Amazonペイメントレポートの見方|確認方法を各項目ごとに解説

Amazonを運用する中で、「Amazonペイメントレポートの見方がわからない」「どの項目を重点的に確認すればいいのか」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

Amazonペイメントレポートを活用すれば、売上から手数料を引いた純利益や詳細なデータ分析ができます。収入だけではなく、支出の詳細も把握できるのが特徴です。

この記事では、Amazonペイメントレポートの見方を各項目ごとに解説します。

より効率的なAmazon運営を行うためにも、Amazonペイメントレポートの見方をマスターしましょう。

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

目次

Amazonペイメントレポートとは?

Amazonは出品者に向けて、取引の各種数値を確認できるツールを提供しています。その中で、「Amazonペイメントレポート」とは、出品者がAmazonでの取引から得られる純利益を確認するためのツールです。

ペイメントレポートは、売上からAmazonの手数料などを引いた実際の収益を確認できます。収入だけでなく支出の詳細も合わせて確認可能です。

Amazonペイメントレポートによって、出品者は自身の正確な収益を把握し、運用に関わる適切な判断ができるようになります。

ペイメントレポートの表示方法

Amazonペイメントレポートを表示するには、まずAmazonセラーセントラルにログインし、「支払い」から「ペイメント」を選択します。

ペイメントダッシュボードが表示され、各種数値を確認できます。

Amazonペイメントレポートの見方

ここからは、Amazonペイメントレポートの見方をご紹介します。

解説するのは、以下の6つの項目についてです。

  • 一覧
  • トランザクション
  • 過去の決済情報
  • 支払い
  • 広告請求書履歴
  • レポートリポジトリ

一覧

ペイメントレポートにアクセスすると、まず「ペイメントダッシュボード」という一覧画面が表示されます。

この一覧で、指定期間の純利益合計がわかります。表示されている金額がAmazonから実際に入金される額です。

さらに、純利益の内訳として、以下5つの項目についても閲覧できます。

  • 期首残高
  • 売上
  • 返金
  • 支出
  • アカウントレベルの引当金

期首残高

期首残高は、指定期間開始時点でのアカウントの残高を示します。表示されるのは、前回の決済期間から持ち越された金額です。

アカウントレベルの引当金や失敗した決済がある場合などに表示されます。

売上

売上は、指定期間内での商品の販売から得られた合計金額です。

商品代金だけでなく、配送料、税金、その他(FBA在庫の返金およびギフト包装料など)も合計し算出されています。

返金

返金は、「返金済みの支出」と「返金済みの売上」の合計金額が表示されます。

「返金済みの支出」には、Amazonの手数料やプロモーション割引額に相当する金額「返金済みの売上」には商品の売上、配送料、ギフト包装料、任意支払、税金など、購入者の注文に対する支払金額が反映される仕組みです。

支出

支出には、出品者に請求される料金が表示されます。主な項目とその内訳は、以下の通りです。

Amazon手数料販売手数料・大口出品手数料・FBA手数料など
FBA手数料FBA在庫保管料・注文削除、返金、残高調整の手数料など
広告料費用広告に関する費用
プロモーション割引額プロモーション割引に関する費用
その他クーポン引換手数料・Amazonレンディングの支払いなど

アカウントレベルの引当金

アカウントレベルの引当金は、未解決の取引や払い戻しに備えて、Amazonが出品者のアカウントから確保する金額を指します。

保証申請、払い戻し(チャージバック)、返品の発生率が高くなり、出品者のパフォーマンスが基準を下回った場合に、引当金が発生しやすくなります

トランザクション

トランザクションは、商品ごとの取引データ(注文、返金、Amazonサービスにかかわる請求や振り込みなど)を確認できる項目です。売上金額だけでなく、手数料や割引も表示され、純利益も把握できます。

トランザクションの画面で表示されている各項目の詳細は、以下の通りです。

項目詳細
①日付取引された日付
②トランザクションステータス支払い完了の有無(支払い実行済み / 保留中)
③トランザクションの種類取引の種類
④注文番号注文番号
⑤商品の詳細商品名
⑥商品価格合計注文された商品の合計金額(税抜)
⑦プロモーション割引合計クーポンやポイントなどで割引となった金額の合計
⑧Amazon手数料在庫保管手数料や販売手数料など
⑨その他Amazonレンディングなどの金額
⑩合計⑥+⑦+⑧+⑨の合計金額

⑩に表示される金額が入金される金額です。

トランザクションの絞り込み機能を使えば、特定の「取引タイプ(トランザクションの種類)」や「対象期間」のみの取引一覧を表示したり、CSV形式でのダウンロードが可能です。

また「トランザクションステータス」の絞り込み機能を活用すると、支払い実行済みや保留中(現在処理中または未確定な取引情報)のみの取引一覧を絞り込めます。

たとえば、商品の支払いがまだ済んでいない、購入された商品がまだ購入者の手に渡っていないなどの状況は、「トランザクションステータス」を留保中トランザクションに絞ることで確認できます。

遅延理由も表示されていますので、売上には表示されるが入金が遅れている場合などの確認に活用できます。

過去の決済情報

過去の決済情報は、決済期間ごとの売上や返金額、手数料、入金額を表示します。

特定の決済期間のペイメントダッシュボードやトランザクションを表示することも可能なため、決済の内訳を確認したい場合に役立ちます。また決済レポートのダウンロードは、決済終了後に利用可能となります。

支払い

支払いでは、Amazonから出品者へいつ、いくらが入金されるかを確認できます。

確認方法は①〜⑤を参考にしてください。

  1. 入金スケジュール:4段階のステータスで表示されます。
  2. 支払いステータス(開始):2週間の決済期間終了後、日付が表示されます。
  3. 支払い金額:該当期間における入金金額です。
  4. 支払いステータス(完了):Amazonからの入金が銀行で確認されると完了に変わります。
  5. 決済レポート:支払いステータスが完了になるとダウンロードできます。

広告請求書履歴

広告請求書履歴では、広告費の請求情報を確認できます。

請求書はPDFでダウンロード可能で、キャンペーンや商品名ごとに、クリック数、平均CPC、広告費などの詳細が表示されます。

Amazon広告については、こちらの記事で詳しくまとめています。あわせて参考にしてください。

自社分析システムを活用し、広告パフォーマンスを分析・改善!

しるし株式会社では、商品に合わせてキャンペーンをカスタマイズし、独自の分析システムでパフォーマンスを分析・改善いたします。

キャンペーンの種類の選択や見え方の調整などを行い、最大限の効果を引き出せるのが強みです。

Amazonの広告運用を改善したい方は、ぜひ気軽にご相談ください。

レポートリポジトリ

ペイメントレポートリポジトリでは、Amazonでの支払いに関連するすべてのレポートを確認できます。

任意の期間で2種類の期間別レポートを作成でき、収益、税金、振替の概要または、トランザクションの詳細を確認できます。各レポートは「概要(PDF)」と「トランザクション(CSV)」の形式でダウンロードし、保存が可能です。

しるし株式会社のレポート機能もおすすめ

Amazonペイメントレポートは、出品者にとって非常に重要なツールです。ですが、商品ごとの売上推移など、「見たいのに見れない」指標も多いものです。弊社しるし株式会社の月次レポートでは、ペイメントレポートやセラーセントラルでは確認できない数字もご報告

Amazonペイメントレポートの情報だけでは不十分と感じる方に、より深い分析と実践的な施策を提供いたします。

本格的にAmazonでの売上を伸ばしたい方は、ぜひ一度しるし株式会社までお問い合わせください。

幅広い情報を収集できる、分析ダッシュボードを自社開発!

しるし株式会社では、Amazonビジネスレポートでは確認できない指標も見られる、分析ダッシュボード(特許取得)を自社開発いたしました。

分析可能なセグメント軸や指標が多く、数値やグラフが見やすいレポートをご利用いただけます

ご契約後に無料で使用いただけるため、ご活用したい方はぜひ気軽にご相談ください。。

Amazonの出品サポートに強い運用代行・コンサルティングはこちら!

Amazonで商品を出品するためには、さまざまな設定や作業が必要になるため、リソースが不足している場合にスムーズな出品が難しくなります。

また。商品画像をはじめとしてルールが定められているため、健全な運用を実現するためには出品に関する知識も欠かせません。

  • どの出品方法が適しているかわからない
  • FBAを利用するためにリソースを確保したい
  • 商品登録の手間を削減したい
  • 売れる商品画像をつくりたいが、作成ノウハウが足りていない

上記のような悩みを抱え、運用代行・コンサルティングの検討で行き詰っている方は、以下の記事に出品をはじめとした各種業務を代行・コンサルティングしている会社をまとめているので、ぜひ検討に役立ててください。

Amazonの運用代行なら『しるし株式会社』へ!

しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ成果報酬型
(運用状況や売上に応じて調整可能)
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①Amazonとパートナーシップを結ぶプロがサポート/
EC運用のプロチームが戦略から出展・運用までサポート
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績/
様々なカテゴリのリーダーブランドの運用実績がありノウハウが豊富
・SEOや広告運用、商品ページ改善などで、ブランドのポテンシャルを最大化

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

数あるEC運用の代行会社のなかで、なぜしるし株式会社がお選びいただけているのか。しるしの強みを3つ紹介いたします。

しるしの強み① Amazonとパートナーシップを結ぶプロがサポート

しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

このように専門知識をもったEC運用のスペシャリストが、チーム体制で運用しています。1ブランドに対して、アカウント担当や商品ページ担当などのAmazonグロースチームを結成し、専門性の高いチームで商品・ブランドがもつポテンシャルを最大限に引き出せるのが強みです。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

「EC運用をどのくらい出来ていますか?」と聞かれると、自信を持って答えられない……という担当者さまも多いです。売上をあげている出品者は、EC運用としてどのような業務を行っているのかを図にしてみました。ものづくりをしている会社で、これだけの業務を内製するのは時間も労力もかかりすぎると感じませんか?

しるしの運用では、各パートのスペシャリストがチームを組み、貴社の商品のポテンシャルが最大限発揮されるよう運用します。実際に運用をお任せくださった会社の成果をご覧ください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

申し込み後、5営業日でサポート開始!

お問い合わせ・相談後、申し込みいただいた場合は、5営業日以内にスピーディーにサポートを開始いたします。

申し込みの日に、現状のヒヤリングやご要望の確認をいたします。事前準備としてアカウント分析や商品分析などを進めさせていただきます。

5営業日以内には、しるしのプロチームによるAmazon運用がスタート。商品のブランド価値を守りながら、売上UPや工数削減を実現します。

テレビCMなどの大規模なプロモーションが決定していて、その日までに運用を開始したい場合、即日対応も承っております。

まとめ:Amazonペイメントレポートを店舗管理や分析に活用しよう

Amazonペイメントレポートは、出品者がAmazonでの取引から得られる純利益を確認するためのツールです。売上からAmazonの手数料などを引いた実際の収益を確認できます。

Amazonペイメントレポートは、Amazonセラーセントラルにログインし、「支払い」→「ペイメント」を選択して表示可能です。

記事中では、Amazonペイメントレポートにおける以下6つの項目の見方をご紹介しました。

  • 一覧
  • トランザクション
  • 過去の決済情報
  • 支払い
  • 広告請求書履歴
  • レポートリポジトリ

Amazonでの運営状況や売上をより効果的に管理するために、レポートの活用は欠かせません。定期的なチェックと分析を行い、より効率的なAmazon運営を行いましょう。

また、さらに詳細な分析や効率的な管理を求める方、売上を伸ばしたいと考えている方は、ぜひ「しるし株式会社」にお気軽にご相談ください。

プロフェッショナルチームがECサイトをワンストップサポート!
  • EC運用における各領域のスペシャリストが、チーム単位でブランドのポテンシャルを最大化
  • 自社開発のAmazon運用ツールで運用改善や転売対策など強力なバックアップ ※転売検知技術で特許を取得
  • インターネット広告やテクノロジーの専⾨家など、当該領域のトップランナーがしるしの成⻑をサポート

しるし株式会社では、Amazonや楽天といったECモールに特化した戦略立案/運用リソースを提供し、ブランドが提供したい付加価値を適切にカスタマーに届けるための総合的なサポートをいたします。

ヘアケアのプレミアム価格帯を牽引するブランド、D2C上場企業ブランド、大手商社が出資するブランド、有名タレントがプロデュースするブランドなど、各カテゴリのリーダーブランドとの取引実績が豊富です。

下記のフォームからお問い合わせいただけますので、ぜひ気軽にご相談ください。

  • URLをコピーしました!
Amazon共催セミナー資料を無料でご提供!

しるし株式会社では、Amazonと共催で月1回程度セミナーを実施しております。

弊社の代表取締役である元P&Gの長井が登壇し、ワンランク上のAmazon運用に必要な各要素について、最先端のノウハウと豊富な事例をご紹介しています。

なんと今なら、過去実施3回分の資料を全て無料で公開中!!

ノウハウや事例を詰め込んだ資料をセットにした「お役立ち資料3点セット」を提供していますので、気になる方はぜひお気軽に資料ダウンロードしてみてください。

資料の一部をお見せしますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

【第1回 商品ページの作り方】

【第2回 Amazon広告の事例と戦略】

この記事を書いた人

長井秀興のアバター 長井秀興 しるし代表取締役

東京大学大学院卒業後、新卒でP&G Japanのマーケティング部に入社。ファブリーズのブランドマネジメント、ブランドマーケティングを経験。その後、HR系スタートアップで事業責任者やヘアケアのブランドマネージャーを経て、独立。ブランドマネージャーの経験から、ブランドが届けたい購買体験が消費者に届くよう変革する必要があると感じ、起業。

目次