カテゴリー
【成果報酬型】Amazon運用代行8社を徹底比較 詳細を見る

Amazonの検索キーワード選定・設定方法|ルールや文字数ツールも解説

Amazonの検索キーワード選定・設定方法|ルールや文字数ツールも解説

Amazonでは膨大な商品を取り扱っているため、数多くの商品の中からユーザーにつけてもらう必要があります。そのひとつの方法として、Amazonの検索結果で上位表示されるためのキーワード設定が重要です。

キーワードの選定と設定を適切に行うことで、ユーザーが商品を見つけやすくなり、売上アップにつながります。

適切なキーワード選定を行うためには、Amazonが設けているルールや仕組みへの理解が必要です。

この記事では、Amazonの検索キーワードを選定し、設定する方法を解説します。キーワード設定に関するルールや設定に役立つツールもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Amazonの売上アップや広告運用、転売対策などに悩んでいる方には、運用代行やコンサルティングの活用がおすすめです。ノウハウやリソースが不足していても、ECのプロによる代行やコンサルで、売上拡大を目指しやすくなります。

以下の記事では、Amazonに精通した運用代行会社やコンサルティング会社を徹底比較していますので、依頼先の検討にぜひお役立てください!

【成果報酬型】Amazon運用代行のおすすめ8選!費用と失敗しない選び方
【徹底比較】Amazonコンサルティングおすすめ25選!失敗しない選び方も

ワンストップ型運用支援とSEO対策で、売上・集客を改善!

・ワンストップ型運用支援で5倍以上の売上・粗利UPを実現!
・Amazon SEO対策でモール内検索からの集客を最大化

しるし株式会社では、アカウント担当や商品ページ担当など各領域のプロがグロースチームを構築し、ワンストップ体制で運用を支援!

売上・粗利・コストを見える化したPL形式で計画の提案と毎月の報告を実施。コスト管理にも力を入れ、これまでに5倍以上の売上・粗利UPした事例も多くあります。

集客に欠かせないAmazon SEO対策も強みです!商品名や説明文、キーワードなどを最適化し、モール内検索の集客を最大化します。

売上アップやSEO対策でお悩みの方は、ぜひしるし株式会社にご相談ください!

目次

Amazonで検索キーワードを設定する重要性

Amazonの検索キーワードとは、Amazon内での商品検索に使われる単語やフレーズです。適切なキーワード設定は、Amazonの検索結果に影響を与え、商品の検索順位を高めることにつながります。

その結果、検索結果から商品ページへの流入を増やし、販売数を増加させることが可能です。

キーワード設定は、商品を検索結果が表示されやすくし、ユーザーの流入増加によって売上を伸ばすために重要な取り組みです。

ユーザー視点で選ぶことが重要

Amazonに商品を出品する際、キーワード設定ではユーザーの検索意図を反映しましょう。

ユーザーがどのような状況下で商品を必要とし、商品を検索する際にどのようなキーワードを用いるかを想定すると、幅広いキーワードを設定できます。

たとえば、「スニーカー」を探しているユーザーは、「靴」や「シューズ」などのキーワードを使用する可能性があります。異なる表現も想定して検索キーワードを設定することが重要です。

そのためには、ユーザーの行動パターンや検索意図を理解し、キーワードに取り入れている必要があります。

なお、主観的なキーワード選定を避けるためにも、根拠のあるキーワード設定ができるツールを活用するのがおすすめです。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonで検索キーワードを効果的に入れたい3箇所

Amazonの検索キーワード設定で特に重要となるのが、以下の3箇所です。これらの箇所にキーワードを盛り込みましょう。

  • 商品名(商品タイトル)
  • 検索キーワードフィールド
  • 商品説明

商品名(商品タイトル)

商品名(商品タイトル)は、ユーザーが最初に目にするため、「商品名」や「関連キーワード」を盛り込みましょう。

Amazonにおける商品名は、商品ページ上で以下のように表示されます。

ただし、過度にキーワードを詰め込むと、商品名が不自然になり商品の内容がユーザーに伝わりにくくなることもあります。

そのため、商品名に含めるキーワードは、読みやすさと検索効果のバランスを考えて適切に選ぶ必要があります。

検索キーワードフィールド

商品の登録時には「検索キーワードフィールド」で、キーワードの入力が必要となります。

下記の画像は、検索キーワードフィールドにキーワードを入力した例です。

引用:https://sellercentral.amazon.co.jp/help/hub/reference/external/G23501?locale=ja-JP

上記は「まな板」の画像ですが、「まな板」に関連する「切断」「みじん切り」といったさまざまなキーワードが入力されています。幅広い検索意図に対応できるように、関連キーワードをできるだけ多く盛り込みましょう

また、検索キーワードフィールドには、500バイト(166文字)まで入力が可能です。

商品仕様

商品仕様(商品説明の箇条書きとも言われます)は具体的な商品の特性や利点を説明する場所であり、キーワードを適切に盛り込むことで、より詳細な検索に対応できます。

Amazonにおける商品説明は、商品ページ上で以下のように赤枠で囲まれた箇所です。

キーワードを不自然に入れすぎるのではなく、商品の特徴やメリットを的確に伝えた上で、適切なバランスでキーワードを盛り込みましょう。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

検索キーワードを選定する5つの方法|ツールも紹介

続いて、検索キーワードを選定する5つの方法と、それぞれに対応するツールを解説します。

  • Amazon検索サジェストを使用する
  • 競合の「Amazon おすすめ」をチェックする
  • Google検索のサジェストもチェックする
  • Googleキーワードプランナーを使用する
  • ブランド分析の上位検索キーワードを確認する

Amazon検索サジェストを使用する

Amazonの検索キーワードを調査する方法のひとつとして、「Amazon検索サジェスト」が挙げられます。

Amazonの検索窓にキーワードを入力すると、関連するキーワードが自動的に表示される機能です。この機能によって表示されるキーワードを活用することで、ユーザーの求めている情報を具体的に理解できます。

たとえば、「スマホ」というキーワードをAmazonの検索窓に入力した場合、以下のように関連キーワードが表示されます。

表示されるサジェストは、ユーザーが頻繁に検索するキーワードを反映しています。サジェストを検索キーワードとして設定することで、より関連性を高められるでしょう。

アマゾンサジェスト キーワード一括DLツール

Amazon検索で表示されるサジェストは、「アマゾンサジェスト キーワード一括DLツール」を利用すれば、CSVで一括ダウンロードできます。

Amazonのサジェスト機能で表示されるキーワード候補を1回の操作で一度に表示できますので、ぜひ活用してみてください。

競合の「Amazon おすすめ」をチェックする

Amazonには「Amazon おすすめ(旧Amazon’s Choice)」という独自の商品推奨システムがあります。

「Amazon おすすめ」のラベルが付与された競合商品を調査することで、その商品がどのようなキーワードで検索されているのかを分析できます。

「Amazon おすすめ」とは、以下のようなマークが付いた商品です。

Amazon おすすめラベルは、検索結果一覧からでも確認できます。

AmazonおすすめラベルをクリックするとAmazon おすすめラベルの基準について、以下のように記載されています。

「すぐに発送できて、評価が高く、お求めやすい価格の商品が選ばれます。」

評価の高い商品を分析し、その商品の検索キーワードを設定に活用することで、より効果的なキーワード設定が可能になります。

Google検索のサジェストもチェックする

Googleの検索サジェスト機能も、キーワード選定の手段のひとつとして活用できます。

Amazon検索サジェストと同じように、Googleの検索窓にキーワードを入力するだけで、頻繁にユーザーが検索しているキーワードを探すことが可能です

たとえば、Google検索で「スマホ」と検索すると、以下のように表示されます。

Googleで多く検索されるキーワードは、Amazonでも頻繁に検索される傾向があります。ただし、最優先とすべきはAmazon検索のサジェストです。GoogleサジェストはAmazonのサジェストを補完する形で活用しましょう。

Googleキーワードプランナーを使用する

Amazonの検索キーワード選定には、Googleが提供する「キーワードプランナー」の活用が有効です。

キーワードプランナーは、AmazonやGoogleのサジェストでは捉えきれない関連キーワードを調べられ、見落としやすいキーワードの発見につながります。

さらに、キーワードプランナーは特定キーワードの月間検索数や市場の大きさなど、幅広い情報を提供しています。詳細なデータを活用すれば、より精度の高いキーワード選定が可能になるでしょう。

ただし、キーワードプランナーで抽出されるキーワードはGoogleの検索データに基づいています。Amazonの検索傾向とは一致しない場合もあるため、あくまで参考のひとつとして使用するのが適切です。

ブランド分析の上位検索キーワードを確認する

Amazonでブランド登録が完了している場合は、「ブランド分析」というものが使用可能です。

ブランド分析は、ユーザーの検索行動を分析し、商品ページのキーワード更新や広告戦略の強化に役立ちます。

具体的には、ユーザーが実際に検索したキーワードを提示し、クリック数やコンバージョンのシェアを通じて競合との比較や効果測定などが可能です。

ブランド分析を活用することで、ブランドのパフォーマンスを深く理解し、商品ページの最適化や広告戦略の改善を実現できるでしょう。

ブランド分析は、セラーセントラルのメインメニューから「ブランド」→「ブランド分析」→「ブランドの構築」を開き、出品戦略の周知から「ブランド分析」に進めます。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

検索キーワードを設定する際のルールや文字数

Amazonで検索キーワードを設定する際のルールは、ガイドラインで明確に定められています。

「検索キーワードを最適化するヒント」として、以下のように記載されています。

  • キーワードの長さを制限内にします。
  • 同義語を含めます。
  • 綴りのバリエーションを含めます。誤字を含める必要はありません。
  • 略語、別名を含めます。
  • すべてを小文字にすることができます。
  • 「;」、「:」、「-」などの記号は必要ありません。
  • キーワードをスペースで区切ります。
  • 検索キーワードのフィールドに、同じ語句を繰り返し入力しないようにします。
  • 「a」、「an」、「and」、「by」、「for」、「of」、「the」、「with」などのストップワードを入力する必要はありません。
  • 単数形または複数形を使用します。両方入力する必要はありません。

引用:Amazon sellar central|効果的に検索キーワードを使用する

キーワードの長さは、「日本語入力の場合は500バイト(166文字)まで」と制限されています。余裕を持って設定するのがおすすめです。

一方で、「禁止されている検索キーワードの使用」は、以下のように記載されています。

これらのルールに違反すると、ASINが検索対象外になり、出品者のアカウントに対して措置が講じられる場合があります。

  • 検索キーワードにブランド名を含めないようにします。
  • 検索キーワードにASINを含めないようにします。
  • 冒涜的表現を追加しないでください。
  • 「新しい」や「セール中」など、一時的な表現を使用しないようにします。
  • 「推奨」、「最低価格」、「素晴らしい」など、主観的な表現を使用しないでください。
  • 暴力的または攻撃的なキーワードを追加しないでください。
ブランド名Apple、Nike、Amazonなど。
一時的な表現現在入手可能、真新しい、現在、割引、発売したばかり、最後のチャンス、終了直前、最新、期間限定、新品、セール中、今週(今月、今年など)、本日
主観的な表現素晴らしい、最高、安い、最安値、効果的、最速、お買い得、最低、最良、人気、トレンドなど
引用:Amazon sellar central|効果的に検索キーワードを使用する

ペナルティを受ける可能性があるので、絶対に厳守しましょう。

日本語でキーワード設定をする場合の文字数

Amazonは日本語入力のキーワード設定の場合、500バイト(約166文字)までが上限です。全角文字は3〜4バイト、半角文字は1バイトとしてカウントされます。

また、スペースや句読点はカウントされません。キーワード間は、スペースで文字を区切ることが推奨されています。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonにおける検索キーワードの設定方法

セラーセントラルから「在庫」タブで「全在庫の管理」を開き、各商品に表示されている「詳細の編集」を開きます。「キーワード」タブをクリックすると「検索キーワード」の項目が表示されるのでそちらから設定が可能です。

キーワード設定の際には、Amazonの規定するルールや文字数を必ず守りましょう。

検索キーワードは新規出品の際や商品登録後に自由に設定可能で、一度設定した後の変更も可能です。

新規商品を出品する手順の詳細については、以下の記事で詳しくまとめているので、あわせて参考にしてください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazonの売上アップに強い運用代行・コンサルティングはこちら!

Amazonの売上を高めるためには、Amazonの仕組みを理解したり、各種機能を駆使したりするなど、知識や運用スキルが求められます。EC事業を成長させるためには地道な取り組みも必要になるので、継続的に施策を実践するリソースも欠かせません。

そのため、下記のような悩みを抱えている出品者の方も多いのではないでしょうか。

  • 機会損失を防ぐために在庫切れ対策を講じたい
  • 売上につながる画像や商品ページなどのコンテンツをつくりたい
  • セールで売上を最大化したい
  • 効果的なSEO対策で、商品の露出を増やしたい
  • カートボックスを獲得したい

上記のような課題をもち、運用代行・コンサルティングの検討で行き詰っている方は、以下の記事に売上アップをはじめとした各種サポートを代行・コンサルティングしている会社をまとめているので、ぜひ検討に役立ててください。

広告運用の基礎から戦略まで!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント!

しるし株式会社では、Amazonの売上・利益拡大に欠かせない、Amazonの広告運用をまるっと理解できる『Amazon広告完全ガイド』をプレゼントしています。

Amazon広告のメニューごとのポイントや広告費の使い方、広告運用の軸になる考え方など、Amazon広告運用に必要なノウハウを惜しみなく紹介しています。

広告運用の課題を解決したい方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

Amazon運用代行は「しるし株式会社」へ

Amazon 運用代行 コンサルティング
しるし株式会社
運営会社しるし株式会社
サービス運用代行+コンサルティング
料金タイプ月額売上に応じた完全成果報酬
※ほかの料金体系も相談可能
対応ECモール・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Qoo10
サポート内容・SEO対策
・広告運用
・商品ページ改善
・レビュー管理
・転売対策
・分析ダッシュボードの提供(特許取得)など

\強み①インターネット広告・ブランド価値経営の専門家などのスペシャリストがバックアップ/
インターネット広告・ブランド価値経営の専門家をはじめとしたスペシャリストがバックアップ
Amazon ads認定パートナー・Amazon DSP/AMC運用代理店

\強み②元Amazon社員や薬機法管理者などが在籍し、少数精鋭チームで売上・粗利アップをサポート/
・広告運用やクリエイティブ作成、転売対策など、各領域のプロフェッショナルがチーム体制で支援
・美容商材のリーダーブランドをはじめとした、幅広いジャンル・カテゴリーの実績・ノウハウが豊富

\強み③特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能/
自社開発の「転売検知システム」で転売の検知・即時対応
自社開発の「分析ダッシュボード」を活用した分析・改善

しるし株式会社は、ブランド戦略に基づいたEC運用・データ分析を強みとする運用代行会社です。

コンテンツをAmazonに最適化し、「ユーザーに十分な情報を提供すること」「売れる商品ページを作成すること」に重点を置くことで、顧客にブランドの付加価値を適切に届ける施策を得意としています。

Amazon運用における各業務を専任のスペシャリストが担当。特許取得の独自開発ツールを活用した運用効率や質の高いサービスを提供することで、ワンストップ型運用支援による飛躍的な売上・粗利UPを実現。加えて転売対策によるブランド体験の改善も強みです。

実績も、運用するアカウントの平均売上は業界トップクラスで、クライアントの要望に沿ったサポートによって売上成長を実現しています。

プラットフォームのパフォーマンスを最大限に引き出すことで、顧客、ブランドとの持続的で良好な関係性を築くことが可能です。

しるしの強み① 広告運用やブランド価値に精通するスペシャリストが強力バックアップ

インターネット広告のプロやブランド価値の専門家をはじめとした、各分野のスペシャリストが顧問・アドバイザーとして、しるしの成長を強力にバックアップ!

スペシャリストがもつインターネット広告、ブランド構築などのノウハウをしるしに還元し、お客さまのブランドのポテンシャルを高めたり、集客や広告などの課題を解決したりすることで、売上アップを実現します。

また、しるし株式会社は、Amazonとパートナーシップを締結し、認定パートナーとしてサービスを提供しております。現在、Amazon Adsの認定パートナーAmazon DSPの公式取扱企業になっています。

Amazon Ads パートナーって?
Amazonから、Amazonの広告商品やサービスについての幅広い知識を認められた企業です。Amazonの技術文書や最新のリリース情報にアクセスできるため、業界の流行や仕様変更に乗り遅れることがありません。

Amazon Adsパートナーとは?|Amazon公式

しるしを支えるスペシャリストとAmazonとのパートナーシップをお客さまの課題解決に最大限に活用し、専門性の高いサポートで商品・ブランドがもつポテンシャルを引き出し、ショップの成長を実現いたします。

しるしの強み② EC運用をまるっとおまかせ!売上・粗利UPと工数削減の実績

EC・ネットショップの運営代行やコンサルティングでは、ひとりの担当者が運用する体制が多いですが、しるしでは、元Amazon社員や大手広告代理店、メーカー出身者などが在籍し、各領域のプロで結成されたグロースチームによるチーム体制で支援させていただきます。

Amazon 運用代行 コンサルティング チーム

広告運用、クリエイティブ作成、SEO対策、ページ改善、レビュー管理、転売対策など、Amazon運用に精通したプロが在籍し、お客さまの課題にあわせて精度の高い施策をチームで実施できるのが強みです。

チームサポートのもうひとつの特徴は、少数精鋭であること。各分野のプロフェッショナルがスキルを最大限に発揮し集中的にサポートするため、最短で売上・粗利アップを実現いたします。

Amazon 運用代行 コンサルティング

これまでご支援させていただいた中で、ご支援開始から1年で売上2~50倍以上を実現しています。

美容商材をはじめとした幅広いジャンル・カテゴリーの実績がありますので、事例に興味がある際は気軽にお問い合わせください。

しるしの強み③ 特許取得!他社にはないシステムやダッシュボードを利用可能

しるし株式会社と連携していただくと、特許を取得している「転売検知システム」と「分析ダッシュボード」が利用可能です。

「転売検知システム」で転売を即時対応!

毎日30分ごとにクライアントのASIN(商品)全てに対して転売がないか自動パトロールを行い、シフト体制によるモニタリングで即時対応できるのが特徴です。

Amazon 運用代行 コンサルティング 転売検知システム
Amazon本社のあるアメリカでも特許を取得。同じツールは国内の競合他社にもAmazon公式にも作れません

100%の精度で転売対策・防止を行うことで、値崩れや低評価を防ぎ、ブランドの価値を最大限に引き出しています。実際に転売検知システムを使用した事例として、某人気ヘアケアブランドで、800件以上の転売を防止しました。

Amazon 運用代行 コンサルティング 正規価格

「分析ダッシュボード」で”これが見たかった”が見える!

同じく特許を取得した「分析ダッシュボード」を元にしたレポートで、Amazonのセラーセントラルでは見ることのできない指標まで分析可能です。

例えば、「流入経路分析ができない」「商品ごとの売上推移を見られない」「期間を指定したデータをエクスポートできない」といったセラーセントラルにありがちな課題を解消し、運用や目標管理を行います。

また、毎月のレポートはPL形式で行います。Amazon売上が上がっているかだけではなく、販促費や物流費の最適化も管理。売上・粗利率の最大化を目指します。

Amazon 運用代行 コンサルティング レポート

しるし株式会社では、Amazon運用を丸投げいただける「フル運用代行」以外にも、広告運用や転売対策など抱えている課題に特化したプランもご提案可能です。

無料で改善余地や売上のポテンシャルを診断する「無料診断」も実施しているため、集客や転売対策など、AmazonをはじめとしたEC運用でお悩みの方は、まずは気軽にご相談ください。

広告運用の基礎知識から戦略までまるわかり!『Amazon広告完全ガイド』をプレゼント

Amazonでは、Amazon内・Amazon外に配信できる広告サービスを提供しており、自社商品の露出を高めるためには活用が欠かせません。

ただ、広告メニューは複数あり、ターゲティング設定や予算設定などに知識が求められるため、うまく活用できていない方も多いのではないでしょうか。

広告運用に悩んでいる出品者の方、『Amazon広告完全ガイド』を読めば大丈夫!

しるし株式会社では、Amazon広告メニュー別の運用ポイントや広告費の使い方、戦略などが詰まった『Amazon広告完全ガイドをプレゼントしております。

この資料を読むだけで、Amazon広告運用の基礎から戦略立案まで、すべて網羅できる内容となっております。

『Amazon広告完全ガイド』に興味がある方は、以下のフォームから気軽にお申し込みください。

まとめ

Amazonでの検索キーワード選定・設定は、商品の検索順位とユーザーの流入数に大きな影響を及ぼします。キーワード選定は主観による選択を避け、客観的なデータに基づいて行うことが重要です。

検索キーワードの選定は、必要に応じてツールを用いながら、以下5つの方法で行いましょう。

  • Amazon検索サジェストを使用する
  • 競合の「Amazon おすすめ」をチェックする
  • Google検索のサジェストもチェックする
  • Googleキーワードプランナーを使用する
  • ブランド分析の上位検索キーワードを確認する

キーワード設定の際にはAmazonのガイドラインに注意しましょう。特に、「日本語入力の場合は500バイト(166文字)まで」という規定を忘れないよう注意してください。

多角的な視点からのキーワード選定・設定が商品の露出を増やし、売上向上につながるので、ユーザーの検索意図や行動などを想定したキーワード選定を心がけましょう。

ワンストップ型運用支援とSEO対策で、売上・集客を改善!

・ワンストップ型運用支援で5倍以上の売上・粗利UPを実現!
・Amazon SEO対策でモール内検索からの集客を最大化

しるし株式会社では、アカウント担当や商品ページ担当など各領域のプロがグロースチームを構築し、ワンストップ体制で運用を支援!

売上・粗利・コストを見える化したPL形式で計画の提案と毎月の報告を実施。コスト管理にも力を入れ、これまでに5倍以上の売上・粗利UPした事例も多くあります。

集客に欠かせないAmazon SEO対策も強みです!商品名や説明文、キーワードなどを最適化し、モール内検索の集客を最大化します。

売上アップやSEO対策でお悩みの方は、ぜひしるし株式会社にご相談ください!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

下田 陽志郎のアバター 下田 陽志郎 しるし代表取締役

在学時代、地域の学習格差を解決するためにワンコイン英会話教室と塾を創業し事業譲渡。その後、通販のメッカである福岡にてECモール事業の立ち上げを経験。大学卒業後、独立しECモール事業歴6年。Amazonにおける各メーカーの競争激化から、消費者が手に取りたいブランドが埋もれてしまっている現状を解 決すべく、起業。

目次