カテゴリー
【成果報酬型】Amazon運用代行10社を徹底比較 詳細を見る

Amazonベンダーセントラルとは?セラーセントラルとの違いやメリット・注意点

Amazonベンダーセントラルとは?セラーセントラルとの違いやメリット・注意点

Amazonからベンダーに招待され、セラーからベンダーへの移行を検討している方やAmazonへ新規出品を検討されている方の中には、Amazonベンダーセントラルについて調べている方が多いのではないでしょうか。Amazonベンダーセントラルにはセラーセントラルと異なるメリットがあります。本記事では、Amazonベンダーセントラルのメリットや注意点を詳しく解説します。

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

目次

Amazonベンダーセントラルとは

Amazonベンダーセントラルとは、Amazonの出品形態のひとつである、「ベンダー」が利用できる管理プラットフォームです。

ベンダーとしてAmazonを運用するためのデータや機能などが集まっており、データの確認や各種設定などに利用します

セラーとして出品する際に利用するAmazonセラーセントラルのように、運用に欠かせないサービスであるため、使い方を正しく理解しましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonベンダーセントラルとセラーセントラルの違い

Amazonベンダーセントラルとセラーセントラルの違いは、以下の通りです。

ベンダーセントラルセラーセントラル
利用条件Amazonからの招待制なし
販売形態事業者やメーカーがAmazonに商品を卸し、Amazonがユーザーに販売する事業者やメーカーがユーザーに直接販売する
料金無料※販売手数料なし
※商品価格の約40~70%の価格でAmazonへ商品を卸す
・大口出品:4,900円(税別)/月+販売手数料
・小口出品:100円/商品+販売手数料

Amazonベンダーセントラルは、Amazonに招待された出品者のみが利用できます。セラーはAmazonセラーセントラルを利用するため、招待されなければAmazonベンダーセントラルを利用することができません。

販売形態に大きな違いがあり、ベンダーはAmazonが出品者となり商品を販売し、セラーは出品者自身が商品を販売します。販売の仕組みが異なることから、ベンダーセントラルとセラーセントラルでは利用できる機能に違いがありますので、その点に注意しましょう。

また、Amazonベンダーセントラルには利用料金はかかりません。セラーセントラルは、セラーの出品プランに応じたコストと販売手数料が発生します。

セラーとベンダーについては以下の記事で解説しているため、詳しく知りたい方は参考にしてください。

Amazonセラーセントラルについても詳しく解説しています。セラーとしてAmazonに商品を出品されている方は、あわせてチェックしてみましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonベンダーセントラル登録はAmazonからの招待制

Amazonベンダーセントラルに登録するためには、セラーからベンダーへの移行をAmazonから招待される必要があります。

ベンダーへ招待される条件は公表されていませんが、売上や実績などからベンダーにふさわしいとAmazonに判断された場合に招待が届きます

出品者のタイミングでベンダーになることはできないため、Amazonからの招待を受けてからAmazonベンダーセントラルに登録しましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonベンダーセントラルを利用する6つのメリット

Amazonベンダーセントラルには、Amazonセラーセントラルとは異なるメリットが6つあります。

  • セラーセントラル利用者よりも競合が少ない
  • 月額費用や各種手数料がかからない
  • 販売元がAmazonになることで商品の信頼性が高くなる
  • 運用の手間を削減できる
  • カートボックスを獲得しやすい
  • 利益を簡単に把握できる

セラーからベンダーへの移行を検討している方は、違いを正しく理解していきましょう。

セラーセントラル利用者よりも競合が少ない

Amazonベンダーセントラルは、Amazonに招待されたベンダーのみが利用できます。Amazonセラーセントラルを利用するセラーよりも数が限られるため、競合が少ないのがメリットです。

ベンダーとして出品することで、セラーに比べてカートボックスの獲得や信頼性の獲得にメリットを期待できます。

月額費用や各種手数料がかからない

Amazonベンダーセントラルは、コストなしで利用できます。月額費用や販売手数料が発生しないため、最低限のコストでAmazonで販売できるのがメリットです。

一方、Amazonセラーセントラルは、大口出品では月額4,900円+販売手数料、小口出品では商品あたり100円+販売手数料がかかります。費用が気になる場合には、Amazonベンダーセントラルが省コストでしょう。

以下の記事では、出品にかかる手数料を解説しています。Amazon出品の費用を詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

販売元がAmazonになることで商品の信頼性が高くなる

ベンダーとしてAmazonに出品すると、商品詳細画面の販売元に「Amazon.co.jp」と表示されます。

Amazon ベンダーセントラル 販売元

ユーザーが商品を選ぶ際に、Amazonから販売されていることは信頼につながります。安心して購入できることを重視するユーザーへのアピールになり、売上へのよい影響を期待できるでしょう。

販売や広告運用などのリソースを削減できる

ベンダーはAmazonに商品を卸すだけで、自社の商品を販売できます

Amazonセラーセントラルでさまざまな設定や機能を活用するセラーに比べると、リソースを比較的抑えやすいのがメリットです。「Amazon運用のリソースを他の事業に使いたい」「少ない手間で効率よく運営したい」といった場合は、ベンダーが向いています。

カートボックスを獲得しやすい

Amazonでの売上アップに貢献するカートボックスは、セラーよりもベンダーの方が獲得しやすいといわれています。

ベンダーの商品はAmazonが価格を設定するため、カートボックス獲得の要素である「競争力のある価格」と判断されやすいのが理由のひとつです。

カートボックスを獲得するとユーザーが商品の購入にたどり着きやすくなるため、売上アップを期待できます。ただ、セラーでも価格の自動設定で最安値をキープすることでベンダーと変わらずカートを獲得可能です。

カートボックスの仕組みや獲得方法は以下の記事でまとめているため、ぜひ参考にしてください。

利益を簡単に把握できる

Amazonベンダーセントラルを利用できるベンダーは、月額費用や販売手数料が発生しないため、収支を把握しやすいのがメリットです。

固定費や各種手数料が発生するセラーに比べて収支がシンプルなため、利益を把握しやすく、計画的な運用を実現できます

なお、Amazonで数値を確認する際はペイメントレポートを利用するのが一般的です。ペイメントレポートの見方は以下の記事で解説しているため、あわせて参考にしてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonベンダーセントラルを利用する際の注意点

Amazonベンダーセントラルにはメリットが多くある一方で、以下のポイントには注意が必要です。

  • 自由に価格設定できない
  • 主体的な商品選定やプロモーションができない
  • 販売実績次第で受注がストップするリスクがある
  • POに対して迅速に対応しなければならない
  • 自ら請求書の発行をする必要がある

注意点を押さえて、Amazonベンダーセントラルを上手に活用しましょう。

自由に価格設定できない

ベンダーとして出品する場合、商品の価格はAmazonが設定します。セラーはAmazonセラーセントラルで価格を変更できますが、ベンダーセントラルでは価格設定できません。

Amazonの判断で価格が決まるため、ベンダーの希望よりも価格が低くなる場合もあります。ベンダーへの移行は、価格のコントロールはできないことを理解した上で出品しなくてはいけません

ちなみに、Amazonセラーセントラルでは価格自動設定機能を利用できます。価格設定に苦戦しているセラーの方はぜひ参考にしてください。

主体的な商品選定やプロモーションができない

ベンダーはAmazonの販売に委ねる形態であるため、商品選定やプロモーションを自由に行えなくなります。売上が思うように伸びていない状態でも、価格の変更や広告運用などの施策を自ら実施することはできません

Amazon運用は高度な知識やスキルを求められる部分がありますが、Amazonに任せることで施策の幅が狭くなり、進捗が遅くなります。これまで積極的に運用してきた場合には自由度が低くなるため、ベンダーへの移行を慎重に検討しましょう。

販売実績次第で受注がストップするリスクがある

ベンダーはAmazonからの発注が利益のベースになりますが、実績次第では受注がストップする点に注意が必要です。

売上が伸びない場合や在庫リスクを考慮した場合などに、受注ストップの恐れがあります

ベンダーとして受注を継続するためには、販売実績が重要なため広告運用なども合わせて、注文数をコントロールする必要があります。

PO(発注)に対して迅速に対応しなければならない

POとは「purchase order」の略で、「発注書」や「購買契約書」のことを指します。

Amazonではベンダーへの発注をPOと呼び、事業者やメーカー側の対応スピードがAmazonとしての安定した供給につながるため、迅速な対応が求められます。

対応が遅ければAmazonの信頼を失い、その後の発注に影響が出る点に注意が必要です。

POが届いたらスピーディーに対応し、Amazonとの関係を構築して、信頼されるベンダーを目指しましょう。

自ら請求書の発行をする必要がある

ベンダーセントラルでは、請求処理を自ら行わないと支払いがされません。

請求書の提出期限は、出荷した月の翌月の第5営業日までとなっており、必ずベンダーセントラルより請求処理を行う必要があります

紙の請求書などでは支払処理がされませんので、注意しましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonベンダーセントラル招待までの売上拡大は『しるし株式会社』におまかせ!

Amazon 運用代行 コンサルティング
しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ月額売上に応じた完全成果報酬
※ほかの料金体系も相談可能
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Qoo10
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①インターネット広告・ブランド価値経営の専門家などのスペシャリストがバックアップ/
インターネット広告・ブランド価値経営の専門家をはじめとしたスペシャリストがバックアップ
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②元Amazon社員や薬機法管理者などが在籍し、少数精鋭チームで売上・粗利アップをサポート/
・広告運用やクリエイティブ作成、転売対策など、各領域のプロフェッショナルがチーム体制で支援
・美容商材のリーダーブランドをはじめとした、幅広いジャンル・カテゴリーの実績・ノウハウが豊富

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

しるし株式会社は、ブランド戦略に基づいたEC運用・データ分析を強みとする運用代行会社です。

コンテンツをAmazonに最適化し、「ユーザーに十分な情報を提供すること」「売れる商品ページを作成すること」に重点を置くことで、顧客にブランドの付加価値を適切に届ける施策を得意としています。

Amazon運用における各業務を専任のスペシャリストが担当。特許取得の独自開発ツールを活用した運用効率や質の高いサービスを提供することで、ワンストップ型運用支援による飛躍的な売上・粗利UPを実現。加えて転売対策によるブランド体験の改善も強みです。

実績も、運用するアカウントの平均売上は業界トップクラスで、クライアントの要望に沿ったサポートによって売上成長を実現しています。

プラットフォームのパフォーマンスを最大限に引き出すことで、顧客、ブランドとの持続的で良好な関係性を築くことが可能です。

しるしの強み① 広告運用やブランド価値に精通するスペシャリストが強力バックアップ

インターネット広告のプロやブランド価値の専門家をはじめとした、各分野のスペシャリストが顧問・アドバイザーとして、しるしの成長を強力にバックアップ!

スペシャリストがもつインターネット広告、ブランド構築などのノウハウをしるしに還元し、お客さまのブランドのポテンシャルを高めたり、集客や広告などの課題を解決したりすることで、売上アップを実現します。

また、しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

しるしを支えるスペシャリストとAmazonとのパートナーシップをお客さまの課題解決に最大限に活用し、専門性の高いサポートで商品・ブランドがもつポテンシャルを引き出し、ショップの成長を実現いたします。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

EC・ネットショップの運営代行やコンサルティングでは、ひとりの担当者が運用する体制が多いですが、しるしでは、元Amazon社員や大手広告代理店、メーカー出身者などが在籍し、各領域のプロで結成されたグロースチームによるチーム体制で支援させていただきます。

Amazon 運用代行 コンサルティング チーム

広告運用、クリエイティブ作成、SEO対策、ページ改善、レビュー管理、転売対策など、Amazon運用に精通したプロが在籍し、お客さまの課題にあわせて精度の高い施策をチームで実施できるのが強みです。

チームサポートのもうひとつの特徴は、少数精鋭であること。各分野のプロフェッショナルがスキルを最大限に発揮し集中的にサポートするため、最短で売上・粗利アップを実現いたします。

Amazon 運用代行 コンサルティング

これまでご支援させていただいた中で、ご支援開始から1年で売上2~50倍以上を実現しています。

美容商材をはじめとした幅広いジャンル・カテゴリーの実績がありますので、事例に興味がある際は気軽にお問い合わせください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon 運用代行 コンサルティング 転売検知システム
Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

Amazon 運用代行 コンサルティング 正規価格

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

Amazon 運用代行 コンサルティング レポート

しるし株式会社では、Amazon運用を丸投げいただける「フル運用代行」以外にも、広告運用や転売対策など抱えている課題に特化したプランもご提案可能です。

無料で改善余地や売上のポテンシャルを診断する「無料診断」も実施しているため、集客や転売対策など、AmazonをはじめとしたEC運用でお悩みの方は、まずは気軽にご相談ください。

広告運用の基礎知識から戦略までまるわかり!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント

Amazonでは、Amazon内・Amazon外に配信できる広告サービスを提供しており、自社商品の露出を高めるためには活用が欠かせません。

ただ、広告メニューは複数あり、ターゲティング設定や予算設定などに知識が求められるため、うまく活用できていない方も多いのではないでしょうか。

広告運用に悩んでいる出品者の方、『Amazon広告完全ガイド』を読めば大丈夫!

しるし株式会社では、Amazon広告メニュー別の運用ポイントや広告費の使い方、戦略などが詰まった『Amazon広告完全ガイドをプレゼントしております。

この資料を読むだけで、Amazon広告運用の基礎から戦略立案まで、すべて網羅できる内容となっております。

『Amazon広告完全ガイド』に興味がある方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

まとめ:Amazonベンダーセントラルを効果的に活用しよう

Amazonベンダーセントラルは、Amazonに招待されたベンダーが利用できる管理画面です。

月額費用や販売手数料はかからず、販売や発送などの業務をAmazonに委ねられるのがメリットです。商品の信頼性を高めやすく、カートボックスの獲得率が高くなるのも特徴といえます。

一方で、価格設定やプロモーションなどの自由度は低くなる点には注意が必要です。継続的な受注には迅速なPO対応が求められるため、ベンダーとしての運営体制を整えましょう。

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BRAND NOTEでは、Amazon運用事業のメンバーが最先端のノウハウと豊富な事例を基に、Amazonに関する記事を掲載していきます。

目次