カテゴリー
【成果報酬型】Amazon運用代行10社を徹底比較 詳細を見る

ECモールとは?ECサイトとの違い・メリット・人気モールランキングまで解説

ECモールとは?ECサイトとの違い・メリット・人気モールランキングまで解説

商品のネット販売やEC事業をはじめようと考えている方の中には、ECモールが気になっている方が多いのではないでしょうか。ECモールにはいくつか種類があり、ECサイトとは異なるメリット・デメリットも理解しなければいけません。本記事では、ECモールの種類や出店するメリット・デメリット、成功させるポイントまで詳しく解説します。

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

目次

ECモールとは

ECモールとは、オンライン上に複数のショップが出店するECサイトです。インターネット上のショッピングモールであり、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが広く知られています。

たとえば、Amazonでは、さまざまなブランドや店舗が商品を出品しています。すでに販売システムができあがっているため、出品者は商品を登録するだけで販売をはじめられるのが特徴です。

以下の記事では、大手のECモールであるAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングを比較しています。ECモールの違いを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

ECモールと自社ECサイトの違い

EC販売やネットショップをはじめる方法には、ECモールのほかに自社ECサイトを活用する方法があります。

ECモールと自社ECサイトには、以下のような違いがあります。

ECモール自社ECサイト
サイト構築必要ない自社で構築する
初期費用モールによって異なる・サービス利用料
・構築費用 など
ランニングコスト月額費用や手数料
※モールによって異なる
発生しない
集客モールを利用するユーザーが顧客候補になる自社で集客する

ECモールは、あらかじめシステムやプラットフォームが用意されているため、サイト自体を構築する必要がありません。ショップの出店や商品の出品だけで、気軽にEC運用をはじめられます

自社ECサイトは、ネットショップ作成サービスやパッケージなどを利用し、独自のECサイトを構築する必要があります。構築に費用や労力を必要としますが、出品費用や手数料などのランニングコストを抑えられるのが特徴です。

両者には、集客の難易度にも違いがあります。ECモールはモール自体に多くのユーザーが存在し知名度が高いため、集客のハードルを下げられます。一方、自社ECサイトは顧客がいない状態でスタートするため、広告運用やSEOなどに取り組み、一から集客しなければいけません。

ECモールと自社ECサイトは特徴が異なるため、自社にあった方法でEC運用をはじめましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

ECモールの種類

ECモールの種類は、大きく分けて以下の3つです。

  • マーケットプレイス型:Amazon など
  • テナント型:楽天市場・Yahoo!ショッピング など
  • 統合管理型:.st(ドットエスティ)など

それぞれに特徴があるため、違いを理解したうえで自社にあった種類のECモールを選びましょう。

マーケットプレイス型:Amazon など

マーケットプレイス型とは、ECモールに商品を出品する形態です。インターネット上の大きな市場で商品を売るイメージで、ショップを出店するのではなく、商品を出品して販売を行います。マーケットプレイス型の代表例は、Amazonです。

マーケットプレイス型のECモールを利用するユーザーは、特定の商品を探している傾向があります。ブランドやショップの独自性を表現するのは難しいものの、商品そのものの特徴や魅力を伝えやすい形態といえるでしょう。

テナント型:楽天市場・Yahoo!ショッピング など

テナント型とは、ECモールにショップを出店する形態です。楽天市場Yahoo!ショッピングが代表例で、モール内にショップページをつくり、オンライン上でショップ運営を行います。

マーケットプレイス型よりもオリジナリティを表現しやすいため、ブランドやショップの独自性を訴求したい場合に相性がよいです。

ユーザーは商品で検索する場合もありますが、目当てのショップのページから気になる商品を購入する流れもあります。

統合管理型:.st(ドットエスティ)など

統合管理型とは、自社ブランドをひとつのWebサイトに統合しECモール化する形態です。

たとえば、複数のアパレルブランドを展開する株式会社アダストリアでは、.st(ドットエスティ)というECモールで複数のブランドショップを統合し、各ショップの商品を購入できるようにしています。

構築の難易度は高いものの、ユーザーの利便性を向上したり、データを一元管理できたりするなどメリットが多くあります。目当てのブランドから別のブランドへの回遊も期待できるため、複数のブランドを取り扱っている場合は統合管理型がおすすめです。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

ECモールの費用相場|大手3社初期費用・月額料金・手数料比較

ECモールに出店する費用は、どのモールを利用するかで変わります。ここでは、大手ECモールであるAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの費用をまとめているため、費用感を把握していきましょう。

ECモール名Amazon(アマゾン)楽天市場Yahoo!(ヤフー)ショッピング
初期費用無料60,000円無料
月額料金4,900円/月(大口出品プラン)
※小口出品プランは商品あたり100円
・がんばれ!プラン 19,500円 
・スタンダードプラン 50,000円
・メガショッププラン100,000円
無料
各種手数料・販売手数料 商品カテゴリによって異なる
・配送料 配送方法やサイズによって異なる
・大量出品手数料 商品あたり0.05円の月額手数料
※200万件までは免除
・返金処理手数料 500円または販売手数料の10%の金額が小さい方
・システム手数料 プランによって異なる
・楽天ポイント 楽天会員の購入代金(税抜)×付与率(通常1.0%)
・楽天スーパーアフィリエイト アフィリエイト経由売上の2.6~5.2%
・モールにおける取引の安全性・利便性向上のためのシステム利用料 月間売上高の0.1%
・R-Messe 3,000円~/月
・楽天ペイ利用料 月間決済高の2.5%~3.5%
・ストアポイント原資負担 1~15%
・キャンペーン原資負担 1.5%
・アフィリエイトパートナー報酬 1~50%
・アフィリエイト手数料 アフィリエイトパートナー報酬の30%
・ストア決済サービス手数料 決済方法によって異なる

引用:
Amazon|出品にかかる費用
楽天市場|プラン・費用
Yahoo!ショッピング|料金・費用について

初期費用は、AmazonとYahoo!ショッピングは無料、楽天市場は60,000円です。月額料金は、Yahoo!ショッピングは無料、Amazonと楽天市場はプランによって異なります。

手数料は、販売手数料やポイント原資などがモールごとに発生するため、ランニングコストとして把握しなくてはいけません。

初期費用・月額料金・各種手数料の3つを比較し、自社の規模でどのくらいの費用がかかるかをシミュレーションしたうえで、最適なECモールを選びましょう

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

ECモールに出店する5つのメリット

ECモールに出店することで、以下のようなメリットを期待できます。

  • EC・ネットショップ運用をはじめやすい
  • モール自体が集客力をもっている
  • ユーザーに信頼性・安心感をアピールできる
  • 自社ECサイトよりも購入率を高めやすい
  • モールのサポートを受けられる

はじめやすさや集客のしやすさなどのメリットがあるため、ぜひモールへの出店を検討してください。

EC・ネットショップ運用をはじめやすい

ECモールは、すでに用意されたプラットフォームを活用できるため、比較的簡単にEC・ネットショップ運用をはじめられるのがメリットです。

たとえば、Amazonの場合は商品情報を登録するだけで販売をはじめられるため、サイト構築の手間を省いてスムーズに販売を開始できます。

モール自体が集客力をもっている

Amazonや楽天市場などのECモールは、すでに多くのユーザーが利用しているため、モール自体に集客力があります。

ブランドや商品に知名度がない状態でも、ECモールを訪れたユーザーに見つけてもらえるのがメリットです。広告運用やSEOなどのマーケティングは必要ですが、自社ECサイトよりも集客のハードルを下げられます。

ユーザーに信頼性・安心感をアピールできる

ユーザーは、商品の品質や個人情報保護などに信頼・安心できることを重視する傾向があり、ECモールは信頼性・安心感をアピールしやすいのがメリットです。

自社ECサイトの場合は実績や評判がわかりにくいですが、ECモールであれば多くのユーザーが利用していることやブランド力から、ショップや商品への信頼も得やすくなります

ECモールでは、出店前に審査が行われるため、審査に通ったショップや商品として安心感をアピールできるのも利点です。

自社ECサイトよりも購入率を高めやすい

ECモールは、ユーザーが購入しやすいサイト設計や豊富なラインナップなど、購入を促しやすい環境を整えています。

ポイントやセールなどの販促も充実しているため、お得感をアピールして売上アップを目指せるのもメリットです。

自社ECサイトでは、一からサイトを構築する必要があるため、魅力的なECサイトができあがるまでに時間がかかる場合があります。その点、ECモールはあらかじめ環境が整備されているため、購入率アップを期待できるのがうれしいポイントです。

モールのサポートを受けられる

ECモールでは、出店者に対してサポートを提供しているため、EC運用に慣れていない方でも利用しやすくなっています。

大手ECモール3社のサポート体制は、以下の通りです。

ECモール名サポート体制
Amazon(アマゾン)・ECコンサルタント
・オンラインセミナー
・Amazon出品大学
・FAQ
楽天市場・ECコンサルタント
・楽天大学
Yahoo!(ヤフー)ショッピング・コールセンター
・メール相談

ショップにコンサルタントがついてアドバイスを受けられたり、EC運用に役立つコンテンツを閲覧できたりするなど、サポート内容はモールによってさまざまです。

はじめてのEC運用で不安があったり、運用成果が思うように出ていない場合には、積極的にサポートを活用しましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

ECモールに出店する際に気を付けたい3つのデメリット

ECモールへの出店メリットは多くありますが、デメリットに気をつけなければいけません。

ECモール出店のデメリットは、以下の3つです。

  • 初期費用やランニングコストなどが発生する
  • 商品やブランドの独自性を表現しにくい
  • 競合との集客争いや価格競争が激しい

あらかじめデメリットを対策したうえで、ECモールの運営をはじめましょう。

初期費用やランニングコストなどが発生する

ECモールに商品を出品またはショップを出店するためには、費用がかかります。

料金はモールによって異なりますが、初期費用や月額料金、手数料などが発生するため、コスト管理が欠かせません。

モールの利用コスト以外にも、商品の配送や在庫の保管などにも費用が発生します。モール運用にかかるコスト全体をシミュレーションし、計画的に販売に取り組みましょう。

商品やブランドの独自性を表現しにくい

ECモールは、プラットフォームのデザインや機能があらかじめ決まっているため、オリジナリティを表現しにくい点がデメリットです。

他社にはない世界観をアピールしたい場合には、ECモールでは十分にポテンシャルを発揮できない恐れがあります。

ECモールで独自性を出すためには、できる範囲でデザインや商品の見せ方にこだわり、魅力的な訴求を試みましょう

競合との集客争いや価格競争が激しい

ECモールは比較的簡単にEC運用をはじめられるため、参入する法人や個人が多く、競合ショップ・商品との競争は避けられません。

集客や価格競争はとくに激しく、類似する安い商品にユーザーが流れたり、値下げによって利益率が落ちたりするなどのリスクがあります。

商品の質で差別化したり、マーケティングに力を入れて集客を強化したりするなど、競争に勝つ戦略・施策を実施しましょう

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

【徹底比較】国内大手ECモール流通総額ランキング

国内で大手のECモールとして、流通総額のランキングを紹介します。

順位ECモール名流通総額(推定)
第1位Amazon6兆7,937億円
第2位楽天市場5兆6301億円
※グループサービスを含む
第3位Yahoo!ショッピング1兆7,547億円
※グループサービスを含む
第4位ZOZOTOWN5,399億円
第5位auPAYマーケット3,115億円
第6位Qoo10(キューテン)2,305億円

参考:eccLab|2023年時点最新【2022年EC流通総額ランキング】国内21・海外25のECモール・カート・アプリの流通総額から見る市場トレンド

各ECモールの特徴を解説するため、ぜひ出店先選びに役立ててください。

【第1位】Amazon

Amazonは、世界的に有名で、国内においても人気の高いECモールです。マーケットプレイス型の代表例であり、豊富な商品が出品され、多くのユーザーが日々ショッピングを楽しんでいます。

出品者にとっては、活発に開催されているセールで売上アップを図れたり、配送代行サービスで運用リソースを削減できたりするなど、ECモール運用に取り組みやすい環境が魅力です。

Amazon運用のサポートを受けたい場合は、運用代行やコンサルティングがおすすめです。Amazonを得意とする運用代行やコンサルティングは以下の記事で紹介しているため、ぜひチェックしてください。

【第2位】楽天市場

楽天市場は、楽天カードや楽天トラベルなどの関連サービスの基盤を生かし、高い集客力を誇るECモールです。

関連サービスの組み合わせで楽天ポイントの還元率が高くなるサービスの満足度が高く、ポイントに魅力を感じたユーザーとの接点が生まれやすくなっています

出店審査が厳しいことからショップや商品への信頼を得やすく、ユーザーが安心して購入できる環境でECモール運用に取り組めるでしょう。

楽天市場の運用をプロに依頼する方法もあり、精度の高い運用で売上アップを期待できます。楽天市場に強い運用代行会社は以下の記事で紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

【第3位】Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングは、Amazonと楽天市場に次ぐ、国内大手のECモールです。初期費用や月額料金が無料であるため、出店のハードルが低く、Amazonと楽天市場よりも多くのショップが出店しています

配送代行サービスがない点やサポート体制が最低限であることなどは気になりますが、コストを抑えて出店したい場合にはおすすめのECモールです。

Yahoo!ショッピングを得意とする運用代行会社やコンサルティングもあります。運用上の課題を感じている場合は、ぜひ以下の記事をチェックし、利用を検討してください。

【第4位】ZOZOTOWN

ZOZOTOWNは、ファッションアイテムを専門に取り扱うECモールです。アパレルに特化することで、ファッション好きからの支持を集め、多くのファンやリピーターを獲得しています

世界中のアパレルブランドはもちろん、ファッション雑貨や化粧品なども取り揃え、豊富な商品ラインナップが特徴です。

【第5位】auPAYマーケット

auPAYマーケットは、携帯キャリアであるauが運営しているECモールです。auユーザー向けのキャンペーンに力を入れているため、auユーザーを中心とした集客を実現できます

携帯キャリアとしてスマートフォンやタブレットを強みとしながらも、幅広いカテゴリーの商品を取り扱っているのも特徴です。

【第6位】Qoo10(キューテン)

Qoo10(キューテン)は、アジアで知名度の高いECモールで、近年日本でも広く知られるようになりました。

レディースファッションやコスメなど女性向け商品を豊富にラインナップし、若年層の女性から支持を集めています

ユーザーにとって魅力的なセールを開催していたり、グローバル展開に強みをもっていたりするため、Qoo10ならではのECモール運用ができるでしょう。

Qoo10の運用を強化したい場合は、運用代行を利用するのも方法のひとつです。以下の記事でおすすめの運用代行会社を紹介しているため、ぜひ検討に役立ててください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

ECモール出店を成功させる6つのポイント

ECモールは集客がしやすく、ユーザーの信頼を得やすい一方で、競合が多いため出品するだけでは成功が難しくなります。

ECモール出店を成功させるためには、以下のポイントに注目しましょう。

  • 自社商材と相性のよいモールに出店する
  • 出店するモールにあった施策を実施する
  • 買いたくなる商品ページを作成する
  • 発送・配送方法をわかりやすく表示する
  • 在庫管理に注力する
  • 必要に応じて運用代行やコンサルティングを活用する

6つのポイントを比較し、ECモールの売上アップや集客を成功させましょう。

自社商材と相性のよいモールに出店する

ECモールによって、ユーザーの傾向や力を入れている商品カテゴリが異なるため、自社商材との相性を見極めましょう。

たとえば、ZOZOTOWNはファッションを主力としたECモールであり、ファッションアイテムを探しているユーザーからのアクセスを期待できます。Qoo10はコスメに強いため、女性をターゲットとする商材と相性がよいでしょう。

出店するモールにあった施策を実施する

Amazonや楽天市場などECモールには、それぞれに機能やイベントがあるため、モールの特性にあった施策を実施しましょう。

たとえば、AmazonではAmazon内で配信できるスポンサー広告を配信できたり、充実したページを作成できる商品紹介コンテンツを利用できたりします。広告運用やページ作成を最適化すれば、集客や転換率アップなどを期待できるでしょう。

楽天市場では、お買い物マラソンや楽天スーパーSALEなどのイベントが活発なため、セール対応を強化すると、売上アップを期待できます。

出店するモールを理解したうえで、集客や売上アップにつながりやすい施策に取り組みましょう。

買いたくなる商品ページを作成する

ECモールでは、商品ページは顧客との大切な接点です。一目で必要な情報がわかったり、商品の印象が残ったりすると、売上へのよい影響を期待できます

情報が不足していたり、見にくかったりする商品ページでは、購入意欲が湧きにくいため、売上を高めるためには商品ページのクオリティが求められます。

思わず商品を購入したくなる商品ページをつくるためには、以下のポイントにこだわりましょう。

項目ポイント
商品名・30文字程度で簡潔にまとめる
・商品の特徴や機能などを含める
・ユーザーがわかりやすい表現を使用する
・商品に関連するキーワードを含める
商品画像・鮮明な画像を使用する
・スマホでも見やすい画像を使用する
・使用イメージが伝わる画像を使用する
商品説明文・150~300文字程度で簡潔にまとめる
・専門用語をできるだけ使用しない
・使用シーンが想像できる文章を心がける

Amazonにおける売れる商品ページをつくるポイントは以下の記事で解説しているため、Amazon運用を検討している方はあわせて参考にしてください。

発送・配送方法をわかりやすく表示する

発送・配送方法は、ユーザーの安心感にかかわる重要なポイントです。配送方法や配送料を気にするユーザーが多いため、一目でわかるように表示しましょう

モールそれぞれで配送の設定を行えるため、配送の詳細を明記し、安心して注文できるようにすると購入率を高められます。

在庫管理に注力する

ECモールを運用するにあたって、在庫切れにはさまざまなリスクがあるため、在庫管理を徹底しましょう。

たとえば、Amazonで在庫切れを起こすと、広告の非表示や商品ランキングの低下などが起き、集客に悪影響を及ぼします。販売機会も損失するため、在庫管理は非常に重要です。

在庫切れを起こさないためには、売上予測にもとづいて適正在庫を維持したり、補充に遅れが出ないように納期管理をしたりするとよいでしょう。

Amazonにおける在庫切れのリスクや対策は以下の記事で解説しているため、ぜひ参考にしてください。

必要に応じて運用代行やコンサルティングを活用する

ECモールを自社で運用するノウハウが不足していたり、リソースに不安があったりする場合は、運用代行やコンサルティングを活用するのがおすすめです。

運用代行は、EC運用で必要な業務を代わりに実施してくれるため、精度の高い運用やリソースの削減を期待できます

コンサルティングは、EC運用に関するアドバイスを行うサービスで、アドバイスを受けながら運用をブラッシュアップできるのがメリットです。

しるし株式会社では、Amazonや楽天市場などのECモールに対して、運用代行プランとコンサルティングプランを提供しています。広告やクリエイティブ作成など各分野のプロが在籍し、少数精鋭のチーム体制で集中的なサポートを行うのが強みです。まずは相談からでも大歓迎ですので、下記から気軽にお問い合わせください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

ECモール運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』へ!

Amazon 運用代行 コンサルティング
しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ月額売上に応じた完全成果報酬
※ほかの料金体系も相談可能
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Qoo10
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①インターネット広告・ブランド価値経営の専門家などのスペシャリストがバックアップ/
インターネット広告・ブランド価値経営の専門家をはじめとしたスペシャリストがバックアップ
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②元Amazon社員や薬機法管理者などが在籍し、少数精鋭チームで売上・粗利アップをサポート/
・広告運用やクリエイティブ作成、転売対策など、各領域のプロフェッショナルがチーム体制で支援
・美容商材のリーダーブランドをはじめとした、幅広いジャンル・カテゴリーの実績・ノウハウが豊富

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

しるし株式会社は、ブランド戦略に基づいたEC運用・データ分析を強みとする運用代行会社です。

コンテンツをAmazonに最適化し、「ユーザーに十分な情報を提供すること」「売れる商品ページを作成すること」に重点を置くことで、顧客にブランドの付加価値を適切に届ける施策を得意としています。

Amazon運用における各業務を専任のスペシャリストが担当。特許取得の独自開発ツールを活用した運用効率や質の高いサービスを提供することで、ワンストップ型運用支援による飛躍的な売上・粗利UPを実現。加えて転売対策によるブランド体験の改善も強みです。

実績も、運用するアカウントの平均売上は業界トップクラスで、クライアントの要望に沿ったサポートによって売上成長を実現しています。

プラットフォームのパフォーマンスを最大限に引き出すことで、顧客、ブランドとの持続的で良好な関係性を築くことが可能です。

しるしの強み① 広告運用やブランド価値に精通するスペシャリストが強力バックアップ

インターネット広告のプロやブランド価値の専門家をはじめとした、各分野のスペシャリストが顧問・アドバイザーとして、しるしの成長を強力にバックアップ!

スペシャリストがもつインターネット広告、ブランド構築などのノウハウをしるしに還元し、お客さまのブランドのポテンシャルを高めたり、集客や広告などの課題を解決したりすることで、売上アップを実現します。

また、しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

しるしを支えるスペシャリストとAmazonとのパートナーシップをお客さまの課題解決に最大限に活用し、専門性の高いサポートで商品・ブランドがもつポテンシャルを引き出し、ショップの成長を実現いたします。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

EC・ネットショップの運営代行やコンサルティングでは、ひとりの担当者が運用する体制が多いですが、しるしでは、元Amazon社員や大手広告代理店、メーカー出身者などが在籍し、各領域のプロで結成されたグロースチームによるチーム体制で支援させていただきます。

Amazon 運用代行 コンサルティング チーム

広告運用、クリエイティブ作成、SEO対策、ページ改善、レビュー管理、転売対策など、Amazon運用に精通したプロが在籍し、お客さまの課題にあわせて精度の高い施策をチームで実施できるのが強みです。

チームサポートのもうひとつの特徴は、少数精鋭であること。各分野のプロフェッショナルがスキルを最大限に発揮し集中的にサポートするため、最短で売上・粗利アップを実現いたします。

Amazon 運用代行 コンサルティング

これまでご支援させていただいた中で、ご支援開始から1年で売上2~50倍以上を実現しています。

美容商材をはじめとした幅広いジャンル・カテゴリーの実績がありますので、事例に興味がある際は気軽にお問い合わせください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon 運用代行 コンサルティング 転売検知システム
Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

Amazon 運用代行 コンサルティング 正規価格

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

Amazon 運用代行 コンサルティング レポート

しるし株式会社では、Amazon運用を丸投げいただける「フル運用代行」以外にも、広告運用や転売対策など抱えている課題に特化したプランもご提案可能です。

無料で改善余地や売上のポテンシャルを診断する「無料診断」も実施しているため、集客や転売対策など、AmazonをはじめとしたEC運用でお悩みの方は、まずは気軽にご相談ください。

広告運用の基礎知識から戦略までまるわかり!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント

Amazonでは、Amazon内・Amazon外に配信できる広告サービスを提供しており、自社商品の露出を高めるためには活用が欠かせません。

ただ、広告メニューは複数あり、ターゲティング設定や予算設定などに知識が求められるため、うまく活用できていない方も多いのではないでしょうか。

広告運用に悩んでいる出品者の方、『Amazon広告完全ガイド』を読めば大丈夫!

しるし株式会社では、Amazon広告メニュー別の運用ポイントや広告費の使い方、戦略などが詰まった『Amazon広告完全ガイドをプレゼントしております。

この資料を読むだけで、Amazon広告運用の基礎から戦略立案まで、すべて網羅できる内容となっております。

『Amazon広告完全ガイド』に興味がある方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

まとめ:ECモール出店で売上拡大を実現しよう

ECモールとはインターネット上のショッピングモールであり、さまざまなブランドやショップが商品を出品しています。

モール自体に集客力や信頼性があるだけではなく、商品の出品やショップの出店によって気軽にEC・ネットショップ運営をはじめられるのがメリットです。

ECモール出店を成功させるためには、自社商材と相性のよいモールを選んだうえで、モールの特性にあった施策を実施することが大切です。

ECモール運用をプロに任せたい場合は、運用代行やコンサルティングが役立ちます。しるし株式会社では、運用代行とコンサルティングをお選びいただけますので、ECモール運用のサポートを受けたい方はぜひ気軽にご相談ください。

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

下田 陽志郎のアバター 下田 陽志郎 しるし代表取締役

在学時代、地域の学習格差を解決するためにワンコイン英会話教室と塾を創業し事業譲渡。その後、通販のメッカである福岡にてECモール事業の立ち上げを経験。大学卒業後、独立しECモール事業歴6年。Amazonにおける各メーカーの競争激化から、消費者が手に取りたいブランドが埋もれてしまっている現状を解 決すべく、起業。

目次