AmazonのSEO対策で上位表示するには?やり方やアルゴリズムも解説

Amazonは世界最大のECプラットフォームであり、オンラインショッピング市場での存在感は圧倒的です。そのため、Amazonに出品した商品がAmazonの検索画面で上位表示されることは、売上アップに直結します。

ただし、多くの企業がAmazonに出品しているため、自社商品をAmazon内で上位表示させるためには、適切な「Amazon内SEO対策」は欠かせません。AmazonのアルゴリズムはGoogleとは異なる独自の仕組みを採用しているため、Amazonに対応したアプローチが必要です。

この記事では、Amazonで上位表示させるためのSEO対策について解説します。SEO対策が必要な理由から、Amazonのアルゴリズムの特徴、具体的なやり方まで言及していますので、AmazonでSEO対策を成功させたい方は、ぜひ参考にしてください。

ワンストップ型運用支援とSEO対策で、売上・集客を改善!

・ワンストップ型運用支援で5倍以上の売上・粗利UPを実現!
・Amazon SEO対策でモール内検索からの集客を最大化

しるし株式会社では、アカウント担当や商品ページ担当など各領域のプロがグロースチームを構築し、ワンストップ体制で運用を支援!

売上・粗利・コストを見える化したPL形式で計画の提案と毎月の報告を実施。コスト管理にも力を入れ、これまでに5倍以上の売上・粗利UPした事例も多くあります。

集客に欠かせないAmazon SEO対策も強みです!商品名や説明文、キーワードなどを最適化し、モール内検索の集客を最大化します。

売上アップやSEO対策でお悩みの方は、ぜひしるし株式会社にご相談ください!

目次

Amazonのオーガニック掲載で上位表示が狙えるSEO対策とは

AmazonのSEO対策とは、商品と検索キーワードの結びつきを強めることによって、オーガニック掲載で上位表示させることです。これにより、より多くのユーザーが商品を見つけやすくなり、売り上げ向上につながります。現在では、「Amazon SEO」という言葉も一般的に使われるようになりました。

SEOのポイントは各ECサイトで異なる

ECサイトの検索表示アルゴリズムは、プラットフォームによって異なります。

例えば、楽天市場やYahoo!ショッピングなどでは、Amazonとは異なるアルゴリズムが採用されています。そのため、各プラットフォームに出品した商品を上位表示させるためには、それぞれに適した施策を行うことが重要です。

Amazonと楽天の上位表示に必要なポイント

Amazonと楽天市場では、「注文件数」や「販売金額」が検索上位表示に重要な要素として考慮されていることがわかっています。したがって、これらの要素を意識したSEO対策を行うには、様々な指標を計測・分析することが必要です。

「Amazon SEO」と「Google SEO」との違い

AmazonとGoogleはプラットフォームの性質が異なるため、使用している検索エンジンも異なります。

Amazonは商品を管理して販売するためのプラットフォームですが、Googleはユーザーの検索クエリに対して最も関連性の高い情報を提供するプラットフォームです。そのため、同じSEOでも効果的な施策が異なります。

ただし、どちらのプラットフォームも共通して「検索キーワードとの関連性」が重要視されます。その他、サイトや商品ページの見やすさや分かりやすさなども、重要な要素と言えるでしょう。

Amazon SEO対策で、モール内集客を最大化!

しるし株式会社では、商品名・商品説明・検索キーワードなどの対策を適切に行い、ECモール内の検索からの集客を最大化いたします。

Amazon SEO対策でお悩みの方は、ぜひ気軽にご相談ください。

Amazon SEOにおける検索結果の表示箇所

では実際に、AmazonSEOにおいて、検索結果がどのように表示されるのかを確認しておきましょう。

Amazonの検索結果は、以下のように構成されています。

パソコンからAmazonの検索画面を開くと、以下のように表示されます。

  • スポンサーブランド広告:赤
  • スポンサープロダクト広告:青
  • オーガニック検索:緑

SEO対策を行って上位表示させることができるのは、オーガニック検索の枠になります。

続いて、スマホでAmazon公式アプリを開いた場合の表示箇所です。

  • スポンサーブランド広告:赤
  • スポンサープロダクト広告:青
  • オーガニック検索:緑

パソコン、スマホいずれの場合も、SEOのオーガニック検索は広告の後に表示されることになります。そのため、いかに検索結果で上位表示されるかというSEO対策が必要となるのです。

自社分析システムを活用し、広告パフォーマンスを分析・改善!

しるし株式会社では、商品に合わせてキャンペーンをカスタマイズし、独自の分析システムでパフォーマンスを分析・改善いたします。

キャンペーンの種類の選択や見え方の調整などを行い、最大限の効果を引き出せるのが強みです。

Amazonの広告運用を改善したい方は、ぜひ気軽にご相談ください。

AmazonでSEO対策が必要と言われる3つの理由

Amazonで商品を売りたいなら、SEO対策は欠かせません。その理由は、以下の3点です。

  • 出品しただけでは上位表示されない
  • 7割のユーザーは2ページ目以降を見ていない
  • 多くのユーザーが上位表示された商品をクリックしている

出品しただけでは上位表示されない

Amazonには、多数の商品が出品されており、出品しただけでは上位表示されません。

上位表示自体は広告でも可能ですが、利益を作っていくためには、Amazon SEO対策による上位表示を目指す必要があります。

7割のユーザーは2ページ目以降を見ていない

「Amazonで商品を検索する際、約7割以上のユーザーが2ページ目以降を見ない」というデータがあります。この結果が意味するのは、「多くのユーザーは1ページ目の検索結果を見て購入を決定している」ということです。

Amazonでの商品の売上を最大化するためには、商品を1ページ目に表示させる必要があります。

多くのユーザーが上位表示された商品をクリックしている

「約6割以上のユーザーは、Amazonの1ページ目に表示されている上位3つの商品をクリックしている」というデータもあります。さらに、その半数のユーザーは、一番上に表示されている商品をクリックしているのです。

この結果から、「上位表示されていること」が、商品の「人気、信頼性、品質」面における優位性を印象付けていることが分かります。上位表示させることで、売り上げアップにつながりやすくなります。

Amazon SEO対策で、モール内集客を最大化!

しるし株式会社では、商品名・商品説明・検索キーワードなどの対策を適切に行い、ECモール内の検索からの集客を最大化いたします。

Amazon SEO対策でお悩みの方は、ぜひ気軽にご相談ください。

AmazonのSEO対策のやり方|検索アルゴリズム対策

ここからは、AmazonのSEO対策のやり方について解説します。

Amazonの検索結果は、独自のアルゴリズムによって決められています。

Amazonはアルゴリズムの仕組みを公開していませんが、多くのデータに基づいた仮説と検証により、SEO対策が可能です。

以下の2点は、Amazonの検索結果に大きな影響を与えるとされています。

  • 検索キーワードと商品ページの関連性
  • 売れやすい商品かどうか

この2つの要素を最適化することにより、Amazonの検索結果での上位表示に期待できるでしょう。

検索キーワードと商品の関連性

Amazonの検索結果に大きな影響を与えるとされているのが、「検索キーワード」と「商品ページ」の関連性です。

検索エンジンにおけるSEOの基本は「狙っているキーワードを使用し、検索結果の上位に表示されやすくすること」ですが、それはAmazonSEOにおいても同様。キーワードと商品の関連性が高いほど、そのキーワードで検索された時に上位表示されやすくなります。

逆に、キーワードを拾いすぎて、関連性が低いキーワードを散りばめてしまうと、順位の低下を招くリスクがありますので、注意してください。

検索キーワードと商品ページの関連性において、具体的に意識したい項目は以下の4点です。

  • 商品名
  • 商品仕様(商品説明の箇条書き)
  • 商品説明文
  • 検索キーワード

商品名

AmazonSEOにおいて最も重要なのは、「商品名」の対策です。Amazonの商品名は、GoogleSEOにおける「タイトル」に部分に該当する項目と考えてください。

商品名は最大で50文字まで入力可能ですので、「その商品の特徴に該当し、かつ検索されやすい最適なキーワードを可能な限り盛り込む」ことによって、狙ったキーワードでの上位表示が狙えます。

単に「iPhone ケース」と入力するだけでは、十分なSEO効果は期待できません。逆に、「iPhone ケース ケース ケース」のように、ただキーワードを無理やり詰め込んでも意味はなく、むしろ低品質な商品と評価されてしまいます。その商品と関連性が高く、検索量も見込める最適なキーワードを見極め、適切な位置に設定することがAmazon SEOのポイントです。

注意点は、「セール・激安・送料無料」などのように、Amazonの規約で禁止となっているキーワードも存在するということ。これらの言葉を入力しないように、気を付けてください。

詳しくは、こちらのAmazonガイドラインで確認できます。

商品仕様(商品説明の箇条書き)

商品仕様(商品説明の箇条書き)は、ユーザーが商品情報を理解するうえで重要な情報源となる項目です。

パソコンの場合は、価格の直下(スマホの場合は詳細)に表示されるため、説明次第ではコンバージョンに違いが出てきます。

商品仕様の登録は、カテゴリーによりますが、箇条書きで5個〜10個まで設定が可能です。細かな仕様の説明や、商品のベネフィットなどを分かりやすく記載することで、コンバージョンに繋がりやすくなります。

作成のポイントは、キーワードを箇条書きの文章の中に加えること。例えば、スマホケースなら「サイズ:◯◯×◯◯」のみ記載するのではなく、「スマホケースのサイズ:◯◯×◯◯」と記載する、などです。

また、商品仕様はAmazonの検索アルゴリズムにおいても、重要な役割を果たします。商品仕様に最適なキーワードを盛り込んで作成することで、商品との関連性が高まり、検索結果の上位に表示される可能性も高くなるのです。

商品説明文

商品説明文は、最大2000バイト(全角で666文字相当)まで商品の情報を記載できます。

商品紹介コンテンツを利用すると商品説明文は見えなくなってしまいますが、ユーザーにテキストベースで商品の詳細を伝えるためには、必要な項目です。

商品紹介コンテンツの準備が整っていない場合は、商品の詳細や魅力を上手く記載することで、コンバージョンの向上に期待できます。

検索キーワード

検索キーワードは、Webサイトの「meta keyword」のような役割の項目で、セラーセントラルの管理画面にて入力が可能です。

検索キーワードには、商品タイトルや商品を紹介する項目で使用していないキーワードや単語を入力するようにしましょう。

例えば、「iPhone ケース」なら、「スマホ カバー」「iPhone case」などです。

売れやすい商品かどうか

「検索キーワードと商品ページの関連性」に続いてAmazonの検索結果に大きな影響を与えるとされているのが、「売れやすい商品かどうか」というポイントです。

特に検索キーワードから流入したユーザーからの売上実績を上げることが重要です。

Amazonで検索結果の上位に表示される商品は、ユーザーが注目する商品であり、購入されやすい商品とされています。つまり、Amazonのアルゴリズムは、売れている商品を優先的に上位表示するようになっているのです。

Amazonも利益を伸ばしたいと考えている以上、当然の仕組みと言えるでしょう。

また、売れやすい商品は、ユーザーにとっても満足度の高い商品である可能性が高いです。こうした観点からも、評価の高い商品を上位表示させることが優先されています。

では実際に、Amazonにおいて「売れる商品」とはどんな商品なのでしょうか。それは、以下の項目を基準に判断されます。

  • 販売実績(件数)
  • ユニットセッション率
  • 在庫数
  • 価格

販売実績(件数)

売れる商品として最も重要な基準となるのが、「販売実績(件数)」です。

Amazonでは直近1週間の販売実績を評価する傾向にあり、販売件数が多いほど上位表示されやすくなります。そのため、販売件数を伸ばすためには、値引きやクーポン発行などの施策を行うことも有効的です。

しかし、値引きに関しては、すでに多くの出品者も取り組んでいるため、値引きをすれば売れるというわけではありません。

さらに言うと、商品価格を下げ、過度な安売りでの販売実績はあまり評価が上がりません。全く売れないよりは評価されますが、大きく価格を下げて売れた商品では、あまり効果がないことを理解しておきましょう。

かつては、価格を大幅に下げて販売数を増やすことで評価され、順位が上がる時代もありました。しかし、現在のアルゴリズムでは効果は限定的で、価格を下げた後に元に戻すと順位が大きく下がるなど不利益を被る可能性が高くなっています。

現在は、「販売件数」に加えて「売上金額」も重要な指標となっていますので、適正価格での販売を心掛けましょう。

ユニットセッション率

ユニットセッション率を高めることは、AmazonのSEO対策にも重要です。

ユニットセッション率とは、Amazonで使われる転換率(CVR)に類似の指標のことで、商品ページへのセッション数(訪問者数)に対し、商品販売件数の割合を指します。以下の数式で算出可能で、セラーセントラル内のビジネスレポートから確認することができます。

ユニットセッション率=販売件数÷訪問者数×100(%)

ユニットセッション率の割合が高い商品ページは、Amazonのアルゴリズムによって上位表示されやすくなります。

カテゴリーにもよりますが、平均的な数値は2〜5%ほどと言われており、この割合を上げるには、商品ページの見た目や商品説明の工夫が重要です。

実際、売れる商品には、商品画像や商品の紹介の仕方が上手く、訴求力が高いという特徴があります。競合他社と比較された時に自社の商品を選んでもらえるように、商品ページの見た目や商品説明などにも気を配り、見やすく、分かりやすくするなど、コンバージョン率を高めるための工夫をしましょう。

在庫数

Amazonは、ユーザーの利便性を追求する企業です。在庫切れで購入できないというユーザーの不便を避けるため、「在庫数」を重要視しています。

在庫切れを起こすと、商品が検索結果に表示されず、売上件数の低下やアルゴリズムの評価低下に繋がります。

その他、在庫数が少ないと、ユーザーが注文をキャンセルするリスクやAmazonからペナルティを受けるリスクが高まるというデメリットもあります。

様々なリスクが伴うため、在庫には余裕を持っておきましょう。在庫切れを起こさずに、一定期間販売できているかがポイントです。

価格

AmazonのSEOにおいて、商品の価格は重要な要因となります。なぜなら、価格が想定の範囲を超えて変動すると、検索順位に影響を及ぼす可能性があるからです。

一定の価格以上に価格を上げたり下げたりすると、検索順位が落ちる場合があります。価格を元に戻す場合も然りで、順位が下がる傾向にあるのです。

適切な価格設定は、ユーザーが商品を選ぶ際の要因となるだけではなく、検索アルゴリズムでの上位表示にも影響します。

間接的にSEOに有効と考えられる要素

続いてご紹介するのは、AmazonSEOにおいて「間接的にSEOに有効と考えられる要素」です。

前述した対策のような直接的な効果があるわけではありませんが、CVR(コンバージョン率)改善や販売数向上が期待できることから、AmazonSEOに対して間接的に良い影響を与えると考えられています。

  • FBA
  • レビュー
  • ショップレビュー
  • クリエイティブ要素(商品画像の最適化・商品コンテンツの作成)
  • 広告

FBA

Amazonには、FBA(フルフィルメント By Amazon)という制度があります。このサービスの内容は、商品をAmazon倉庫に保管し、梱包から発送、返品などの業務を代行してもらう、というものです。

FBAの利用自体は直接Amazon SEOに影響しませんが、FBAを利用することで配送スピードやカスタマーサポートの質が向上し、顧客満足度の向上が期待できます。

その結果、商品のコンバージョン率が上昇するため、Amazon SEOにも効果的と考えられています。

カスタマーレビュー

商品のカスタマーレビューも影響するとされています。

カスタマーレビューの評価が高いほどクリックされやすくなり、コンバージョン率や売上の向上にも期待できるからです。

公正なレビュー獲得・悪質レビューの自動察知を実現!

しるし株式会社では、Amazon公式のレビュープログラム(VINE)を活用し、公正なレビュー獲得をサポートします。

また、独自ツールによって星1・2の評価を即座に検知し、競合などからの嫌がらせレビューを察知可能です。

低評価のレビューをすべて記録するため、スムーズな対応を実現しています。

レビュー獲得や悪質レビュー対策でお悩みの方は、ぜひ気軽にご相談ください。

ストアレビュー

ストアレビューとは、ユーザーが出品者に対する評価のことです。

ストアプレビューが高い場合、ユーザーからの信頼度が高まり、商品ページへのアクセス数や売上に影響を与えることがあります。

その他にも、口コミや再購入率にも影響する場合もあります。

ストアレビューは商品を購入してから数日後に、Amazonから今回の購入に対するアンケートとしてメールで届きます。回答率は低いですが、クレームや低評価が多くなることは避けたいところです。

クリエイティブ要素(商品画像の最適化・商品コンテンツの作成)

クリエイティブ要素は直接的にはSEOに影響しないものの、CVR(コンバージョン率)が改善することで購入が増え、結果的に上位表示されやすくなると言えます。

特に、1枚目のメイン画像は検索結果として大きく表示されるため、見やすくて分かりやすい商品画像を掲載することをおすすめします。

Amazonは商品画像に関して厳格なガイドラインを設けていますので、掲載前に確認が必要です。ガイドラインについてはAmazonヘルプページで確認できます。

商品画像に関するガイドラインについては、こちらのAmazonヘルプページで確認できます。

広告

広告出稿料はかかりますが、検索キーワードからの注文数を増加させるために、スポンサープロダクト広告を利用することも有効です。広告効果で注文数が増えると、オーガニックでも検索結果で上位表示される可能性が高くなります。

利用する場合は、費用対効果を考慮しながら適切な運用を心がけましょう。

Amazonの広告については、こちらのAmazon公式HPでも確認できます。

自社分析システムを活用し、広告パフォーマンスを分析・改善!

しるし株式会社では、商品に合わせてキャンペーンをカスタマイズし、独自の分析システムでパフォーマンスを分析・改善いたします。

キャンペーンの種類の選択や見え方の調整などを行い、最大限の効果を引き出せるのが強みです。

Amazonの広告運用を改善したい方は、ぜひ気軽にご相談ください。

SEO対策に悩む場合は「運用代行サービス」がおすすめ

ここまで、AmazonのSEO対策について解説してきましたが、「全ての項目を対応するのは難しい」と感じた方も多いのではないでしょうか。

Amazon SEOの最適化には経験や知識も必要とされるため、初めての方には難しいかもしれません。

また、あくまで一般論としての対策ロジックですので、ご紹介した方法をいかに自社の商品に合わせてカスタマイズするか?という点も、非常に重要なポイントです。

自社での運用に難しさや不安を感じたら、Amazonに関わる業務を代わりに行う「Amazon運用代行会社」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Amazon運用代行会社を利用すれば、Amazon運用におけるエキスパートが効率的に運用を行い、Amazon SEOから商品管理などの業務も代行してくれます。実際に運用代行を導入することで、利益を伸ばすことに成功している企業も多いため、戦略的な面でも効果的と言えるでしょう。

手間や時間を節約できるため、費用対効果も高いサービスです。ご自身でAmazon SEO対策を行うのが不安な場合は、ぜひAmazon運用代行サービスの利用を検討してみてください。

Amazon SEOをこれから始める場合は、固定費の割合が低い成果報酬型のAmazon運用代行会社がおすすめです。

Amazonの運用代行なら『しるし株式会社』へ!

しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ成果報酬型
(運用状況や売上に応じて調整可能)
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①Amazonとパートナーシップを結ぶプロがサポート/
EC運用のプロチームが戦略から出展・運用までサポート
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績/
様々なカテゴリのリーダーブランドの運用実績がありノウハウが豊富
・SEOや広告運用、商品ページ改善などで、ブランドのポテンシャルを最大化

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

数あるEC運用の代行会社のなかで、なぜしるし株式会社がお選びいただけているのか。しるしの強みを3つ紹介いたします。

しるしの強み① Amazonとパートナーシップを結ぶプロがサポート

しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

このように専門知識をもったEC運用のスペシャリストが、チーム体制で運用しています。1ブランドに対して、アカウント担当や商品ページ担当などのAmazonグロースチームを結成し、専門性の高いチームで商品・ブランドがもつポテンシャルを最大限に引き出せるのが強みです。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

「EC運用をどのくらい出来ていますか?」と聞かれると、自信を持って答えられない……という担当者さまも多いです。売上をあげている出品者は、EC運用としてどのような業務を行っているのかを図にしてみました。ものづくりをしている会社で、これだけの業務を内製するのは時間も労力もかかりすぎると感じませんか?

しるしの運用では、各パートのスペシャリストがチームを組み、貴社の商品のポテンシャルが最大限発揮されるよう運用します。実際に運用をお任せくださった会社の成果をご覧ください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

申し込み後、5営業日でサポート開始!

お問い合わせ・相談後、申し込みいただいた場合は、5営業日以内にスピーディーにサポートを開始いたします。

申し込みの日に、現状のヒヤリングやご要望の確認をいたします。事前準備としてアカウント分析や商品分析などを進めさせていただきます。

5営業日以内には、しるしのプロチームによるAmazon運用がスタート。商品のブランド価値を守りながら、売上UPや工数削減を実現します。

テレビCMなどの大規模なプロモーションが決定していて、その日までに運用を開始したい場合、即日対応も承っております。

まとめ

AmazonのSEO対策とは、Amazonに出品している商品の商品ページを最適化し、Amazonの検索結果で上位に表示させる手法のことです。

AmazonでSEO対策が必要な理由については、以下の3つが挙げられます。

  • 出品しただけでは上位表示されない
  • 7割のユーザーは2ページ目以降を見ていない
  • 多くのユーザーが上位表示された商品をクリックしている

Amazonの検索結果には、「A10(A9)」というアルゴリズムが使われており、SEO対策が可能です。

以下の2点は、Amazonの検索結果に大きな影響を与えるとされています。

  • 検索キーワードと商品ページの関連性
  • 売れやすい商品かどうか

「検索キーワードと商品ページの関連性」においては、以下のSEO対策が重要です。

  • 商品名
  • 商品仕様(商品説明の箇条書き)
  • 商品説明文
  • 検索キーワード

一方で「売れやすい商品かどうか」においては、以下の項目が基準となります。

  • 販売実績(件数)
  • CVR(コンバージョン率)、成約率(ユニットセッション率)
  • 在庫保有率
  • 価格

上記の他、下記のポイントはCVR(コンバージョン率)や販売数増加に関係するため、間接的にSEOに寄与すると考えられている項目です。

  • FBA
  • レビュー
  • ショップレビュー
  • クリエイティブ要素(商品画像の最適化・商品コンテンツの作成)
  • 広告

自社でのAmazonSEO対策が難しいと感じたら、ぜひしるし株式会社へのご依頼をご検討ください。

ワンストップ型運用支援とSEO対策で、売上・集客を改善!

・ワンストップ型運用支援で5倍以上の売上・粗利UPを実現!
・Amazon SEO対策でモール内検索からの集客を最大化

しるし株式会社では、アカウント担当や商品ページ担当など各領域のプロがグロースチームを構築し、ワンストップ体制で運用を支援!

売上・粗利・コストを見える化したPL形式で計画の提案と毎月の報告を実施。コスト管理にも力を入れ、これまでに5倍以上の売上・粗利UPした事例も多くあります。

集客に欠かせないAmazon SEO対策も強みです!商品名や説明文、キーワードなどを最適化し、モール内検索の集客を最大化します。

売上アップやSEO対策でお悩みの方は、ぜひしるし株式会社にご相談ください!

  • URLをコピーしました!
Amazon共催セミナー資料を無料でご提供!

しるし株式会社では、Amazonと共催で月1回程度セミナーを実施しております。

弊社の代表取締役である元P&Gの長井が登壇し、ワンランク上のAmazon運用に必要な各要素について、最先端のノウハウと豊富な事例をご紹介しています。

なんと今なら、過去実施3回分の資料を全て無料で公開中!!

ノウハウや事例を詰め込んだ資料をセットにした「お役立ち資料3点セット」を提供していますので、気になる方はぜひお気軽に資料ダウンロードしてみてください。

資料の一部をお見せしますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

【第1回 商品ページの作り方】

【第2回 Amazon広告の事例と戦略】

この記事を書いた人

BRAND NOTEでは、Amazon運用事業のメンバーが最先端のノウハウと豊富な事例を基に、Amazonに関する記事を掲載していきます。

目次