スーパーロジスティクス(RSL)を利用するためにはコストがかかります。

基本的には、在庫保管料・出荷作業料・配送料がかかりますが、現状で物流業務にどれくらいのコストがかかっているかを確認し、業務をアウトソーシングする場合にいくらまでならコスト削減につながるか検討することが重要です。

導入まで時間がかかる

楽天スーパーロジスティクス(RSL)は、申し込みをしてからすぐ利用できるサービスではなく、実際に開始するまで時間がかかることがあります。見積もりから利用開始までの時間は各社の状況により異なりますが、1ヶ月以上かかることが多いです

楽天スーパーセールなどのイベントに合わせるなど開始目標がある場合は、早めに見積もりを依頼するようにしましょう。

管理ソフトの導入が必要になる

楽天スーパーロジスティクス(RSL)を導入する際には、倉庫と連携のための受注管理システムを導入しなければなりません。

受注管理ソフトは楽天スーパーロジスティクス(RSL)との連携が可能なものである必要があり、BOSS、クロスモール、ネクストエンジンなどが使用可能です。

現在、受注管理システムを導入していない場合は導入が必要になります。

以上のデメリットを考慮したうえで、楽天スーパーロジスティクス(RSL)の導入を検討しましょう。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天スーパーロジスティクス(RSL)の申し込みから利用までの流れ

楽天スーパーロジスティクス(RSL)に申し込んでから利用開始までは以下の流れです。

【契約まで】

  1. 見積もりフォーム入力
  2. ヒアリング
  3. 見積もり確認
  4. 契約

【利用まで】

  1. 導入コンサルティング
  2. 各種ツールの案内および設定
  3. リハーサル(運用テスト)
  4. 利用開始
  5. 安定稼働までサポート

契約から利用までの流れを詳しく解説します。

参照:ご利用開始までのフロー

楽天スーパーロジスティクス(RSL)導入契約までの流れ

楽天スーパーロジスティクス(RSL)の導入契約までの流れは、以下の通りです。

  1. 見積もりフォーム入力
  2. ヒアリング
  3. 見積もり確認
  4. 契約

見積もりフォーム入力

楽天スーパーロジスティクス(RSL)の導入を検討し始めたら、まずは見積もり依頼をします。

これから楽天市場に新規出店する場合は新規出店コンサルタントへ、すでに楽天市場に出店している場合は店舗運営Naviか担当のコンサルタントに問い合わせて見積もりを取りましょう。

ヒアリング

見積もりフォームに入力すると、楽天スーパーロジスティクス(RSL)の担当者からヒアリングの電話がかかってきます。

見積もりフォームで入力した項目に関して、情報の不足や不明点があったらその際に確認されますが、見積もりを出すための大切な情報となるので正確に伝えるようにしましょう。

見積もり確認

ヒアリングから1週間ほどで見積もりが出来上がってきます。見積もりに問題がなければ正式申し込みとなります。この時点で楽天スーパーロジスティクス(RSL)の入庫先拠点倉庫が決定します。

楽天スーパーロジスティクス(RSL)利用までの流れ

契約を結んだら稼働までの準備が必要です。利用開始までは以下の流れで行います。

  1. 導入コンサルティング
  2. 各種ツールの案内および設定
  3. リハーサル(運用テスト)
  4. 利用開始
  5. 安定稼働までサポート

導入コンサルティング

契約後は専任の物流コンサルタントが徹底的にサポートしてくれます。利用開始から逆算し、実現可能であるスケジュールを作成して倉庫保管スペースの確保など、受け入れ態勢を整えます。

この際、店舗状況のヒアリング、倉庫利用に必要な情報の登録、入荷計画の作成、必要書類の提出、商材・数量・運用の確認、サンプル品の送付を行います。

各種ツールの案内および設定

次に行うのは運用テストに向けた受注システムの設定です。楽天スーパーロジスティクス(RSL)では、商品の入庫手続きや出荷依頼を受注管理システムを経由して行います。

受注管理システムを導入していない場合は、楽天スーパーロジスティクス(RSL)が提案し導入までサポートしてくれます。受注管理システムを導入したら、楽天スーパーロジスティクス(RSL)と連携するための設定を行います。

リハーサル(運用テスト)

各種ツールの導入、設定が終わったら運用テストです。入荷から出荷までの流れを行うため、操作テストや倉庫内のどこに商品を保管するか決めるなど、具体的な運用を目指して準備を行います。

利用開始

各種ツールの設定、運用テストが終わったら楽天スーパーロジスティクス(RSL)の利用がはじまります。

安定稼働までサポート

楽天スーパーロジスティクス(RSL)は、店舗の計画在庫が入荷され、安定稼働まで継続的にサポートしてくれます。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天スーパーロジスティクス(RSL)とAmazon FBAの比較

ここまで楽天スーパーロジスティクス(RSL)について解説してきましたが、よく比較されるAmazonが提供している物流支援サービスであるFBAとの違いはどのようなものでしょう。

楽天スーパーロジスティクス(RSL)とAmazon FBAの主な違いは、以下の通りです。

楽天スーパーロジスティクス(RSL)Amazon FBA
料金体系全国一律料金他モール注文と異なる
配送翌日発送可能出荷日の取り決めなし
梱包資材ロゴなしで発送ロゴありで発送

ここからは、それぞれの違いを詳しく解説していきます。

料金体系の違い

配送の料金については、楽天スーパーロジスティクス(RSL)は北海道や沖縄・離島を含めた配送料が全国一律です。また、楽天市場以外のECモールで注文した商品の配送料も追加料金なしで送れます

一方、Amazonが提供するFBAは、他のECモールで注文した商品の配送料はAmazonで注文した商品に比べると配送料が高くなります。

配送に関する違い

配送のスピードについては、楽天スーパーロジスティクス(RSL)は15時29分までに出荷指示を行えば、年末年始などの繁忙期でも対応のエリア内であれば翌日発送ができます

一方、Amazon(FBA)の場合は、こうした出荷日の取り決めがありませんが、一部の首都圏に限り、当日配送のサービスを提供しています。

梱包資材の違い

楽天スーパーロジスティクス(RSL)でもAmazon FBAでも、他のECモールで受注した商品の出荷に対応しています。

楽天スーパーロジスティクス(RSL)は、基本的に楽天のロゴが記載されていない梱包資材で出荷をしています。そのため、他のECモールでの注文の出荷でも違和感がありません。

一方、Amazon(FBA)の場合は梱包資材にAmazonのロゴが記載されています。ロゴなしで出荷したいときは、別途申請が必要です。

ECのスペシャリストが楽天運用を強力サポート!

しるし株式会社では、楽天市場の運用をまるっとサポートしております。

各分野のスペシャリストがチーム体制を整え、お客様の商品のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、戦略立案から商品ページの最適化、転売対策まで幅広くサポートしているのが強みです。

楽天RMSでは確認できない指標を見られるダッシュボードを開発し、RMSの使用感で困りがちな問題も解決。

楽天運用のノウハウやリソースなどでお悩みの方は、簡単な相談からでも受け付けていますので、まずは気軽にお問い合わせください!

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天スーパーロジスティクス(RSL)の運用に悩んだら「しるし株式会社」へ!

運営会社しるし株式会社
料金タイプ完全成果報酬
対応領域・楽天市場
・Amazon
・Qoo10
・Yahoo!ショッピング
サポート内容・戦略施策立案
・TOPページ・商品ページ制作、最適化
・楽天 SEO対策
・広告運用
・データ分析
・効果測定
・CRM施策(メルマガ運用)
・楽天市場社員との窓口など
公式HPhttps://shirushi-bxo.com/

しるし株式会社は、ブランドのグロースパートナーとして、ECモールにおける売上目標設定、戦略立案、実行まで、一気通貫したサービスを提供しており、楽天との連携に特化したLINE運用ツールも開発中。

ひとりのコンサルタントが運用するのではなく、戦略担当やクリエイティブ担当など各領域のプロで結成したチームで運用をサポートしています

SEOや広告運用、商品ページ改善、レビュー管理、アップセル・クロスセル施策、セール対応など、モールの課題に応じた戦略・施策の実行で売上拡大を実現しているのが強みです。

数あるEC運用の代行会社のなかで、なぜしるし株式会社がお選びいただけているのか。しるしの強みを3つ紹介します。

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

しるしの強み① 売上・粗利にコミットする料金形態

しるしは売上にコミットした運用を行うため、料金形態も売上連動型を採用。作業や時間ではなく、成果に連動して料金が決まります。

メーカーさま同じ方向を向いて事業を伸ばすには、ベストな契約形態だと考えています。

しるしの強み② スペシャリストにEC運用をまるっとおまかせで工数削減!

「EC運用をどのくらいできていますか?」と聞かれると、自信を持って答えられない……という担当者さまも多いです。

売上をあげるには、市場、ECモール、商材に合わせた戦略立案が重要。特にECモールにはそれぞれ特色や独自の制度があるため、施策の最適化には骨が折れます。ものづくりをしている会社が、EC運用業務を内製するのは、時間も労力もかかりすぎると感じませんか?

しるしの運用では、各パートのスペシャリストがチームを組み、貴社の商品のポテンシャルが最大限発揮されるよう運用します。1ブランドに対して、アカウント担当や商品ページ担当、デザイナーなどの楽天市場グロースチームを結成し、専門性の高いチームで商品・ブランドがもつポテンシャルを最大限に引き出せるのが強みです。

しるしの強み③ 管理画面では見れない情報が見れる、分析ダッシュボードの作成

楽天市場のRMSでは見ることのできない指標まで分析可能なダッシュボードを作成し、運用を行います。

例えば、「LTVの計測ができない」「次回購入までにかかる期間がわからない」「選択肢ごとの売上の管理ができない」といったRMSにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

\楽天市場の運用をまるっとサポート!/

楽天スーパーロジスティクス(RSL)を導入して配送体制を整えよう

本記事では、楽天スーパーロジスティクス(RSL)の基本的な機能、料金体系・費用から、楽天スーパーロジスティクス(RSL)を利用するメリット・デメリットについて詳しく解説しました。

EC事業者にとって、物流アウトソーシングサービスを導入することによりコア業務に集中でき、売上アップを期待できます。

複数のECモールを運営していて物流業務の負担が重くなっている、物流面から顧客のニーズに応えたいなどの課題がある方は、楽天スーパーロジスティクス(RSL)によって課題を解決できるでしょう。。

しるし株式会社では、楽天市場の運用代行やコンサルティングを提供しています。楽天スーパーロジスティクス(RSL)の導入を含めて運用にお悩みがある方はぜひご相談ください。


こんなお悩みはありませんか?

・ECの売上を伸ばしたい
・社内にノウハウがない
・担当者が急に退職し、リソースがない
・転売を放置してしまい、ブランド毀損が起こっている

しるしなら、貴社の課題と目指したい状態のギャップを埋めるため、運用をトータルで丸投げ可能です!

ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BRAND NOTEでは、Amazon運用事業のメンバーが最先端のノウハウと豊富な事例を基に、Amazonに関する記事を掲載していきます。

目次